ありがとうございます

ありがとうございます

ゆすはら 道祖神コレクション
+9

ゆすはら 道祖神コレクション

6
フレンチ風の野菜懐石!安曇野のカフェmanaya のヴィーガン・ランチ in 長野

フレンチ風の野菜懐石!安曇野のカフェmanaya のヴィーガン・ランチ in 長野

安曇野にある、お野菜懐石カフェ manaya。 こちらのお店は正統派マクロビのヴィーガン料理店。 オーガニックの野菜が懐石料理で出てくるそうです。 安曇野といえば、道祖神とわさび農園。 お店の駐車場手前に道祖神の像がありました。 店内に入り、本日のランチ・1800円コースを注文。 すると、まずお野菜の前菜が出てきました。 ムースっぽく調理した野菜料理。ペロリと瞬殺で食べました。 次に出てきたのは、ポタージュスープ。かぼちゃのスープかな? 一品ずつ丁寧に出されます。 ま

3
そぞろ神が腰をつつき始めた

そぞろ神が腰をつつき始めた

7月に入ってから、どうもあちこち騒々しい。 毎日収集している一部の全国紙や地方紙のコラムでも、時折旅に関する話題を目にするようになってきた。 昨年の今ごろは北の大地の入場券を求めて北海道へ向かうことが多かったので、今年はそれ以外に目が向いている昨今。 もともと人が集まるところには萌えない性分なので、いい意味で行き場所は厳選できる。あとはそこに戦闘(=仕事)と目的地との移動が上手くかみ合うことに尽きる。 こういうとき、あれこれ考えるのがまた実はストレス発散にもなるという

【セレマ】人と自然の調和のシンボルとしての「案山子・わら人形・道祖神」

【セレマ】人と自然の調和のシンボルとしての「案山子・わら人形・道祖神」

チャイカさん! ヒミコの件で提案があります! 日本には太古から天然素材の人型があんなにもいたではありませんか 東西(とうせい)のシンボルに ・かかし(十字架と同化した人形) ・わら人形(鬼道の道具) ・道祖神(地蔵菩薩、イワナガヒメ) ・山伏(旧約聖書、天狗伝説) この辺を組み込んでみてはいかがでしょうか。 私もまた独自に、 「Anti Plant Blindness 運動」として 人が人に似ていないものを軽視する傾向、 人々の自然(怪奇)離れによるロ

11
工房スケッチ … 四季

工房スケッチ … 四季

「朱色も鮮やかな漆器は、一体どんなところで作られているのだろう?」という疑問をお持ちの方がいらっしゃるかもしれません。 そうですね、仕事柄ほこりや騒音が出るので、どうしても人里離れた所になります。街の賑わいはないものの自然はたっぷり、四季を感じながら仕事しています。 春 工房の建物は自前ですが、土地は借りています。工房の隣は地主さんの敷地で、色々な木が植えられ大切に手入れされています。 春になると見事な椿が咲きます。紅葉の新芽も驚くような紅色できれいです。私は窓辺から

35
戦国遺跡 牛つなぎ石

戦国遺跡 牛つなぎ石

 松本あめ市は毎年1月第2週の週末(1月10日頃)に開催され、松本市界隈のイベントとしては三本の指に入る、大変賑わうお祭りです。  あめ市に関してはまた機会を改めるとして、このあめ市と切っても切れない関係にあるのが、牛つなぎ石と呼ばれる石なんです。 牛つなぎ石の縁起  松本市街地の中心部、中央二丁目交差点の北西に置かれた、注連縄が巻かれた灰黒色のやや丸い石が牛つなぎ石と呼ばれる石です。  注連縄がある時点で、特別な石だというのがお分かりいただけるでしょう。 2019年1

2
わたしの暮らしている里山は、こんなところ

わたしの暮らしている里山は、こんなところ

さて、月額有料マガジン、一発目ということで、今住んでいる場所について、詳しく書いていこうと思います。 プロフにも書きましたが、今住んでいるのは神奈川県の丹沢山地の麓あたりです。この前、畑に鹿がでたという話を書きましたが、昨日下の子が、 「コンビニ行こうと思ったら、神社に鹿がいた。目のまえ2、3mくらいだった」「え?それでどうしたの??」と聞いたら、「いや、普通に横をあるいて、コンビニに行ったけど」と、そんな話が出る場所です。 これがですね、土地のエネルギー的にはかなり面

2
300
2021年6月2日(水)の朝散歩写真
+20

2021年6月2日(水)の朝散歩写真

6
甲府、“かふふ”とは、〇〇の第一の都!?

甲府、“かふふ”とは、〇〇の第一の都!?

こんにちは。 Parole編集部です。 私たちのグループでは、日々の朝拝の後に様々な気づき、またその時に最も重要だと思われる情報を共有しております。おはようございます。 本日は、前回のお話の続きとして、さらに甲府の歴史の深層部分に迫るようなお話がありました。甲府が“かふふ”である所以、古くから伝わる丸石信仰、さらには地球が誕生する創生期の歴史に至るまで、甲府の魅力がぎっしりと詰まった内容になっています。前回に引き続き、シリーズとしてぜひご覧ください。 おはようございます

13
200