縦糸ノ横糸編集室

東北の暮らしや文化に関わらせていただいています。 活動の中で興味あるものをテーマにゆらりつぶやいたり考えたり、 アイディアをカタチにしていけたらいいなぁと思っています。
  • 「手拭」 -TENUGUI-

    「手拭」 -TENUGUI-

    広大な岩手県域には、多種多様な「鹿踊-ししおどり-」が伝承されています。 地域ごとにオリジナルの踊りや歌があり、見た目もそれぞれ異なります。 そこに込められた意味や色・形・文様に注目し、衣装の一部をリ・デザインしたのが本商品。新たな視点を通して、郷土芸能「鹿踊」の新発見と興味関心につながることを願っています。 --- “縫い目”に込められた意味とは? 神仏の力で 地の悪魔・疫病を祓い、清浄にし、生きる糧の豊穣を祈り願う「鹿踊」。 その独特な衣装のうち、上半身を覆う「前幕」は、上下二枚を縫い目(ステッチ)で結び合わせて一枚の幕に仕 立て、文様を染め抜いています。 縫い合わせた上が陽、下が陰を表すというそのかたちは、天と地、シシと人、人と人など、縫い目が結びつけて、生み出すものの姿を表しているかのようです。 本商品は、その鹿踊の伝承が込められる縫い目 (ステッチ)と、幕の柄であり不浄を吹き清める意味の扇を繋いだデザインとしました。 日本の伝統柄で、同じかたちを繋ぐ柄は、永続的な幸福への願いが込められます。 売り上げの一部は、地域課題や災害によって活動が衰退している地域文化団体へ奉納させていただくほか、披露の機会を創出する企画に使わせていただきます. 2021年10月下旬(予定)に「鹿踊応援イベント(仮称)」の開催を予定しています。  本商品(手拭-tenugui-)が入場券となります。 詳しくはこちら https://note.com/notes/n9d1abc570c3c/edit 日本製、綿100% サイズ : 約1000mm×350mm ※染色の都合上、仕上がりサイズは若干の変動がございます。
    2,420円
    縦糸横糸のものづくり

郷土芸能の活動再開を願って

 災害やコロナ禍の自粛制限による各地の祭りや催事の延期・中止、郷土芸能活動の披露の機会・コミュニケーションの場の減少、収入減によって活動の維持が困難になるなど、…

2月ノ8日

2月8日(と12月8日)は”モノゴト”を始める日とされてきました。 「事八日(ことようか)」と呼ばれて、農作業とか裁縫といった、一年の暮らしに欠かせない家事がこれから…

ものづくり ト でんしょう

東北の、縦糸横糸合同会社です。 土地での暮らしをよりよくするために生み出され、受け継がれてきた”地域文化”に興味があります。各地を縦横無尽に訪れ取材、「かもしれ…