【論理的に礼儀が大切だということ】

こんばんは🌙今日はいい本があったので
ご紹介しようと思います
今回紹介したいのは、「Think CIVILITY」

礼儀正しさは論理的に猛烈な恩恵があるということを書いた本です
学校、会社、スポーツなど色んな状況において礼儀について教わることはたくさんあると思います
礼儀って大事なんだろうなって思っても「こんなことしてもあんま意味なくない?」って思うこともあるかと思います

そこで、本

もっとみる

日本人は論理思考が苦手

日本人は論理的思考や哲学的思考が苦手だとされています。

哲学研究者はいるが、哲学者はいない。
(中にいるが一般人に知られている人はいない)

論理学と哲学がイマイチ理解できていない人のために簡単に
論理学と哲学の違いとは?
人によって捉え方が違ったり、そもそも明確化されていなかったりしています。

■哲学
物事の本質を追求する学問

■論理学
物事を追求する為の手段

哲学が【ゴール】で論理学は

もっとみる

第42話 頭の中の断捨離

どうしたらいいのだろう?
人間関係に正解はない。
相手は親切のつもりだ。
私のためを思ってくれている。

どうしてだろう。
素直に受けとれない。
それは、私が求めている事ではないからだ。
でも親切心だと分かっているから、何と断ったらいいのか分からない。

みなさんは、そういう時ありますか?
そんなとき、どうしていますか?

アバウト過ぎて分からないですよね。笑

よし、気持ちを切り替えて書くぞ!

もっとみる
感謝します!
45

矛盾することになぜ怒るのか? 【悩みをなくす論理思考2.0 第1章 part5】

これまでこのシリーズでは、「許せない」という怒りのストレスを避けるため、「〜であるべきだ」と自分が思っているのはなぜなのかを考え直す、ということをご提案してきました。

今までの内容を踏まえ、「許せない」例の1つとして、「矛盾していることを言っている人が許せない」というケースを今回は考えていきます。

相手の矛盾を直すためのポイント

「相手の言っていることが矛盾している」という状況になった時

もっとみる
ありがとうございます!!!
7

論理的に考えるってことは。
感情論を置いておく部分が大きいので、スムーズなんだけれども理解されないことや自分にとって都合の悪いことも出てくるわけで。
だからこそ、色んな有意な立場の人たちは、論理的に説明しない。
#政治家 #感情論 #論理的 #不都合

音楽上達論講義 開始の挨拶

読者の皆様への挨拶

 新年、明けましておめでとうございます。去年は平成が終わり、令和という新時代を迎えました。
 西暦も今年は2020年、新年を迎えたという事もあり、新たな事を始めるには良いタイミングだと感じています。

 このタイミングで音楽上達論講義を開始するのは理由があります。
 それは新時代の新年を迎えた今、私の長年の研究の成果を発表するにはふさわしい時期だと感じた事です。
 少し詳しく

もっとみる

僕の目に映る今の社会は真逆だ。

「金曜日」と「日曜日」
皆は、毎週「日曜日」をどう迎えているだろうか。

僕の目に映る社会は真逆だ。

「華金」に向かって仕事をこなす1週間。
そして「日曜日」、「明日から仕事か。。。」
こんな思いで過ごしている人は、この社会でどれほどいるのだろうか。

結構多い気がする。

就活していて思う。
みんなそれなりに自分の軸を見つけて、幸せの価値観だとか、どんなことやりたいとか、不安もあるけど、目標や

もっとみる
ありがとうございます‼️
4

音楽上達論の全体像を提示する

前回はマガジン「音楽上達論講義」の挨拶として、マガジンの説明をしました。
 今回は音楽上達論の全体像を目次という形で提示します。
 予定では「音楽上達論の意義」まで説くつもりでしたが、長くなり過ぎてしまいましたので、次回の「音楽上達論の意義」まで無料にて公開しますので、目次と併せて、当マガジンを購読するかの判断材料にして下さい。
 

音楽上達論とは何か

 そもそも音楽上達論というものは何なのか

もっとみる

何で?を考えるのが好き!心理学や哲学、自己啓発本が気になる日々

色んなことを「何でなんだろう?」って調べるのが好きで、さっきの朝型と夜型についてとか、嫌なことを言う人の心理とか、もやもやしている自分の今の心理とか、なぜ?を知りたくなることが多い。心理学や哲学や自己啓発本もかなり好きで本屋行くたびに見る。制作秘話や密着取材好きなのもその類かも