装具

脳卒中後の歩行障害に対する短下肢装具のエビデンス

5月9日(日)、済生会東神奈川リハビリテーション病院の中村学先生に御登壇いただき、「脳卒中後の歩行障害に対するリハビリテーションの臨床的意思決定」というテーマでセミナーを開催します。

▶︎詳細はこちら
https://brain-lab.net/sp0502/

キーワードは脳卒中後の歩行障害や臨床意思決定になるのですが、今回はこちらについて基本的なところを事前に予習する回です。

今回はPar

もっとみる

インソール、人の手で作るか?CADCAMで作るか?

こんにちは、義肢装具士のみうらです。

治療用装具としてコルセットの次に件数の多いのが足底装具(インソール)ですが、その製作方法が今変わりつつあります。

義肢装具は大半の製品がオーダーメイドである上に、職人気質な体質もあいまって非常にIT化が進みにくい分野です。

インソールは他の装具に比べて、機械による切削が容易、採型時に細かな手技が必要ない、あまり強度が必要ないといった特徴があります。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
7

コクランレビュー 膝OAに対する膝装具と足部装具の効果

コクランの膝OAに対する装具の効果をまとめてみます。

臨床でよく経験すると思いますが、膝OA患者さん。変形が強かったり、体重が重かったり、なかなか痛みに対しての治療に難渋する事が多いと思います。

そこで一つの治療法として登場してくるのが装具です。

膝装具の良い点としては、装着だけすれば即時的にストレスを軽減できる点です。膝内反ストレスが痛みの原因だとすると、物理的に内反を制動する力を膝装具が

もっとみる
前前前世から感感感謝。
2

靴に取り付けられる装具

面白い記事を見つけました。

ヒューマニックさんが開発した装具(装具と言っていいのか、靴といっていいのか?) です。

装具が履ける靴は限られているのが現状ですが、こちらの装具は靴にアンカーを打ち込み、そこに後方支柱のカーボンを取り付ける事で装具となるとのことです。

好きな靴に取り付けられるとの事ですので、デザインを気にする方には朗報だと思います。

また、日経新聞でも紹介されていました。

もっとみる

コウノトリの義足

https://www.google.co.jp/amp/s/www.yomiuri.co.jp/national/20210407-OYT1T50179/amp/

コウノトリの義足を作製したとのニュースです。

片足が壊死してしまった状態で保護されたようです。

POさんが義足を作製したところ義足に荷重を乗せて、休めるようになったとのことです。

最近はPOさんの活躍をよく見ます。動物へのリハ

もっとみる
Be my baby!
1

下肢装具と潜在性

先日、装具の勉強会があって、以来ちょっとモヤモヤしていたことを書いてみようと思います。ちなみに脳卒中の片麻痺の方を想定した勉強会でした。よろしければ、少しの間、お付き合いください。

あれ?と思った瞬間

勉強会での後半、何例か歩行の動画を見ながら、装具を作るか作らないか、そう考えるのはなぜか、というのをディスカッション形式で話し合いました。
その中で、「潜在性がありそうだから、まだ作らずに様子を

もっとみる
よろしければフォローもお願いします!
6

介護保険と義肢装具

こんにちは、義肢装具士のみうらです。

今日は義肢装具の対応をしているとよく聞かれる質問

「装具は介護保険で購入できますか?」

という質問にお答えします。

介護保険を利用して義肢装具は購入できません。介護保険での福祉用具の利用は貸与(レンタル)が基本とされているので、利用者の身体に合わせてオーダーメイドで製作する義肢装具に関しては対象外となります。

そのため、要介護認定を受けていたとしても

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
3

【障害児イクメン】頭がパンクしたので手続きをまとめた

仕事、子どもの手続き、親のガラケーからスマホ契約、などで頭がパニック状態です。そこで、愛読書を再読して落ち着きを取り戻しました。

ブライアン・トレーシー (著), 『大切なことだけやりなさい』
7つの楽観的思考法
その4.結果に集中する
・結果思考の人は、すぐには仕事に取り組まない。
まず、やらなければならないことをすべて紙に書き、優先順位と重要度を検討したリストをつくる。
【結果志向で考えるた

もっとみる

脳卒中後の下垂足に対する電気刺激装置と短下肢装具による歩行パフォーマンスの効果:多施設ランダム化比較試験

こんにちは!
理学療法士をしているyukiです。
このnoteをご覧頂きありがとうございます!
僕のnoteでは、主に医学的に価値の高い英論文誌に掲載されている論文を和訳して紹介しています。
質の高い科学的に証明された情報を得やすくすることで、ご覧頂いた方が少しでも臨床の考え方や治療法の参考にして頂けると幸いです。

注意事項です!(始めにご確認ください)
※1. 内容は論文に沿ったものであります

もっとみる
サンキュ〜💘

長下肢装具を「カットダウン」するタイミングに悩んでいたけど、作った「フロー」で臨床が変わった

はじめに〜カットダウンを行う時に、フローがあれば患者の歩行は劇的に変わる〜

脳卒中片麻痺者の歩行再建へ、装具は大切です。
装具を使用することで歩行速度が上がったり、歩行が自立します。

脳卒中ガイドライン2015でも、装具については以下のように記載されています。

2−2 歩行障害に対するリハビリテーション
2.脳卒中片麻痺で内反尖足がある患者に、歩行の改善のために短下肢装具を用いることが勧めら

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
10