隙間を作る、自由を得るためにブログを書く

はじめに

何のためにブログを書くのか、ブログを利用するのか。その理由は本当に千差万別。これという一つの回答を掲げることが、そもそも正しくない気もしますが、仮面ライター流の答えを掲げましょう。ブログを書く、利用するのは「隙間」を作るため、もしくは(または)「自由を得る」ため。そこら辺を、これまでの記事も踏まえて展開しましょう。

「自分の意見」で波風を立てる

他からツッコまれる隙間、新しい「境目

もっとみる

「隙間」ってめちゃくちゃ大事じゃない? 「中空構造」の空は、ただの空っぽじゃない

はじめに

特別なご縁のおかげで、定期的に参席させていただく速水流8代目宗匠のお茶をいただく会。そこで出てくる「日本らしさ」として語られる「調和」というワード。日本らしさの背骨にある陰陽道、修験道(その後ろにある道教)から来る陰陽五行と「見立て」のお話。その辺を耳にしながらふと思い浮かんだこと、こねくり回した考えを好き勝手に展開してみる。

対立要素をバランスさせる「中空構造」

単純な二項対立を

もっとみる

2020 やっていきたいこと Vol.5

はじめに

誰かに分かってもらうというよりは、自分の考えを整理するため、ノートに書く代わりにブログへ書き散らしてやろうという魂胆で取り組んだアウトプット祭り。4本書いてもまだ折り返しだけれども、ナンバリングタイトル的にはこれで最後? やっていくことのイメージはラベルの「ボレロ」だという雑なお話。

「デジモン」で出会ったボレロ

同じことを延々と繰り返すスネアドラムが、やっていくこと、在り方のイメ

もっとみる

2020 やっていきたいこと Vol.4

はじめに

安心して自由になるためには、依存を減らすこと。影響の輪に集中すること。そうするためには、商売も運頼みにしない、根性論に走らないことだと思うんだけど、一発逆転、偶然の大量得点に勝負をかけた人たちがあまりにも多い気がする。観光客の爆買いも、ランドマーク、大型施設中心の開発も考えない、新しさも面白さもないキツいやり方を考えていく。

キーワードは、サスティナブル

恒常性、システマティックと

もっとみる

2020 やっていきたいこと Vol.3

はじめに

本気のコンテンツマーケティング、「分かっている」マーケティング、他の流儀、巷にあるものとどう違うのかもザッとまとめておこう。まずは見せ方、表面の部分を取り上げる。イメージは、ジャズ。※ ジャズには全く詳しくないから、相当な割合で先入観を交えて語ります。あらかじめご了承ください。

「変わり者」は悪目立ちしたくない

結果的に耳目を引くのはOK

他のコンテンツマーケティング、(Web)

もっとみる

2020 やっていきたいこと Vol.2

はじめに

「変わり者の自由と安心」をテーマ、「個性の味方」をコピーに掲げ、具体的に何をやろうとしているのか。端的には「本気のコンテンツマーケティング」、「『分かっている』マーケティング」。他に個人的な取り組みもあるけど、まずはそこを整理します。

情報産業、メディア業界に違和感

作り手志望だったから、いっぱい引っかかる

大手の広告にはそこまで違和感を覚えないけど、ドラマや映画の造り、流行り廃

もっとみる

2020 やっていきたいこと Vol.1

はじめに

キャッチコピーを微妙に変えて「個性の味方」としたけれども、それに対する講釈をあまりしていなかったので、まずは大枠の部分から触れていくことにしましょう。今後やっていきたいことのテーマ、仮面ライターとして追求したいのは「変わり者の自由と安心」。

変わり者は意外と不自由

多数派や前例からの抑圧される、もしくは自分から忖度して合わせる、擬態する

変わり者、個性的である時点で十分に自由なん

もっとみる

みんながみんな分かってくれなくてもいい。多様性の中で意見を飲み込めない人だっている。僕たちに考えがあるように、その人にだって自分はある。それを認めようとしないから偏見やいじめが起こる。ただ間違いなく言えるのは、誰も傷つける気なんてないということ。人が人であることの難しさが故。

何か一言でも心に届きましたら幸いです。
15

地方の貧乏な家で育ち、マネーリテラシーゼロだった人間が、まともになれた方法を紹介していきます。

まずはマイナスをゼロへ。そして人生をプラスに。

1. クレジットカードは作らない。必要ならデビットカードを使う。

  上京して最初に取って後悔した行動が、クレジットカードを作った事です。分割払いや、リボ払い、ポイント付与、引き落としは翌月・・ 等々 どんどんお金を使わせる工夫が沢山されています。クレジットで生活費を払っていくうちに、だんだん支払いに追われていました・・。自分はお金にコントロ

もっとみる

【世の中全員が私にとってライバル】

自分が特別では無いからこそ、ライバルが多い

私が「これは絶対誰もやって無いぞ」って思いついたものでも

SNSをみているともう実行している人がいるし

もう結果まで出している人がいる

最近では年上の人が〇〇をしているよりも

年下の人の方が〇〇して成功とか実行しましたとかが多い

『私まだ何もできてない!ヤバい!』

そんな感情がよく出てくる

反面

『人は人。自分は自分。』

みたいな考え

もっとみる
スキありがとうございます!!
4