「祖父」関係の言葉が使いにくい。親チケットと対応するのは祖父チケット?

「親」関係の言葉って豊富ですけど、「祖父」関連の言葉って表現力薄いですよね。

「親」関連の言葉はたくさんあります。
A. フォーマルな代名詞チックな言い方:父・母
B. 親要素を強めたフォーマルな言い方:親・父親・母親
C. ややカジュアルな言い方:お父さん・お母さん・パパ・ママ
D. 父・母の総称:親・両親

ただ、祖父階層になるとこのバリエーションがないんです
A. フォーマルな代名詞チック

もっとみる
ありがとうございます! あなたの記事も見ます!
2

緩和ケア病棟に移った祖父#2

2020.07.07
僕は昨日のせいで今日も目がパンパンに腫れ上がっていた

午後の面会時間に合わせて今日も病院へ向かう。
緩和ケア病棟は何時でも面会できると聞いていたが面会時間内に行くことにこだわりたかった。

部屋に入ると昨日とあまり変わらない祖父に会う。
ただ、看護師さんの話ではご飯は全然食べられていないらしい。
プリンとか甘いものなら食べれそう?と看護師さんを交えて3人で話した。
数ヶ月前

もっとみる

気がついたら久しぶりの投稿です。久しぶりにnoteを開いてみたらいくつかのテーマがあり、久々にPCに向かっています。

私の母の父、つまり私の祖父は作家でした。今月は76歳で亡くなった祖父の祥月命日がありました、33年前です。作家といっても流行作家にはなれませんでした、世間に芽が出たのも60を過ぎてから当時あった月刊サンデー毎日新人賞を取りましたが、それがピークだったのかもしれません。流行作家には

もっとみる

ねぇーおじいちゃん。きいてよ!

まっご『ねーねー、おじいちゃん!聞いて!全然モテないんだよ!うわーーーーーん!ボクはダメ人間なんだ〜〜〜』
孫のタカシは、今日も悩みが尽きない。
凄い勢いで、おじいちゃんの膝上にダイブをかます。

そっふ「おーおー、どーしたんじゃ今日は〜。一段と激しいのぉー。
モテないとダメなのかい?」
祖父のヤスシは優しくも、楽しそうに話しかける。
日に日にタカシのダイブに勢いと、
体重が乗り出したので、いつま

もっとみる

七夕の空に、祖父を想う。

祖父は、飛行機乗りに憧れる少年だった。
筑後地方航空機乗員養成所から空を見ていた。

戦後、九州の地を離れてからは、
二度と空を飛ぶことはなかった。

祖父が戻ってこなければ、
祖母と出逢うこともなかった。

挫折と無念さを抱えた壮絶な青春を
乗り越えてきてくれたおかげで、
現在、わたしはここに存在している。

祖父のことは、ぼんやり面影しか覚えていない。
相棒のポインターを連れて山に入ったり、

もっとみる
ありがとうございます♡
7

祖父の部屋のカーペット事情。

お茶をこぼしてしまったので洗濯をしたら、サイズが合わなくなってしまったらしい。

なのに「勿体無い」と1人で繋ぎ合わせて頑張った祖父。

出来栄えと、祖父が可愛すぎて隠れて母と大爆笑。

今日もおじいちゃんは元気です。

💐

スキをありがとうございます🌹
9

明治生まれのお爺ちゃん

私が10歳の時に祖父が亡くなった。老衰で数え90歳の大往生だったという。

後で知ったのだが、法律が変わる少し前だったらしく、お爺ちゃんは土葬で埋葬された。その様子が目に焼き付いている。

揃いのはっぴを着た人たちが集まり、土を掘り、何かわけのわからない声で吟じながら淡々と作業を進める。お坊さんの読経がはじまって親族が見守る中、お爺ちゃんが眠っている棺桶が入れられ、土を埋め戻す。

すべて埋め終わ

もっとみる

緩和ケア病棟に移った祖父

祖父が今日から緩和ケア病棟に移ることになった。

はじめまして。
僕は今20歳の大学3年生です。祖父は今年の1月で71歳になりました。

祖父の病気が発覚したのがほぼ一年前。
確か最初は心筋梗塞だったかな。
165センチくらいで90キロくらいの太ってる体型の祖父だから太りすぎとは周りから言われてた祖父だけど、いいんだよと言って笑ってごまかす祖父が大好きだった。(祖父って言い方にはなれないので、ここ

もっとみる

赤ちゃん言葉

今、僕の家には八ケ月になる孫が遊びにきている。ジィジとしては抱っこしたり絵本を読んでやったりと、それなりにジジバカぶりを発揮しているのだが、話しかけるとき赤ちゃん言葉を使うもので、それが癖になってしまい・・・

さっき、一人で自分の部屋にいるとき、ベッドに腰掛けようとして思わず「よいちょ」と声を出してしまった。(苦笑い) 不覚である。

(* ´艸`)クスクス 照れちゃうなー
4

磐梯熱海温泉~その後~

2019年5月、父方の祖父の米寿を祝うために地元郡山に帰省した私と妻は、宿で一泊し実家に向かった。

父方の祖父の米寿のお祝いは盛大に行われた。

私と東京から来た叔父さんでタラの芽の天ぷらを作り、魚屋に嫁いだ大叔母さんは刺身を、その他にも皆がごちそうを持ち寄り、最後は親戚一同で記念撮影をした。

すごかったのは別の大叔母さん(祖父は長男で弟妹は6人いる)で、なんと庭で抹茶をたてて皆に配っていた。

もっとみる
嬉しいです!