御岳山

(from tumblr Nov. 2016)

こういう景色をカメラに収めているとき、内側から湧き上がる静かなる興奮。それはきっとおじいちゃんの遺伝子。祖父は、中国山地を中心に山を撮り歩いていたそうです。僕自身は直接写真の話をできないままでしたが、おそらく僕の100万倍の行動力を持っていたはず…笑

写真という具体的なツールもそうですが、誰かとの関係の中で祖父が持っていた祖父性や父が持っていた父

もっとみる

石です。

(from tumblr 14th Apr 2018)

おばあちゃんから持たされたおじいちゃんの遺品のひとつ。
孫たちはみんな、子どものころに石磨き体験をしたようです(笑)

百姓であったおじいちゃんは、写真家でもあり、ギタリストでもあり、ギター職人でもあり、遺跡発掘やらなんやら色々なことに携わっていたそうで、その全ては未だに把握しきれていません…;

そんなおじいちゃんが遺してくれたものはたく

もっとみる

2020年の終戦記念日

8月15日。終戦記念日。

世界で起こってきた戦争はひとつではないのだが、私は「終戦記念日」といえば8月15日を思い浮かべる。

私は、戦争について、何を知っているだろう。何から知ってきただろう。
テレビ、ラジオ、新聞、教科書、資料館、マンガ、演劇、インターネット。
いろんな媒体がそれぞれの真実を知らせる。
あっちとそっちでは言っていることが違ったりする。
何が事実だったのか。戦争の真実ってなんな

もっとみる

うちのおじいちゃん

うちのおじいちゃん。
相撲がすこぶる強く、学校の成績も一番で、地域の青年団のリーダーもしていたとか。
満洲に軍人として派遣され、そして人を何人か斬った、と。

満洲から北海道に戻り、母は産まれる。
しかしその3年後、おじいちゃんは肺結核により31歳の若さで亡くなってしまう。
母は今年75歳だ。

もっとみる
ありがとうございます🙇‍♂️
7

シベリア抑留されていたおじいちゃんと銀座三越ガールだったおばあちゃんの話

10歳のときに両親が離婚するまで、私は父方の祖父母と姉たちと7人で暮らしていた。

飲食店を営み毎日深夜まで店に出る父母と、孫3人の面倒を見るおばあちゃんとは対照的に、おじいちゃんが働いている姿は見たことがない。

おじいちゃんはいつもリビング(当時はそんな言葉はなかった)の端っこに、長細い小さなテーブルを置いてかつてはオルガンの椅子だったものに座ってタバコを吸い吸い(当日は副流煙による害などとい

もっとみる

突然と後悔

これは小学生の頃の話。
親は沢山習い事をさせてて、週5は家帰ってきたらすぐ習い事に行っていた。習い事の帰りに親が月謝を持って教室にやってきて。おばあちゃん亡くなったって言われ、初めてお葬式に行く事になった。
その前からガンで入院してて親が休みを取れたらなるべく実家の名古屋まで行って次の日帰るってのが何年続いていたのだ。

生まれた頃には片方のおばあちゃんは亡くなっていて、実際に会ったことがあるおば

もっとみる

バケモノおじいちゃん

毎日note更新72日目。

先日、NSCの同期であるコマンダンテの安田君(以下やっさん)と二郎系ラーメンを食べに行った。

これは僕が東京に来る前からやっさんと約束していて凄く楽しみにしていたイベントである。

僕は見た目通り二郎系ラーメンが大好きである。

そしてやっさんは東京に来てから二郎系ラーメンに目覚めたらしい。

やっさんが初めて二郎系ラーメンを食べたのはまだ彼が大阪にいた頃である。

もっとみる
バナナ!
85

なめたカレイの煮付け

めしやまつもとは大好きなおばあちゃんの思い出が

メインだけど、私はおじいちゃんも大好きだった。

そんなおじいちゃんも、おばあちゃんの作る料理を

無言だけど絶賛して美味しそうに食べていたひとつは、

「なめたカレイの煮付け」。

鮮度良いなめたカレイを選んできて、おばあちゃん独自

の煮汁で味付ける。これがまたなんとも染みるくらいの

絶品料理!白いご飯にまたこれが合う合う。

良い顔だねぇ。ええ、私のこのメガネでしっかりと見えますよ。
2

おじいちゃんの箱

私が小さい子供だった頃、一人暮らしをしていた父方のおじいちゃんと一緒に暮らす事になった。

持病の具合があまり良くないらしいのだ。

そこで使っていなかった和室を、おじいちゃんが使う事になった。

明治生まれのおじいちゃんが持って来た荷物は、とても質素で少なかったけど、それで足りている様だった。

おじいちゃんとの思い出はあんまり無い。

唯一あるのがタバコを買いにおつかいへ行き、お釣りをお駄賃と

もっとみる
読んでくれて嬉しいです!ありがとう😊
7

終戦記念日。死んだおじいちゃんから戦争の話を聞いたことはない。でも、父から、おじいちゃんは戦時中、軍の中間階層にいて、竹やり訓練のとき、上官が見てる時には「はじめ!」、でも上官の姿が見えなくなったらすぐ「やめ!」と言っていたと聞いた。おじいちゃん、その気持ち、わかる。

あたしもあなたがスキです
5