省力化

パレットに荷物を積み付けるについて

よくパレットに荷物を積み付ける作業を見ます。本日はこちらの作業を考察して行きます。

◆パレットに積みつける作業「パレタイズ」を解説

パレタイズとはパレットに積みつける作業のことを「パレタイズ」といいます。

そして、パレットに荷物を積み付ける機械のことをパレタイザと呼びます。

【作業の機械化】
パレットに積み付ける作業は、非常に重労働なので、日本ではかなり昔から機械化が進んでいます。
主には

もっとみる
ありがとうございます。

限られた時間内の作業

今回は、時間について考えてみましょう。

物流の作業は、ある時間の中で、より多くの荷物を運ぶことを目的としています。

◆日常の生活にも物流のヒントあり

1個持って運ぶより2個持った方が倍早い。 沢山一度に運んだ方がもっと早い。

お盆も物流アイテム

食事の後、食器を一個づつ持って行っては、時間がかかります。お盆に載せて一度に沢山持って行きますよね。

お盆にもいっぱいのせると大変

あまり欲

もっとみる
ありがとうございます。

人間様の特徴 “マルチタスク”とは?

“マルチタスク” とは

同時に複数の仕事を行うこと、能力を表す言葉です。

物流に関わる作業は、どちらかというと単純作業“シングルタスク”で考えます。

荷物をパレットに積むロボット(パレタイザ)ずっと、荷物が来る限り、積み付け作業を続けます。

人が積むより早いスピードで、疲れることなく作業してくれます。時間で処理できる量を見込めるため、安定的な物流アイテムとして、多くの場所で使われています。

もっとみる
ありがとうございます。

土足厳禁!? キャスターも履き替え

屋外から持ち込まれるキャスター台車の車輪は、
土足と同じぐらい汚れています。

街中を歩いているとコンビニやスーパー、飲食店の裏方に、台車に積まれた商品をよく見かけます。
あの商品は、きっとどこかの工場や配送センターからここへ届けられたものだろう。

そして商品を載せている台車は、きっと元の工場や配送センターに戻されるのだろうな~って、思いながら歩き過ぎようとした…。

そこに物流改善のヒント!

もっとみる
ありがとうございます。

物流のパラドクス 物流を取り巻く問題点

物流:物を運ぶ(流す)こと。

ここから⇒あそこに物を運ぶ。

・運ぶ時間が短ければ効率が良い。
・運ぶ場所:距離が短いほうが良い。
・少ない力で動かしたい。
・お金は掛けたくない。
・揺れたり、衝撃を小さくしたい。
・シンプルな機器で運びたい。
・人数は少ないほうが良い。
・危険な作業は嫌だ。

物流を取り巻く問題点を可視化して見えてくること

物流を取り巻く問題点

物流を取り巻く問題点を図式

もっとみる
ありがとうございます。

人が持って運ぶことができる最大の重さ

1人が持って運ぶことが出来る重さっていったい何kgなんでしょう。

力の強い・弱い人、子供・大人、男・女で違うのでしょうか?持ち方、運び方、距離で違うのかな。

◆労働省通達から見る、1人が持って運ぶことが出来る重さとは?

まずは、法律や通達について見てみましょう。

労働省通達より

イ :満18歳以上の男子労働者が人力のみにより取り扱う重量は、55kg以下にすること。また、当該男子労働者が、

もっとみる
ありがとうございます。
2

SketchUp:まだ迷走中のグループ化問題

こんなん書きました。結論から言えば、全部じゃないにしろコンポーネントを使っていこうって話。でも、早速前言撤回です。

グループをガシガシ使っていきましょう。

大事なことなのでもう一度言います。グループです。コンポーネントじゃありません。ただこれにも色々と条件がありますので、その辺を整理していきましょう。

木造建築の建物のモデリングはグループで十分

コンポーネントってやつは優秀なんですよ。何が

もっとみる

コロナ禍で何かと話題になる物流業界

はじめまして。楽する物流研究所ByMONOLIXの広報部です。
コロナ禍で何かと話題になる物流業界で搬送機器の製造販売を行っています。
作っているものは小さいものから大きなものまでさまざま。
お客様からお話をいただく度にワクワクしながらお仕事をさせていただいております。

まずはじめに、MONOLIXがどんな会社なのか、どんなことを発信しようとしているのかをご紹介します。

楽する物流研究所ってな

もっとみる
ありがとうございます。
4

SketchUp実務家ヒアリング 第3弾(だっけな?)

またまたヒアリングを実施してきました。正直まだソフト自体使い込めていないので、その時間あったら住宅の一棟でもモデリングしてみろよ、というご指摘は甘んじて受け入れるとしても、まぁそれだけやってても人生終わっちゃうので適度に外の空気を入れていくというのは大事です。

ゴリゴリのITツール活用実務家

ここまでITツールを使っている人はこの界隈じゃ珍しいんじゃないでしょうか。設計事務所というより、色々な

もっとみる

事例動画:SketchUpの住宅設計BIM化

SketchUpを使うSketchuperは数多くいれど、BIM化に成功している事例はそう多くはない。

そのそう多くはない中で、この方はかなり進んでいそうです。

私のやりたいことは全てやってくれていそう。2年以上前にこの感じなので、きっと私はこれをもう一度きちんとトレースできればいいのでしょう。

Layoutもかなりきちんと使い込まれているし、レイヤー、コンポーネントの使い分けもかなりきちん

もっとみる