Lockstep by Harry Vox ロックステップ(ハリー・ヴォックス)

『安全性のためなら、主権やプライバシーを放棄しても構わない~』
そんなの得られないんだって。
一旦手放したら、ひどい目に合うんだよ。
(アメリカでは、)その無関心さが問題なんですよ。いつの間にか奴隷の国になるでしょう。
無関心のままでいて、何もしなければ、そんな世界が間違いなく、近いうちに到来しますよ

以上、ヴォックス氏の発言より。

”いいね“ありがとうございます
1

規制をテクノロジーによって敷く『Reg Tech:レジテック』は真の監視社会を実現する。

RegTechとは。

テクノロジーが急激に発展する中で、それに対する規制への強化の一環としてRegTechと言われるものがある。この記事ではRegTechの正体と活用法、RegTech企業の活動と将来性、課題とはなんだろうか。

Reg Techは真の監視社会を実現する。

最初にRegTechとは何か。RegTechはRegulation(規制)とTechnology(テクノロジー)の略で、そ

もっとみる
「スキ」ありがとうございます。好きです。
2

またかよww(笑)

なんかNoteの挙動が再びおかしいなああ…と思って見てみたら、また勝手にR18指定を加えてくる始末www なにこれ?

それ、ただの言論弾圧ですよ。

一応、18歳向けじゃないことを伝えておいたけど、多分Note株式会社には伝わらないんだろうなああ…

あ、ついでに、

アメリカ大統領選挙関連で、トランプ支持の反民主野郎のアカウントをネットサーフィンしていたんだけど、バカ発見した。

<失業率が高

もっとみる
ようこそ!WELCOME(*^-^*)
4

最後に。

Noteに頻繁に口を塞がれるので、この趣味垢を閉鎖しようかと思う。

右や左、中道などのイデオロギーは関係なく、どいつもこいつも、一様にカテゴライズしすぎ。

日本型フェミニストが、<82年生まれキムジヨン>に共感する事は解るし、私ゆにも納得できる点が多々ある。他方、キムジヨンとお前は別だし、女性は共感できるけど男性は理解できないでしょ!みたいなカテゴライズして決めつけるのは止めろ。

子どもを持

もっとみる
ありがとうございます!!嬉しいです!
3

明らかに誤った社会のルールは、皆で破ってこそ社会のためになる…と言ったら過激だろうか。

子供たちのために、まず大人からマスクを脱いで外を歩こう。

”いいね“ありがとうございます
1

監視資本主義のキーワード(まだ作業中かも?)

Netflixのドキュメンタリー『監視資本主義』がきっかけでニューズウィーク日本版に監視資本主義についての記事を書くことになりました。

 あなたの知らない「監視資本主義」の世界
 https://www.newsweekjapan.jp/ichida/2020/10/post-12.php

『監視資本主義』という言葉は、ハーバード・ビジネス・スクール名誉教授Shoshana Zuboffが初め

もっとみる

コロナによる人口削減の仕方

前回のブログでは
コロナの目的はの1つは
ワクチン製造による
一部の世界的財閥の巨額なお金儲け
という事を書きました。

今回はその続きです。

現在、ヨーロッパでは再びロックダウンを
したりマスク着用義務化され、
罰金まで取られる国があります。

イタリアで亡くなっているのは
ファーウェイ社の5Gが原因でしょうが❗️

もう狂気の沙汰です。

世界中の人も目醒めてない人多いですね。

このウイル

もっとみる
ありがとうって直接言いたい!(^o^)
29

中国語リスニング#5 在米中国人が中国の監視社会と香港民主化デモについて語る

中国に監視がないというの?ここ2年間、監視カメラは既に、10、20メートルごとに設置されるようになって、いつも誰かに見られていると感じるわ。

(友人から聞いた話し)彼は電柱の下で喫煙していたら、しばらくすると携帯電話のWeChatにメッセージが届いて、「公共の場」やら、「喫煙」やらと書かれていた。 僕が喫煙したことを何で知ったんだろうと彼は不思議に思ったらしい。 本人から聞いた体験談でなかったら

もっとみる

note株式会社は平気で言論弾圧をする

ただの趣味垢なのに、何度も停止にしてくるのは何故??

以前、停止されて再アップした記事が勝手に下書きに戻されていた上に、<18歳以上向け>の制限指定を加えてくるのは何故?その記事は、ナイナイ岡村さんの発言に対して物申していた人たちに対する意見を書いただけだったのですが…

note株式会社の偏向ぶりと監視ぶり、検閲ぶりには、うんざりします。。。そんなに私の存在を消したいなんて。誰かの存在を消すっ

もっとみる
雲丹好きな、ゆにの部屋へ、いらっしゃいませ💛
4

ダーリンインザフランキス〜人間のエゴvs恋心の行方は?〜

人生最後のモラトリアム期を謳歌し、絶賛怠惰生活を送っている僕は、深夜によくマンガ、アニメ、映画を見漁る。

そんな僕が昨日出会ったのがダーリンインザフランキス。(マンガで読破)
面白すぎて1巻〜8巻を一晩で一気見してしまった。
ここに、鉄は熱いうちに打ての如く、ダーリンインザフランキスを振り返ってみたい。

この物語には多くのメッセージが込められていた。
「風の谷のナウシカ」を彷彿させられるような

もっとみる