コロナ禍を戦争になぞらえる二つの論法

コロナウィルスは鏡に似ていますよね。私たち人間はコロナを語ることによって、無意識に抱いている願望を表明するためです。そこに映し出されるのは、自分自身の似姿です。

最近、東京オリンピックに反対する意見を目にして、少し考えさせられました。
いわく、コロナ収束の目処が立たない中で精神論に訴え東京オリンピックの開催を強行することは、アメリカに勝てないと分かっていながら開戦に踏み切った太平洋戦争のときと同

もっとみる
あなたなんかにスキされて、そりゃ嬉しいに決まってるでしょ!
3

【短編小説】検索エンジンと監視社会

「久しぶり。すごいオフィスだな。六本木の一頭地に。」

「まあな。とりあえず座れよ」

山田は久しぶりの再会を喜びながら、ソファに腰を掛けた。紺のスーツを着こなした眼鏡の似合う高木は慣れた手つきで茶碗を差し出した。茶碗から懐かしい匂いがする。

「誰かを呼ぶときは、その人の地元のお茶を出すようにしてるんだ。」高木は向かいのソファに浅く座って、茶碗を手に取った。

「なるほど。どうりでなんか懐かしい

もっとみる
ありがとう〜〜〜!
2

M・フーコー が読み解く、現代の恐ろしい監視社会

ーーもし、私たちが今犯罪を犯したらどうなるだろう?多くの場合、私たちは刑務所に入れられ、国家にとって有効な人材に生まれ変わるように「矯正」される。資本主義が蔓延し、持てる者がますます強くなる社会の中で、「持たざる者」たちの狡猾な行為をどうやって制御するか、次から次へと生まれてくる民衆を、いかにして自分たちの都合のいいように矯正せしめるか。近代の支配者階級が考え出した、賢く、そして恐ろしい統治機構の

もっとみる
ありがとう。愛してます。
8

結局、2000年の方が好きって話。

こんにちは。

現代社会って便利なのでしょうか?

反社会的なことを言いますが、私は2000年の方が好きかもです。

今回は2000年の方が楽しかったってことを共有しに来ました。

現代はITの時代ですよね。便利な時代から効率な時代に変わっています。

デリバリーやリモートワーク、5GやAIの向上。

すごいですね。20代前半の私ですが、悟りを開いてます。

中国はさらに進んでいるそうですね。今後

もっとみる

(6) 砂上の楼閣

「独島(竹島)が奪われた!」韓国メディアは速報を流した。直ぐに奪い返せ、と韓国世論は荒れた。しかし、韓国の与党も野党もコメントを控えた。その一方でマスコミに対して「日本のミサイル艦と潜水艦、それに戦闘機10機が独島に待機している。軽率な行動は慎むように」と政府から通達が出て、その状況を韓国の人々も知った。
ヘリや航空機、漁船をチャーターして、乗り込もうと勇んでいたマスコミは、戦闘機10機と聞いて、

もっとみる
ご一読、有り難うございました。
1

ウーベンシティーナラチ

あくまでも個人的な予想。完全監視社会の到来と人間選定。

AIによる個別認識、ベーシックインカムによる特権管理者からの監視。

マイクロチップを体に入れて埋め込んでないと各種サービスが受けれない。

シティーに入るには、選定された人々だけ。(余計なことをしないでまっとうな人。社会や環境がわるいだのと他人依存したりせず、他人に責任転嫁しない人、転*とかしなかった人やGOTO*とかむやみに使わなかった

もっとみる

自分に出来ることをする

その誇りと高潔さは‥誰にも奪えない!世界がマネ出来ない「日本人の民度」を‥今こそ再確認して欲しい!温故知新『聖徳太子の十七条憲法と冠位十二階』

https://m.youtube.com/watch?v=In-4TEB0fbM

これ、本当に凄く解り易かったし共感しかなくて、思わず雪乃ちゃんが辿り着いた結論の根拠に頬が緩みました🥰

私も、感じ方が同じ部分あったのです。
だってコレはオイルショ

もっとみる
キューン🐕💕
14
BOWWOW🐕💕
10

監視社会について

コロナ禍で一気に広がったテレワーク。    仕事姿が見えないから、生産性が下がるのではないかという懸念を唱える人がけっこう多い。

パソコンのインカメラを使って監視をした方が良いのではないか?とか。そこまではやりすぎだ。とか、生産性と監視を巡る議論は今後も続いていくだろう。

パソコンのインカメラと言えば、映画「スノーデン」の描写が思い出される。この映画は、いわゆるスノーデン事件を題材としたノンフ

もっとみる
ありがとうございます!!
2

「柱のかげのブラザー」

男が 若い男が駅の人込みの中
柱のかげで身をかがませている
靴ひもを結びなおしている
男の
長く伸びた靴のつま先の上に
ちょん と
ひとつのスマホが乗っている

スマホは薄暗い柱のかげで
鈍い光を放っている
靴ひもを結びなおす姿勢をとりながら
男はその実
光を放つ
スマホをじっと見つめている

そこに映し出されているのは
彼女とのLINEのやり取りや
不倫を糾弾するネットの書き込みやらではなく

もっとみる