小山隆信

2020年1月に湘南の鵠沼から道南の大沼に移住。 音楽やエンタテインメントのこと、生きていく上で大切な心のこと、直感やインスピレーションとして受け取ったことを、そのまま記録として残しています。

小山隆信

2020年1月に湘南の鵠沼から道南の大沼に移住。 音楽やエンタテインメントのこと、生きていく上で大切な心のこと、直感やインスピレーションとして受け取ったことを、そのまま記録として残しています。

    マガジン

    • 音楽note

      音楽に関わってきて知ったことや感じたことを記録するnoteです。

    • ブログ 2017年1月〜3月

    • ブログ 2016年6月

    • ブログ 2016年7月

    • ブログ 2016年8月

    最近の記事

    固定された記事

    個人セッションを始めます!

    今までたくさんの人の悩みを聞いたり相談に乗ったり、音楽的な指導やコンサルティングを行ってきましたが、リアルで出会える人だけでなく、オンラインでもセッションをやりたいという思いがずっとあって、それをやっと形にすることができました。 要請を受けるための駅(station)の意味をこめて、「re:questation」と名付けました。気軽に立ち寄ってもらえればと思いますので、どうぞよろしくお願いします! 実は個人セッションを始めるに至ったのは、駒ヶ岳在住の「ぶみさん」こと内谷正

    スキ
    89
      • はみ出し者になることを恐れない

        横並びでいることに慣れすぎたあまり、そこから外れたりはみ出したりすることを恐れていませんか? ちょっと外れただけでビクッとして、自分の意見を押し殺したり、知らずのうちに周りに合わせたりしていませんか? これはもう習慣になっていて、自分でも気づけないようになっているかもしれないし、当たり前になりすぎて疑いもしないかもしれません。 でもよく考えてくださいね。 それは自分を抑制し、自分のエネルギーを発散しないまま終わらせてしまう行為なのです。 行き場を失ったエネルギーはそのあ

        スキ
        31
        • 統合することの意味

          この地球上では相反する二つのものが存在することでバランスが取れています。男性性と女性性、陰と陽、光と影、N極とS極などなど、それ以外もたくさんありますが、これはどちらかが不必要なものではなく、両方とも必要だから存在しているのです。 例えばポジティブとネガティブに関していうと、ネガティブは排除すべきものかといったらそうではありません。 ネガティブがあるからポジティブの意味も明確になるし、その両方を体験するから思慮深くなるというのもあります。 統合というのは、この相反する二つ

          スキ
          51
          • 道を極めることが得意な日本人

            日本人は、趣味や嗜好を芸術の領域にまで高めることができる優秀な民族であり、その能力をDNAとして受け継いできています。 例えばお花を生けることは「華道」、書くことは「書道」、お茶を入れることは「茶道」のように、「道」として確立してきました。 ちなみにWikipediaによると、華道は「植物のみや、植物を主にその他様々な材料を組み合わせて構成し、鑑賞する芸術」で、書道は「書くことで文字の美しさを表そうとする東洋の造形芸術」、茶道は「日本伝統の湯を沸かし、茶を点(た)て、茶を振

            スキ
            40

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 音楽note

            • 1,199本

            音楽に関わってきて知ったことや感じたことを記録するnoteです。

          • ブログ 2017年1月〜3月

            • 72本
          • ブログ 2016年6月

            • 30本
          • ブログ 2016年7月

            • 31本
          • ブログ 2016年8月

            • 31本
          • 音の玉手箱

            • 3本

            オリジナル音源を中心に、いろんな作品をアップしていきます。

          • ブログ 2016年5月

            • 33本
          • ブログ 2016年9月

            • 29本
          • ブログ 2016年10月

            • 31本
          • ブログ 2016年11月

            • 30本
          • 音楽note

            • 1,199本

            音楽に関わってきて知ったことや感じたことを記録するnoteです。

          • ブログ 2017年1月〜3月

            • 72本
          • ブログ 2016年6月

            • 30本
          • ブログ 2016年7月

            • 31本
          • ブログ 2016年8月

            • 31本
          • 音の玉手箱

            • 3本

            オリジナル音源を中心に、いろんな作品をアップしていきます。

          • ブログ 2016年5月

            • 33本
          • ブログ 2016年9月

            • 29本
          • ブログ 2016年10月

            • 31本
          • ブログ 2016年11月

            • 30本

          記事

          記事をすべて見る すべて見る
            • 自宅をパワースポットにする方法

              北海道に移住した時に、ほとんどのものを処分してきたので、自宅にはものがありません。なので自宅はワンルームマンションなのにガラッとしていて、必要最低限のものしかない感じです。 広いとか狭いとか関係なく、空きスペースがあるというのが重要で、空間がなく、もので埋まった部屋にいると、圧迫感があって落ち着いて考え事をしたり頭を整理することは難しいです。 あと一般的に言われていることですが、できるだけ自分が好きなものに囲まれるように配慮することも大事かな。 それはものだけではなく、普

              スキ
              54
              • 久しぶりに気持ちよく晴れました

                昨日は素晴らしい満月でした。 部屋の明かりを全部消して、静かに月光浴をしながら瞑想できたので、今日はとってもすっきりした気分です。昨日から今日にかけて空気感も変わったので、とても新鮮な朝を迎えています。 今日は地元大沼でイベントがあるので、ライブの音響もやりつつサポートでギターも弾きます。ここ2〜3年開催を見送っていたイベントが、今年は復活したこともあり、なんだかここのところずっと賑やかです。 Siblingsのメンバーの颯太くんと二人で、松本理沙さんのサポートをすること

                スキ
                22
                • 競争から共感へ

                  今までは男性性がより強く出ていた社会だったために、ビジネスでも競合他社と競い、エリアを拡大し、売り上げを伸ばすことが主軸でしたが、これからは相手に寄り添いお互いを深く理解しあって、共に歩んでいくような形で役割を果たしていくことになります。 つまり、より女性性が強く出る社会になっていくということ。 一人の人間としても、自分の中の男性性と女性性を統合することで、直感やインスピレーションを受け取りやすくなり、霊感やスピリチュアル 能力が高まり、共感能力が増していきます。 他者と

                  スキ
                  40
                  • 覚醒の季節の到来

                    「覚醒」って言葉にすると怪しい感じがするかもですが、怪しくも難しくもなくて、簡単に言うと物事に対して理解が深まるってことなんですよ。 「目覚める」とか英語では「Wake up」などと表現することもありますが、要は目が覚めて真実や本質を掴めるようになるということ。 話が大き過ぎてよくわからないという人は、スルーしていただいて構いませんが、宇宙には大いなる計画があって、地球の長い歴史の中で数多くの文明が生まれ消えていきました。 ほとんどの場合大陸ごと海に沈み、また新しい大陸が隆

                    スキ
                    71
                    • やりたいことなのかどうなのかを判断する一番の方法

                      「やりたい」とか「やってみたい」とか、そういう気持ちがあっても、なかなか踏み出せないってことありますよね。 頭であれこれ考えてしまって、本当にやりたいことかどうなのか迷ってしまったり、ちゃんと準備してやろうとか、環境が整ってからなどなど、二の足を踏んでる人も多いでしょう。  結論から先に言うと、判断に迷うならとにかく踏み込んでいって、とことんやってみることです。 そうするとすぐ結論が出ます。 流れができて、だんだん面白くなって勢いがついていくのなら、間違いなくそれは自分に

                      スキ
                      63
                      • 楽をしましょう楽しみましょう

                        何をするにも「苦労をしなければならない」という思い込みがあって、それはもう古い価値観なんですけど、その世界観で過ごした時間が長かったため、なかなか手放せなかったりします。 僕自身もずっと楽をして稼いじゃいけないと思ってたので、簡単に稼げる人を見ると、それは違うんじゃない?っていう気がしてたし、成功というのは必ず苦労の上に成り立っていると勘違いしていました。 もちろん「道」を極めていくことは簡単なことではないし、腕を磨き本質を掴むためには修練も必要です。でもそれは苦労ではあ

                        スキ
                        60
                        • 最後に残された課題

                          最後に残された課題とは無条件の愛です。 日常生活の中で触れたり感じていたりする愛は、ほとんどが条件付きの愛で、それは特に恋人や夫婦や親子の間に見られます。 子供が生まれる前は五体満足に生まれてくれれば、他は何も望まないとすら思っているのに、大きくなるにつれてこういう子に育ってほしいとか、自分の子はこうでなくてはならないと、だんだんと条件を付けてしまうというのは、子育てをした経験がある人なら覚えがあるはずです。 今まさに三次元の愛である条件付きの愛を卒業する時が来ていますが

                          スキ
                          55
                          • ステージが上がる前には必ず停滞の時期がある

                            今まさにステージが上がる直前、もしくは上がっている最中の人も多いでしょう。地球もグングン波動が上がっていますから、周りを見ていても明らかに変化し、バージョンアップしている人たちが多いのも頷けます。 多くの場合、ステージが上がる時には物事が停滞します。 なんともなかった人間関係がギクシャクし始めたり、今までやってきた仕事を辞めざるを得ないような状況になったり、精神的にもなんとなくもや〜っとして体調も芳しくなかったりね。 人によってその濃度は違っても、ステージが上がる前の準備

                            スキ
                            84
                            • ポジティブでなければダメという呪縛を解く

                              ネガティブな時もあっていいですよ。 人間だもの 笑 ポジティブもネガティブも含めて、感情の振れ幅のなかで自分を知り、多くのことを学んでいくわけですから、ネガティブな自分を責める必要はないし、時間が経てばまたやる気に満ちて、ポジティブな時がやってくることは知っていますよね? 矛盾がある言い方になりますが、人間は今のままで完璧だというのは真実で、何不自由なく必要なものを全て兼ね備えています。 でも人間的に完璧な人などいなくて、やらかしてしまうことはいくらでもあります。そのどち

                              スキ
                              46
                              • 幸せの定義と価値観と本質

                                「幸せは歩いてこない だから歩いてゆくんだね」って古い歌の歌詞にありますが、幸せは人それぞれで感じ方も違うものです。 社会に貢献できることが幸せだと言う人もいれば、大金を手に入れることが幸せだって人もいるし、家族が円満で生活できることだと言う人もいます。 ただ結論から言ってしまうと、手に入れた時がピークで、幸せ感が時間と共に薄まっていくのは、本当の幸せを手に入れたことにはならないんですよ。 例えば結婚すれば幸せになれると思っていても、時間が経てばその生活や環境が当たり前にな

                                スキ
                                63
                                • 他力本願とは他人を頼ることではなく宇宙に任せ委ねること

                                  自分が頑張ればなんとかなるっていうのは過去の価値観で、今はどんどん手放す事で自由になり、思ったように物事が展開する流れになっています。がでも自分が頑張ってきたことは無駄だったかと言えばそういうことではなく、頑張ってきた過去があるから任せ切る事の偉大さがわかるんです。 つまりさんざん自分が頑張ってきたからこそ、十分体験してきたからこそたどり着ける境地だということ。 価値観が大きく変わる時なので、今までのようにエネルギーをぶつける対象がなくなったために拍子抜けというか、やる気

                                  スキ
                                  60
                                  • 何かに突き動かされる衝動

                                    何かに突き動かされるような感覚で動く時ってありますよね。 誰かに背中を押されているような、何かわからないけどそれをやらなきゃ〜みたいな感じの時です。 それを行動に移したら、その先どうなるのだろうという不安もあるかもですが、こういう時には思い切って従ったほうがいいです。 あまりに不安が先行して、もう考えないようにしようと思っても、繰り返しその思いがこみ上げてくるものだし、これはもう「やりなさい」という強烈なメッセージなのだと受け取りましょう。 たぶんそのタイミングで他の誰か

                                    スキ
                                    40