滋賀県害獣駆除

鹿肉串(ヤンロウチュアンの鹿版)
+8

鹿肉串(ヤンロウチュアンの鹿版)

秋の三連休に鹿肉を串に刺して「羊肉串(ヤンロウチュアン)」っぽいものを作ってみました。ずっと前に鹿肉パックを送った香港人の友人が勧めてくれた料理がこれ、中国のウイグル料理「羊肉串」でした。レシピに加え、材料のクミンパウダー(東京の中華食材店で買ったと思われる)まで付けて送ってくれていたのにずっと作っていなかった・・・・(ごめんね〜)。というのも、いつか友人たちと一緒に「鹿肉祭」ができる時がきたら、ぜひ外で炭火を起こしてやりたいと思っていたから。でもそのチャンスはもう巡ってこな

スキ
4
鹿のミートパイ

鹿のミートパイ

鹿肉のミンチを使ってミートパイを作りました。冷凍パイシートを使ったので、思っていたよりずっと簡単に作れました。 材料:鹿挽き肉、玉ねぎ、ニンジン、ジャガイモ、エリンギ、トマト、ニンニク、小麦粉、ローリエ、赤ワイン、ウスターソース、ケチャップ、ブイヨン、ナツメグ、塩、コショウ 1、材料は細かく切っておく。ニンニク、玉ねぎ、ニンジンをオリーブオイルで炒め、鹿肉のミンチ、塩、コショウ、ナツメグを加えてさらに炒める。 2、エリンギ、ジャガイモ、トマトを加えてさらに炒める。 3

スキ
5
鹿キムチ餃子

鹿キムチ餃子

今回は鹿のミンチを使って餃子を作りました。お肉を送った友人が「鹿ミンチと白菜の漬物を混ぜて餃子を作ったらおいしかった」と教えてくれたので、白菜の漬物をキムチで代用して作ってみることにしました。ついでに、キャベツを入れた普通の鹿肉餃子も一緒に作りました。 1、鹿キムチ餃子:キムチ、ニンニクを刻む。(鹿キャベツ餃子:キャベツを刻む。ニンニク、生姜をすり下ろす) 2、鹿キムチ餃子:鹿ミンチ、キムチ、ニンニク、ごま油を混ぜ合わせる。(鹿キャベツ餃子:鹿ミンチ、キャベツ、すり下ろし

スキ
3
鹿のしぐれ煮

鹿のしぐれ煮

先日の猪に引き続き、鹿肉でしぐれ煮を作りました。師匠オススメの鹿のしぐれ煮です。猪で作ったよ〜、と報告したところ、次に鹿で作るときは、ゴボウを入れるようにと言われました。さすがですね、ゴボウ入れた方が絶対おいしいですよね。どうして気づかなかったんだろう? 1、スライサーにかけた鹿肉を適当な大きさに切る。 2、ゴボウのささがきを作る。(歯応えが残るように粗めに・・)ショウガもたっぷり刻んでおく。 3、鹿肉スライス、ゴボウ、ショウガ、酒、みりん、醤油、砂糖(少し)を鍋に入れ

スキ
7
鹿ミンチのチリコンカン

鹿ミンチのチリコンカン

今回は鹿のミンチを使ってチリコンカンを作りました。お肉を送った友人たちが作っているのを見て作りたいなとは思っていたものの、ほったらかしにしていた一品です。2〜3月はごくたまにしか鹿が掛からず、しかももも肉の質があまりよくなかったので、ここのところ前足をたくさんとってきてミンチにして保存していました。たくさんあるので、ミートソース、ハンバーグ、肉団子、餃子などを作り置きしておこうと思い、その第一弾としてチリコンカンを作りました。 1、鹿の前脚や切れ端などをミンサーにかける。

スキ
4
鹿肉ハンバーグ

鹿肉ハンバーグ

鹿肉ミンチを使ってハンバーグを作りました。解体を始めた初期の頃からずっと頭にはあったものの、ずっと手をつけていなかった料理です。というのも、解体を始めて3ヶ月頃までは、鹿肉の脂の少なさがイマイチに感じられたり、ちょっとした臭いにも過敏になっていた時期があって、そういうお肉でハンバーグを作っても美味しくなさそうな、そんな漠然とした感覚があったからです。猪肉餃子(まあまあでした)や猪肉ソーセージ(2度も失敗しました)、鹿肉のボロネーズ(イマイチでした)など、やっぱりミンチ系の料理

スキ
8
鹿焼きビビンバ

鹿焼きビビンバ

鹿の背ロースを使ってビビンバを作りました。知り合いにお肉を配る面白さの一つに、自分では考え付かないお肉の使い方というのがあります。ビビンバもその一つ。去年お肉を送った知り合いから「ビビンパ作ったよ〜」と写真付きで連絡があり、もう見るからに美味しそうだったので真似させてもらいました。日本と、韓国を含む国外の食文化の違いや、肉の扱いや考え方の違いなどにも思いを巡らせ、ちょいと議論になったりしつつ、大好きなビビンバ作りを楽しませてもらいました。(食文化の違いについては、また後日まと

スキ
4
あったまる〜、冬の山めし!猪の粕汁

あったまる〜、冬の山めし!猪の粕汁

わずかに雪の残る山中で猪肉を使った粕汁を作りました。お肉を配るようになって5ヶ月になりますが、酒蔵(和歌山県にある親戚の酒造です)に肉を送ってみたところ、杜氏さん(私と同世代の女性の杜氏さんです)が日本酒と酒粕を送ってくれました。一升瓶2本!と、酒粕3キロ!こちらから送った鹿肉は蔵人さんたちの賄い飯に活用してくれているらしく、結果として有益な物々交換?!となりました。そこで、私自身はあまり食べ慣れていない酒粕を使って、まずは定番の「粕汁」を作ってみることにしました。 1、大

スキ
5
鹿肉のすき焼き

鹿肉のすき焼き

鹿肉をスライスしてすき焼きをしました。鹿肉はしゃぶしゃぶが美味しいと聞いていましたが、たぶんすき焼きでも美味しいのではないか、と思いやってみました。ミートスライサーで極薄にして冷凍してあった分を使いました。 1、半解凍の肉をスライスする。(写真はちょっと厚めのものです。前にスライスして冷凍してあったものは、これの70%くらいの厚みでした) 2、鹿肉のスライス、春菊、しめじ、白ネギ、豆腐、玉ねぎ、白菜をすき焼きのタレでグツグツする。(しらたき、椎茸、えのきなども入れたかった

スキ
4
ヴェニソンブリトー(鹿肉ミンチ)

ヴェニソンブリトー(鹿肉ミンチ)

鹿肉のミンチに革命が起きたので、その肉を使ってブリトーを作りました。ヴェニソンブリトーです。メキシコ滞在中にタコスのハンパない旨さに目覚めた私ですが、実はそこに到るまでには伏線があり、もとはカリフォルニアで過ごした大学時代にハマってしまった別のメキシコ料理があったのでした。はい、一つはチーズエンチラーダス。そしてもう一つがビーンブリトーです。ただ、今思い返してみると、学生時代にビーン(豆の)ブリトーばっかり食べていたのは、たぶん肉の入ったブリトーは値段が高かったからだと思いま

スキ
4