猪肉料理

猪のしぐれ煮

先日、余った猪肉でしぐれ煮を作りました。思い返せば、初めて解体作業をした夏の日、師匠が一番最初にススメてくれた料理が「しぐれ煮」でした。あの時は鹿でしたけれど、「しぐれ煮なんかもうまいよ〜」って。でもあの時は、それがちゃんと聞き取れなくて、私、「筑前煮」って聞き間違えちゃったんです。師匠は何度も「しぐれ煮!」「しぐれ煮!」って言い直してくれてたのに・・・。よく聞き取れなかったんですわ。師匠の前歯っ

もっとみる

ぼたん鍋

年末にいただいた「脂の乗った冬の猪肉」を使って、ぼたん鍋をしました。去年8月に獣の解体を始める前、私が猪肉と聞いて想像できた料理は実は一つしかありませんでした。それが「ぼたん鍋」です。お肉を送った友人、知人も同じで、猪肉を送ると伝えると、まず開口一番に「ぼたん鍋」という単語が出てくる。ただ、実際に害獣の解体をやるようになると、実は「ぼたん鍋」を食べる機会ってほとんどないことが分かってきました。第一

もっとみる

生きる#2 オカンへの敬意。

※2020年9月の話です。
刺激的な毎日の中、いろんな体験や感じたことを文字にして残してみたいと思いつつ、書いたり消したり読み直したり…を繰り返し、結局今になってしまいました。

9月はほぼ毎日のように、イノシシやその他の野生動物に向き合った1ヶ月でした。
コロナも手伝い、事業としては売上が伸び悩み、無論お金は増えない…
しかし、肉のストックはもの凄いことになった1ヶ月。笑

実りの秋、イノシシは

もっとみる
ありがとうございます!励みになります❣️
16

猪の角煮

今回は猪肉を使った角煮を作りました。去年8月に解体作業を始めた時からずっと角煮を作りたいと思っていたのですが、なかなか機会に恵まれず、5ヶ月を経てようやく作ることができました。というのも、夏の猪は脂がのっていないので角煮には不向なわけです。だからもし冬場に脂ののった猪が獲れたら作ってみようと思っていました。ただ、私たちがやっているのは、食べたい獲物を獲ってくる「狩猟」ではなく、あくまで駆除された害

もっとみる

あったまる〜、冬の山めし!猪の粕汁

わずかに雪の残る山中で猪肉を使った粕汁を作りました。お肉を配るようになって5ヶ月になりますが、酒蔵(和歌山県にある親戚の酒造です)に肉を送ってみたところ、杜氏さん(私と同世代の女性の杜氏さんです)が日本酒と酒粕を送ってくれました。一升瓶2本!と、酒粕3キロ!こちらから送った鹿肉は蔵人さんたちの賄い飯に活用してくれているらしく、結果として有益な物々交換?!となりました。そこで、私自身はあまり食べ慣れ

もっとみる

猪肉のロースト(背ロース)

猪肉をローストして食べてみることにしました。冷凍庫の古い猪肉を整理していて、いろいろ解凍した中に背ロースがあったので、これはミンチにしたらもったいないと思いローストでいただくことにしました。ただ、猪肉は以前バター焼きにした時に肉が硬くなって大失敗していたので、正直うまくできか不安でした。

1、猪肉の背ロースを牛乳につけて臭みを抜く。

2、筋膜を丁寧に剥がす。(写真上は筋膜がついた状態。下は剥が

もっとみる

ご飯がすすむ!猪肉味噌そぼろ

猪肉のミンチを使って味噌風味の肉そぼろを作りました。獣を解体して持ち帰り、肉を部位ごとに切り分け、その中の大きめの塊を人に配り終えたあと、必ず手元に残るのが「クズ肉」です。なんだかよく分からない部位の、使い道に困る肉の切れ端が、ズンズンズンズンと冷凍庫の中に増えていきます。もちろん、うちの愛犬のひばりちゃんも、ひばりの友だちの近所のワンちゃんたちも、みんなせっせと食べてくれますが、それでも全然減っ

もっとみる

猪肉チャーシュー2

猪肉を使って2度目のチャーシューを作りました。なぜまたチャーシューなのかというと、チャーシューが好きなのもありますが、冷凍庫の掃除を兼ねて、というのが本音です。塊になった肉は人に配ってしまうので、うちの冷蔵庫には肉の切れ端ばかりが大量に溜まってきて困ってしまうわけですが、それを一掃するために、カレー、シチュー、ミンチを使った肉料理に加え、肉片をタコ糸で強引に束ねたチャーシューを作り、そのチャーシュ

もっとみる

酢猪

猪肉を使って酢豚の猪バージョンを作ってみました。香港大学留学中に寮の食堂で一番よく食べた料理が「酢豚」でした。もちろん大好物です。猪肉は豚肉よりも硬いので酢豚には合わないだろう、と猟師さんには言われましたが、それなら「肉を柔らかく」さえできれば美味しく食べられるのでは?ということで、半日以上アルコールに漬け込んでから作りました。

1、猪肉を適当な大きさに切り、紹興酒に半日以上漬け込む。

2、漬

もっとみる

麻婆猪豆腐

猪肉のミンチを使って麻婆豆腐を作りました。「ジビエ=手のこんだ特別な料理」という固定観念をできるだけ払拭して、「パパッと作れるいつものご飯」の中に獣の肉を取り入れていきたいとの思いから、よく作る麻婆豆腐を豚ではなく猪で作ってみることにしました。

1、猪肉をフードプロセッサーにかけてミンチ状にし、フライパンでしっかりと炒める。肉に火が通ったら、豆板醤、ニンニク、醤油、味噌、豆豉醬を加え、肉に色が着

もっとみる