見出し画像

猪肉BBQ

ジビエ祭りのメインアトラクションとして猪のBBQをしました。その週に獲れた猪の内臓を抜いて、一頭丸ごと冷凍庫に入れてあったもの(冷凍庫に立てて押し込んだ上で、ドアが開いてこないようにガムテープと紐で冷凍庫をグルグル巻きにしてなんとか保存しました)を、網の上で丸焼きにしよう!という話になりました。ただ、中まで火を通すのは難しかったので、結局は手足や肋を分解したり、表面の焼けた部分からナイフで削ぎ落としたりして、少しずつ焼いていくスタイルに落ち着きました。

1、猪肉の内臓を出して中を洗い、被毛を剥ぎ取る。炭火をおこし、網の上にのせて丸焼きにする・・・予定でしたが、なかなか火が通らないので、その場のアドリブで部位を切り分けて網焼きにしました。

画像1

画像2

画像3

2、猪肉なのでしっかりと火を通し、焼けた肉、焼けた部分から順次スライスして、スパイスをつけて食べました。

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

まとめ:この日のスパイスは、中国東北部の瀋陽でコックさんをやっていたという方が持ってきてくださいました。粗挽き唐辛子とクミンシードとごまを混ぜたシンプルなものでしたが、これが猪肉BBQにめちゃくちゃ合う!いつもの感覚なら、まずは塩、胡椒、山椒などが思い浮かびそうですが、さすが中華の料理人!しかも東北地方!という感じの組み合わせで、とてもおいしくいただきました。火をしっかり通したので、肉がパサついたり硬くなったりしないか心配でしたが、それは杞憂に終わりました。とても美味しかったです。集まった30人近い参加者たちも、私と同じようにジビエの風味を堪能し、楽しんでくれたのではないでしょうか。

ジビエの手引き *ジビエお料理リスト *ジビエをおいしく食べるコツ 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
旅人/作家/害獣解体作業人/木こり 著書:インパラの朝、リオとタケル、N女の研究、ラダックの星、など。訪れた国:約100ヵ国。他に、駆除害獣(鹿&猪)の解体とジビエ肉の配布、また伐採など森の整備をやっています。https://akinakamura.net/