中村安希
猪リブの香草焼き
見出し画像

猪リブの香草焼き

中村安希

今週は久しぶりに猪が掛かりました。鹿が掛かったと連絡があって現場に行ったら、追加で猪が2頭掛かっていて、急遽そっち(猪1頭分)も解体することになりました。外でバラして、家にパーツを持ち帰り、鹿を切り分け、猪を切り分け、真空パックしてから、鹿のリブを分解して犬用に干して・・・とぶっ通しで作業をしていたら、あっという間に6時間が経過。最後に猪のリブが袋に残り、だけど猪は鹿より処理が面倒だし(加熱必須)、どうしようかなぁと思いつつも、あまりに疲労困憊で考えるのも嫌になって、とりあえず塩を入れた熱湯に放り込むだけ放り込んでからシャワーを浴びて就寝。それで翌日に仕切り直しをして作ったのがコレ。猪リブの香草焼きです。

材料:
猪の肋骨、ローズマリー、ニンニク、塩

1、猪の肋骨を塩茹でする。最初は中火でアクを取りつつ、残りは弱火で。ぜんぶで30分〜40分くらい茹でました。(猪のサイズが小さかったので、リブは切り離さず、まるごと調理しました)

画像1

画像3

2、ローズマリーを刻み、ニンニクをすりおろし、オリーブオイルに混ぜる。

画像3

画像4

3、茹でておいた肋骨(冷蔵庫で一晩保存)に(2)を塗り付け、180度のオーブンで焼く。

画像5

4、予熱から25分くらい焼いて裏返し、裏面にも(2)を再度塗り込んで10分焼く。

画像6

5、加熱が終わった後も、オーブンにしばらく入れっぱなしにして余熱で香りを付ける。

画像7

6、適当に切り分けたら出来上がり。

画像8

まとめ:お肉が柔らかくて、臭みもなく、十分美味しかったです。ほんのり塩味で香りもよくて、塩茹でして正解だったかなと。
以前、鹿のリブを漬け込んで作った時より臭みがなかったのは、猪が小さかったからか、猪肉の特徴なのか、塩茹でのおかげなのか、理由はわかりませんが、次は鹿肉でも同じようなものを作ってみようと思います。それから、今回は時間がなくてできなかったですが、塩茹でのあと、香草じゃなくてスパイスを塗り込んでグリルをしても美味しそう。やってみようと思います。


ジビエの手引き *ジビエお料理リスト 

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!