見出し画像

美味しいお土産

戸塚琢磨

こんにちは、僕です。
この前ジンジャーエールの試飲をしてもらうために、集落の人達とか色々と会ってたんですけど、その中で頂いたり試食させてもらった物をご紹介!

ジビエ肉うどん

先ずはジビエ肉うどん。これは猟師会長の息子さんがやっている定食屋で新メニューを作ったという事で、僕のジンジャーエールとお互いに試食・試飲をさせてもらった物です。。
これはただの肉うどんじゃありませんよ、猪肉のしぐれ煮が入った猪の骨の出汁を使った肉うどんです。
一言で感想を言えば
「美味しい。」
二言で感想を言えば
「めちゃくちゃ、美味しい。」
先ずはスープ。
イメージだと猪って野生の豚だから豚骨っぽいんじゃないの?って思うじゃないですか。
思わないですかそうですか…
この猪骨(なんて読むかわからないですが)スープ、鰹との合わせ出汁なんですが、コクが有って上品な美味しさなんでございます。
後味に変な余韻が残らず、全部飲み干してしまえるほど。
そしてしぐれ煮は生姜の香りが滲みて、お肉も柔らかい。美味しゅうございました、岸朝子です。

ジビエソーセージ

次に、ジビエセンターで試食用に頂きましたソーセージです。
いくつか種類は有ったのですが、その中でもシカ肉ソーセージを食べてみました!
味は…
「美味し!」
赤身肉を使ってるのかな?よく市販の安いソーセージでわざとらしく肉汁入れてる物も有るじゃないですか(市販のも十分美味しいですけどね!)
このソーセージは肉の旨味というか風味がわかるソーセージですね。
味付けされた油の味が邪魔してこないので、肉を感じる事ができます。
逆に言うとジュワ~!って感じじゃないです。
これは主観ですけど、高級な感じがするw
もっと他のジビエソーセージも食べてみたいと思わせる一品でした!

猪肉

そして、猟師さんから分けて頂きました猪肉。
これはジンジャーエールで浸し終わった生姜スライスで何か料理が出来まいか?と考えている時に生姜焼きにしたらどうかな…と相談したら
「猪肉でやったら面白いかもな~持っていって良いよ!」
と頂いた物です。

既に下ごしらえしてある状態のお肉だったので、柔らかくて臭みも無く、美味しい料理ができました!できたのは生姜焼きではなくゴボウや人参と鰹出汁で煮た料理なんですけどね…でもめちゃくちゃ美味しかった!!

実はジンジャーエールの残りのスライスを使って、生姜焼きはテスト的に少量作ったのですが、全然合わなかったんですね。そもそもジンジャーエールのスパイスの香りと肉が全然合わない(涙)
ま、料理に失敗はつき物ですからね!
料理して思ったんですが、猪肉は煮込み料理の方が相性が良いのかもしれませんね、部位にも因るのでしょうけれど。

大豆

大豆は猟師会長が味噌を自前で作ってると聞いて見せて貰った時に、味噌を作った際に余った物を頂きました。
この大豆はF1種ではない固定種と言われる物で、猟師会長の家で毎年種を取りながら、味噌作り用に育てている貴重な物です。ちなみにF1種とはフォーミュラーワンの略ではないです。たぶん。

知っている方も多いとは思いますが、簡単に言うと固定種というのは、種を植えて、育った植物から取れる種をまた次に植えれば同じように育つ種の事です。F1種はそれができません。
種メーカーが売っている種は基本的にF1種が多く、毎回種を買ってこないといけないんですね~

固定種の種も売ってはいるので、買ってくればそれでいいんでしょうけど。
僕は猟師会長から大豆を貰った事に喜びを感じたんですね。
何か大切な物を頂いた気がしました。
だから食べるのに少し躊躇していて、まだ冷蔵庫の中に大切にしまってあります。
もし食べるとしたら、シンプルに醤油で煮て食べようと思ってます!
それと、土に植えて大豆を育ててみようとも思いました。

わらしべ長者

今回僕は、自分で作ったジンジャーエールを試飲してもらいたくて出向いていった訳ですが、逆に訪問する先々で手土産を頂く事になって、大変恐縮してます。。わらしべ長者の様な、そんな気分になりました。

でもこれが田舎の良い所なんでしょうね。
困っていたら自然と助ける。
別に僕は困ってませんが、でも困ったときにはこういう人たちって助けてくれるんだろうな~と思いながら、お土産よりもその心意気の方に感謝感激した一日でした!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!