生まれ育った、海の街の話。

生まれ育った、海の街の話。

わたしの成長の近くには、いつも海があった。 海の近くでは息がしやすい。海の街の、暖かい風が好きだ。生ぬるい潮風の安心感。いつも包み込んでくれて、それでいいよ、マイペースでいいよ、と言ってくれている気分になる。 今、これを書いている今も、ふっと潮の香りがしたような気がして。ぎゅ、と苦しくて泣きたくなる。これをエモい、っていうのだろうか。 わたしの生活には、海がずっといてくれた。 小学生のラジオ体操は、早朝の海。早い時間の海は静かで、子どもながらに大好きだった。潮干狩りや磯

3
コロナのおうち暮らしを幸せにするヒント満載・・・「勝間式超スローライフ」勝間和代

コロナのおうち暮らしを幸せにするヒント満載・・・「勝間式超スローライフ」勝間和代

この本も、なんか日々の暮らしを変えたいなあ、もっと快適に暮らしたいなあ、という方にヒントになるアイデアがたくさん詰まっています。ちょっとずつ、試してみるだけで、着実に、一歩ずつ、幸せ度がアップすると思います。 勝間さんのライフスタイル、考え方がわかりやすく、一冊の本にまとまっています。一気に読めます。ヒントがいっぱいつまっています。 いつも、サポートメールで指摘したり、youtubeで語っている内容ですので、勝間さんの考えに触れているひとには復習に、あまり縁がないひとには、

4
フランス🇫🇷ハンモックと蚊除けゼラニウム

フランス🇫🇷ハンモックと蚊除けゼラニウム

PETITE SIESTE DANS UN HAMAC ハンモックでお昼寝・・・の季節 Un Petit Bonheur de faire la petite sieste dans un hamac en gardant un pot de géranium AntiMoustiques. ハンモック な季節到来。お伴は、お馴染み(何度かご紹介している) 蚊除けゼラニウム・・・こちらが、"今年の新色"。 地中海に面したマルセイユ暮らしで気をつけているのは、蚊。 同じ

9
集中タイムを求めて喫茶店へ。

集中タイムを求めて喫茶店へ。

昔から、家で勉強ができない子だった。 完全にスイッチが「外・内」で変わるタイプで、家にいつつ「集中モード」になるのが苦手。家は、いつだってだらだらするための場所だ。(自論) ずっと家でだらだらと過ごしているので、今日は集中スイッチを押しに喫茶店へ。わたしのやる気スイッチは、すこぶる重たい。 * 8月1日。今日からもう8月になるらしい。7月の記憶が一瞬だったのだけど、世間は確かに夏休みに入っているようだ。セミも鳴いているし、毎日うだるほど暑い。 7月は動画編集を学んでい

2
最高に幸せな未来は、美味しいコーヒーとともに。

最高に幸せな未来は、美味しいコーヒーとともに。

屋久島への旅の終えて、コーヒー豆の焙煎への情熱がさらに熱くなっています。 コーヒーを飲む時間というのは、自宅にいようが旅をしていようが僕にとってなくてはならない必須の時間です。 旅している最中も、いつでもどこでもコーヒーを楽しめるように、携帯用のドリッパーとコーヒーミルを持ち歩いています。旅先のコーヒーショップでコーヒー豆を買い求めて、いつもとは違うコーヒーを楽しむというのが僕の趣味の一つとなっています。 ちなみに僕が使っている携帯用ドリッパーはこれです。 これよいで

15
#08 自転車通勤のすすめ~超満員電車通勤から自転車通勤になってよかったこと~

#08 自転車通勤のすすめ~超満員電車通勤から自転車通勤になってよかったこと~

 学生の頃から一度もしなかった「自転車通勤」。まさか社会人になってからできると思わなかった。始めるまでは、予想もできなかった良かったことの話。 東京にいたころ、東京の郊外に住んでいた私は、毎日片道1時間半かけて品川にある職場まで通っていた。  朝の都心に向かう電車は、言うまでもなく超満員電車。収容人数を遥かに超えた車両に、身体をねじ込めるように乗り込み、押し潰されながらギリギリの体勢で目的地を待つ。夏なんて汗でベトベトの人と隣になった日には、この世の終わり…。  そんな東京

3
お花のある暮らし。部屋に夏が来た。

お花のある暮らし。部屋に夏が来た。

花が飾ってある部屋に、いつからだか憧れていた。 部屋がぱっと明るくなるし、気持ちも明るくなる。お花があるだけで、ちょっと日々の暮らしが豊かになるなあ、なんて思った。 * お花のある生活に憧れてはいたものの、なんだかずっと踏み出せず、お花屋さんに行っても見て帰るだけだった。散らかってる部屋に飾っても…とか、すぐに枯らしてしまうよなあ…とか思うとなかなか買えなくて。きょうは友達と一緒にお花屋さんに行けて、ようやくデビューできました。 ひまわりを、一輪。 まだ組み合わせとか

2