Poison

今日、久しぶりに友人と会う。
コロナの影響もあり、かれこれ
半年ぶりだろうか。
気がつけば付き合いは10年位になり
私の少ない友人の中でもエース級の友だ。

彼女とは、前に在籍してた会社で出会った。
中途で入社して来た彼女は、
見た目は、子猫
中身は、狂犬
のような子だった。
理詰めで圧倒し、たまにお口が滑り
毒のある、言わなくて良い一言で
追い討ちをかける。
討論の末、上司が屍のようになっていた

もっとみる
ありがとうございます。
1

スイス人の毒草ガーデンの私家版~毒を知らないと薬も使えない。毒の理解について

ともえ@ハーブファスティング中です。
(→よかったら自己紹介を読んでね)

今日のお話は、スピリチュアルよりな話。

ここ数週間、あるもやもやするテーマを探っていたのですが、その答えが出ました。詳しいもっとコア&ディープな話は別ブログに書くとして、こちらのnoteの方では、純粋にハーブに関わる部分のお話をしようと思います。

私が2010年に出会ったメンターであり親友であるドイツ人のおばあちゃんカ

もっとみる
ありがとうございます♪励みになります💕
11

得から得られる徳はもはや毒

近年では、テレビやネット上に限らずあらゆる場所で「○○をするとお得!」などの文言が溢れている。

いわゆる「お得情報」というやつだ。

しかし、この情報というものがもたらす得というものは一体誰に向けたものなのかが個人的に分からない。

また、何らかの事柄に関して「得をする」ということ自体に疑問すら感じている。なぜなら、「得をする」という行為自体に自らの預かり知らぬところで損をすることがまるで悪いこ

もっとみる
豆苗は栄養あるからオススメ
2

エンジェルトランペット(誕生花ss)

彼女をひと目見た時、灰色で覆われていた世界が鮮やかな色彩に包まれた。視覚だけではない、聴覚も嗅覚も触覚も研ぎ澄まされて、まるで先ほどまでの自分は死体だったのかと思うほどだ。
 天使が現れたのだ。 
 深夜の地下街に舞い降りた天使は、もうコートが必要な季節だというのに薄手の白いワンピースで、人のまばらな通路を、軽く飛ぶように歩いた。なぜだか呼ばれたような気がして、ふらふらとその後ろを追う。私と同じよ

もっとみる
秋はやっぱりお部屋で読書! 他の記事も読んでみませんか?
1

「虐げられてる人は、逃げないのではなく、逃げられないのです。」みたいな”的外れな擁護”はれっきとした暴力!

”モラハラ被害を受けている人は、逃げないのではなく、逃げられないのです。”

モラハラ相談を受けてるカウンセラーの言葉。 ちゃんちゃらおかしくて、へそが茶〜沸かすわ〜笑

こんなセリフで、「被害者の味方」の顔して「的外れな擁護」することは、モラハラ加害者よりもタチが悪い”サイレント暴力”やで〜!

「被害者を支援する側の人間は、”逃げないのではなく、逃げられないのでは?”という部分について、常に考

もっとみる

水銀万能説

なんか、錬金術で、水銀が重視されたとか言われてて、ニュートンの髪の毛にも水銀が検出されたとか書いてあって、古い科学なんやな、と思ってたら、赤ちんは水銀(正確には水銀化合物)でできてるらしい。「昔は結核も治せんくらい医療が進んでなかったけん、赤チンでも塗るしか方法なかったんよ」って、水銀、ガチやん。万能薬、不老長生薬。つよい。まあ、身体にも害があるし、消毒くらいにしかならんのやろうけど、意味あったん

もっとみる

時間と言葉の遣い方

今日も朝から
目の前の公園にいる男性の怒号が聞こえる
ああ、がっくり
またか…
4年ぐらい前から早朝に親子野球練習が始まり
コーチをするお父さんの言葉遣いがひどいのだ

バカヤロー、てめー!
何度言わせるんだ!
アホかー!
頭ついとんのかー!
嫌ならやめちまえー!

お父さん
あんたは朝の大事な時間を使って何やってんの
使っている言葉はそっくりそのまま
あんたが受けとらないと

4年も毎日続けて練

もっとみる
うれしい( ´∀`)
3

四六時中、毒親子

現在の家で私の部屋は毒母とその次男(毒兄)の部屋に挟まれて真ん中にある。

夜間から翌朝の就寝時間になると、両サイド  の部屋から凄まじいイビキが聞こえて来る。

今朝なんかコイツらのイビキするタイミング  が見事にシンクロしていて2倍うるさかった。

いくら普段共謀して私を傷付ける大嫌いな      そっくり親子だからって、そこまで似る?

起きていても寝ていても、息を吸うように      私を

もっとみる
みんな、ありがとー🎶🎸
7

世界は毒に満ちている

世界は決して綺麗ではない。

世界は決して優しくない。

毒は世界を侵食し、あらゆるものを壊してゆく。

それでも希望はあるだろう。

人間には、一筋の希望がある。残された最後の光が。

旅は続く。

ありがとう(*´艸`*)❀
9

昔住んでいたお家まで散歩してきた🏠🚶【目指せ10km!】

2020年5月4日。
引きこもりの画伯ちゃんは体がなまっていた。

2ヶ月ほどまともに歩いてすらいない。
そして、この日仕事が休みだった当時の元カノ。

"通話も運動も兼ね備えたい!"
そう思った画伯ちゃんは想いをぶつける。

「いいよ〜✨」

やったぜ。
散歩通話に付き合ってくれるようだ。

"5月頃になると精神が不安定になる"

出会った時から、そういう共通認識を持っていた。
"その時期が苦手

もっとみる
わーん!ありがとー!!!!!
55