アートとメルヘンと創作の森

アイコンを変えました。フォロバ98%見落とす場合もありますのでご容赦くださいませ。 スキ、コメント有難うゴザイマス、スキを頂いた方のサイトへは出来るだけお伺いしていますが、かなり時間がかかっています(すみません<(_ _)>。気長にお待ち頂けますと幸いです(#^.^#)。

アートとメルヘンと創作の森

アイコンを変えました。フォロバ98%見落とす場合もありますのでご容赦くださいませ。 スキ、コメント有難うゴザイマス、スキを頂いた方のサイトへは出来るだけお伺いしていますが、かなり時間がかかっています(すみません<(_ _)>。気長にお待ち頂けますと幸いです(#^.^#)。

マガジン

  • 私が愛しいと思った皆さまの記事。私のおすすめ記事

    私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

  • note詩歌を集めましょう

    • 493本

    noteで「詩歌」カテゴリーができるまで、noteに投稿されている詩や短歌、俳句なんかを集めていきましょう。皆さんが見つけた詩歌の投稿、詩歌に関する研究論文など、自由に登録して、シェアしませんか?

  • 私が愛しいと思った皆さまの作品。詩、写真、絵、画、創作など

    私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

  • 「ピピのつばさ・1ページ絵本」

    「ピピのつばさ・1ページ絵本」は、 ピピのつばさに登場する楽しいキャラクターたちが活躍する1話完結のお話しです。 更新頻度は不定期ですが、20話以上の予定です。

  • 連載小説「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」

    ボクは、数年前に、近所の家の壁にヤモリが張り付いているのを初めて見た。その時は、なかなか愛嬌のある生き物なんだなと思っただけだった。 しかし、それから数年たったある日の事。我が家の壁に張り付いているヤモリを発見した。 それからと言うもの、時々はボクの目にふれる所に、まるで「旦那さん、今日はいい天気ですね」と言ってでもいるように現れるように成った。 そんな訳で、ボクは、ずっとそのヤモリが気になっていたのだったが。ある日note記事のネタに困ったボクは、そのヤモリを記事に登場させようと思ったのだが。 書いているうちに、いつの間にか小説になっていたのだった・・・。 これが連載小説「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」なのです。

最近の記事

固定された記事

「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」第34話「妖怪火車(かしゃ)現る」

「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」登場人物投げ銭方式ですので無料で読めます 売れない画家の草野ハルオと、占いサイトを運営する妹のサクラは、関東近郊の芸術家たちが集まる風来町のオンボロ屋敷に住んでいた。 2人は、助けた迷い猫のコムギが恩返しにと、流れ星に願った事によって不思議な力を得たオンボロ屋敷棲むヤモリの桃色ヤモリくんと。 何故か近所に住む、ちょっとオッチョコチョイだが人気陶芸家のゴダイさんと。 ひょんな事で知り合った平和を愛する妖怪カッパくんと共に、悪の妖怪ぬらりひ

スキ
307
有料
280
    • 慈悲の心

      慈悲とは、 慈悲の心 昨今、巷では、 宗教と政治との関係が取りざたされていますが。 宗教でも政治でも、 慈悲の心を、忘れてしまっているような気がしてなりません。 大切なものは何か 宗教でも政治でも、もっとも大切な事は 「生きとし生ける者に幸福を与える(与楽(よらく))のが慈であり、不幸を抜き去る(抜苦(ばっく))のが悲である」 と申しますように。 慈悲の心、なのではないかと思うのです。 慈悲をアカウントネームに 慈悲の「慈」をアカウントネームにしていら

      スキ
      99
      • ピピのつばさ・1ページ絵本「オシャレなみの虫」

        ピピのつばさ投げ銭方式ですので無料で読むことが出来ます どこか  遠い 遠い 世界の  広い 広い 海の上に  小さな かわいい 島がありました。 その島には  心やさしい 果物の妖精たちが 住んでいたのです・・・。 「オシャレなみの虫」 クモのクロニエルは、大空にあがる凧のように空中を風に乗って、丘の上の木にやってきました。 しかしその木には、先客の、みの虫たちが住んでいたのでした。 この木で、いちばん年の若い、みの虫が言いました。 「去年作った、この

        スキ
        84
        有料
        130
        • 「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」第38話「妖怪肉餃子・前編」

          「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」登場人物投げ銭方式ですので無料で読めます 売れない画家の草野ハルオと、占いサイトを運営する妹のサクラは、関東近郊の芸術家たちが集まる風来町のオンボロ屋敷に住んでいた。 2人は、助けた迷い猫のコムギが恩返しにと、流れ星に願った事によって不思議な力を得たオンボロ屋敷棲むヤモリの桃色ヤモリくんと。 何故か近所に住む、ちょっとオッチョコチョイだが人気陶芸家のゴダイさんと。 ひょんな事で知り合った平和を愛する妖怪カッパくんと共に、悪の妖怪ぬらりひ

          スキ
          90
          有料
          280

        マガジン

        マガジンをすべて見る
        • 私が愛しいと思った皆さまの記事。私のおすすめ記事

          • 1,051本

          私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

        • note詩歌を集めましょう

          • 493本

          noteで「詩歌」カテゴリーができるまで、noteに投稿されている詩や短歌、俳句なんかを集めていきましょう。皆さんが見つけた詩歌の投稿、詩歌に関する研究論文など、自由に登録して、シェアしませんか?

        • 私が愛しいと思った皆さまの作品。詩、写真、絵、画、創作など

          • 843本

          私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

        • 「ピピのつばさ・1ページ絵本」

          • 9本
          • ¥650

          「ピピのつばさ・1ページ絵本」は、 ピピのつばさに登場する楽しいキャラクターたちが活躍する1話完結のお話しです。 更新頻度は不定期ですが、20話以上の予定です。

        • 連載小説「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」

          • 39本

          ボクは、数年前に、近所の家の壁にヤモリが張り付いているのを初めて見た。その時は、なかなか愛嬌のある生き物なんだなと思っただけだった。 しかし、それから数年たったある日の事。我が家の壁に張り付いているヤモリを発見した。 それからと言うもの、時々はボクの目にふれる所に、まるで「旦那さん、今日はいい天気ですね」と言ってでもいるように現れるように成った。 そんな訳で、ボクは、ずっとそのヤモリが気になっていたのだったが。ある日note記事のネタに困ったボクは、そのヤモリを記事に登場させようと思ったのだが。 書いているうちに、いつの間にか小説になっていたのだった・・・。 これが連載小説「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」なのです。

        • つぶやき・・・

          • 105本

          日々の雑感的つぶやき・・・

        • 私が愛しいと思った皆さまのチャリティーなどの要素を含む記事。

          • 51本

          私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

        • 童話「タンポポの詩」

          • 10本
          • ¥500

          タンポポの花と、ふもとの街で見た少年と少女の物語。 少年は、街の広場で歌を披露しその日を暮らしていました。 その少年の場所から見えるとこにはパン屋さんがあって。 そこには、少年と年の近い少女がいました・・・。 (更新頻度は不定期ですが、月に一.二度は更新の予定です)

        • 詩 詩作 私の詩や詩に関する事

          • 32本

          黒澤はるおの詩

        • 💥Non-Fiction❗私の緊急入院💉顛末記📔💦

          • 10本

          私が昨年の12月に救急搬送されて緊急入院の記録

        • 私が愛しいと思った皆さまの記事。私のおすすめ記事

          • 1,051本

          私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

        • note詩歌を集めましょう

          • 493本

          noteで「詩歌」カテゴリーができるまで、noteに投稿されている詩や短歌、俳句なんかを集めていきましょう。皆さんが見つけた詩歌の投稿、詩歌に関する研究論文など、自由に登録して、シェアしませんか?

        • 私が愛しいと思った皆さまの作品。詩、写真、絵、画、創作など

          • 843本

          私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

        • 「ピピのつばさ・1ページ絵本」

          • 9本
          • ¥650

          「ピピのつばさ・1ページ絵本」は、 ピピのつばさに登場する楽しいキャラクターたちが活躍する1話完結のお話しです。 更新頻度は不定期ですが、20話以上の予定です。

        • 連載小説「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」

          • 39本

          ボクは、数年前に、近所の家の壁にヤモリが張り付いているのを初めて見た。その時は、なかなか愛嬌のある生き物なんだなと思っただけだった。 しかし、それから数年たったある日の事。我が家の壁に張り付いているヤモリを発見した。 それからと言うもの、時々はボクの目にふれる所に、まるで「旦那さん、今日はいい天気ですね」と言ってでもいるように現れるように成った。 そんな訳で、ボクは、ずっとそのヤモリが気になっていたのだったが。ある日note記事のネタに困ったボクは、そのヤモリを記事に登場させようと思ったのだが。 書いているうちに、いつの間にか小説になっていたのだった・・・。 これが連載小説「オンボロ屋敷の桃色ヤモリくん」なのです。

        • つぶやき・・・

          • 105本

          日々の雑感的つぶやき・・・

        • 私が愛しいと思った皆さまのチャリティーなどの要素を含む記事。

          • 51本

          私が、良いな素晴らしいなと思った皆さまの作品や記事を勝手に選んで展示しています。そして私以外の多くの方にも、もっともっと知っていただきたいなとの思いで(私の記事などよりも多く読まれている記事が多いですが)🍀🙂。 忖度ばやりの世の中で、誰かに忖度しないと生き残れなかったり出世できなかったりする世の中ですが。そもそも作品や記事を書く上で(新聞、テレビ、映画)誰かに忖度する必要があるのでしょうか? 少なくとも私は自分の感性に正直で自由でありたいと思っています。ですので誰にも忖度なしで選びます😆 でも私にとってこれは損な事なのかも知れません😅 そして、そんな私に勝手にマガジンに選ばれるのは心外だとお考えの方も当然いらっしゃると思います。その場合は、展示はダメじゃとか、いやよと、お知らせくださいね🍀😆(購入済みの記事はマガジンには追加できないそうですので入れておりません)。

        • 童話「タンポポの詩」

          • 10本
          • ¥500

          タンポポの花と、ふもとの街で見た少年と少女の物語。 少年は、街の広場で歌を披露しその日を暮らしていました。 その少年の場所から見えるとこにはパン屋さんがあって。 そこには、少年と年の近い少女がいました・・・。 (更新頻度は不定期ですが、月に一.二度は更新の予定です)

        • 詩 詩作 私の詩や詩に関する事

          • 32本

          黒澤はるおの詩

        • 💥Non-Fiction❗私の緊急入院💉顛末記📔💦

          • 10本

          私が昨年の12月に救急搬送されて緊急入院の記録

        記事

        記事をすべて見る
          • 青空に 赤く咲く花 さるすべり

            今日、街路樹の百日紅の花が咲いていて、青空に映えてとても綺麗でした。 綺麗な花を見ると、 その美しさを、写真や、動画に撮って残しておきたいと思います。 そして、花の美しさを残すと言う事では、 押し花作りもそのひとつの方法でしょう。 僕も、押し花を作ってみた事がありますが。 あまり上手く出来なかった事だけは覚えています。 美しい押し花と言えば、 僕は、aiさんの作られる押し花を思い浮かべます。 aiさんの作られる押し花は、額装されていてとても美しい作品に仕上げ

            スキ
            154
            • 小説「僕が電車で泣いた訳」2197文字

              投げ銭方式ですので無料で読めます 「電車に乗って」 僕は、悲しかった。 とても悲しかった。 僕の目から、涙が頬をつたわり、ポロポロとこぼれ落ちていた。 僕はなぜ、そんなに悲しかったのだろう。 それは、遠い遠い過去の記憶・・・。 僕は、電車の座席に、ちょこんと座って窓の方を見ていた。 景色は、車窓を流れて、そしてしだいに僕の生まれ育った家を遠く離れて行く。 「この先、君は、見知らぬ家の子に成るのだよ」 とでも言っているように。 電車は、寂しい山の中をどんど

              スキ
              102
              有料
              330
              • 旅という言葉は何だかワクワクする

                行先を  決めない 旅を してみたい。 海の 見える 場所で のんびりと 本を 読んでみたい。 一夜を 過ごすのは 行きずりの 宿で良い。 絶景が 見られたら それだけで充分。 でも 僕には そんな 旅に出る エネルギーも 金もない・・・。 なので僕は、noterさんの記事を拝見して旅をした 気分を味わっていると言う訳です!(^^)!。 と言う事で、素敵な記事を書かれているnoterさまのご紹介です。 なぐなぐ様 なぐなぐさんは、旅日

                スキ
                150
                • 連載童話「タンポポの詩」その9「優しい王様と蝶」

                  「タンポポの詩」その9「優しい王様と蝶」投げ銭方式ですので無料で読むことが出来ます。 「タンポポの詩とは」 ある、月の美しい晩。 タンポポは、丘の上を飛び立っって、噴水広場の前に舞い降りるとそこで芽をだしました。 それは、タンポポが、街の噴水広場の前に、美しい声で歌う、たて琴弾きの少年がいる事を知っていたからです。 少年の歌う、噴水広場の前には、小さなパン屋さんがありました。 そしてそこには、母親を手伝う可愛らしい少女がいたのです。 貧しい歌うたいの少年と少女は

                  スキ
                  110
                  有料
                  280
                  • 映画「プラン75」はSF映画「ソイレントグリーン」よりも怖ろしい。

                    映画『PLAN 75』とは舞台は近未来の日本、超高齢化社会の日本において年齢が75歳に成ると自分の意思で死を選ぶ事が出来る法律が国会を通り施工されます。 初めは無関心で、ただ機械的に仕事として携わっていた若者たちが。老人たちとの交流を通して、その事の理不尽さに気づいてゆくという物語です。 カンヌ国際映画祭 カメラドール 特別表彰!映画『PLAN 75』予告 SF映画「ソイレントグリーン」とは「ソイレントグリーン」とは、1973年公開でチャールトン・ヘストン主演の近未来S

                    スキ
                    123
                    • ピピのつばさ・1ページ絵本「蜘蛛のクロニエルの冒険」

                      ピピのつばさ投げ銭方式ですので無料で読むことが出来ます どこか  遠い 遠い 世界の  広い 広い 海の上に  小さな かわいい 島がありました。 その島には  心やさしい 果物の妖精たちが 住んでいたのです・・・。 「蜘蛛のクロニエルの冒険」フルーツ島のリンゴさんの家から、そう遠くない場所に、1本の、ハルニレの木がありました。 そのハルニレの木には、凧が1つ引っ掛かっていたのです。 その凧は、ピピとリスのチキチキが、凧揚げをしている時に糸が切れてしまって

                      スキ
                      121
                      有料
                      130
                      • 若鮎の 二手になりて 上りけり

                        「若鮎の 二手になりて 上りけり」 これは、正岡子規の俳句です。 子規と言えば、「写生文」です。 写生文とは、 写生とは、スケッチの事で、 子規が、その重要性を悟ったものです。 子規の俳句は、 僕は、これは見たものをそのままに写す、風景写真やスナップ写真にも通じるものがあると思っています。 ですが、子規は、退屈なものを、そのままだらだと写すのは良くないとも言っています。 僕たちが、ただ漠然と自然を見ていたのでは、自然は単調な風景に見えるかも知れません。 し

                        スキ
                        162
                        • 高齢の家族が自宅で亡くなった場合どうなるのか。自宅での看取りを覚悟するだけでは不十分だった話し。(体験談)

                          投げ銭方式ですので無料で読むことが出来ます。  ご購入や、投げ銭(お幾らでも嬉しいです)、サポート頂けますと、とても助かります。スキや、おすすめだけでも、うれしいです。 最後の時を、どこで迎えるのか 少し前の日本では、自宅で最期を迎える人が8割だったそうです。 しかし近年では、病院で最後を迎える人が8割で、自宅で最期を迎える人は1割程度だそうです。 外国と比べてみると、病院で最期を迎えるのはアメリカで4割、デンマークでは3割ほどだそうです。 しかし調査によると、日本で

                          スキ
                          124
                          有料
                          870
                          • 山椒大夫も羅生門も、モノクロ画像が美しかった。

                            カラー映像と白黒映像日本のテレビのカラー放送は、世界で2番目で1960年からだそうです。 しかし、僕の幼い頃は、まだカラー放送は少なく、 映画もテレビも、白黒の画像でそれが当たり前だったのです。 ところが、だんだんとテレビの番組表に 「カラー」と言う表示が出てくるようになります。 「カラー」という表示があると、その番組はカラー放送と言う事なのですが。 しかし、カラー放送は白黒テレビでは観る事が出来ず、カラーテレビ受信機が無ければ観られなかったのです。 テレビより

                            スキ
                            142
                            • 日曜日にエコバッグを持って、いざ鎌倉と車の〇〇〇〇を買いに行ったこと。

                              もう梅雨は、明けたんじゃないかと思わせるほどの、ホットプレートの上に転がっているような暑さと、これからの長いだろう夏を思ってビビっている僕ですが。 これは、そんな暑さも嘘のようだった、去年の師走に入った頃のお話しです。 遠くに見える山の頂も、もう、うっすらと雪化粧を始めるころの事でした。 僕は、掃除やら食事やらの家の片づけを済ますと、買い物に行く事にしました。 その頃は、だいたい週に一二回の買い物が必要だったのです。 僕は、いつも通りに、例の職務質問されるほどのオン

                              スキ
                              112
                              有料
                              130
                              • ショウリョウバッタは幸せの宇宙を飛ぶ

                                ファンタジー詩「ショウリョウバッタは幸せの宇宙を飛ぶ」投げ銭方式ですので無料で読めます 投げ銭 サポート ご購入 頂ければ ありがたく 助かりますが スキだけでも喜びます  ヒュー  ドーン ドーン 花火の音は  運動会の朝 僕は 憂鬱な気持ちで  雑草交じりの 校庭の芝に寝転んだ すると 細長い顔と体の バッタが  空たかく 飛び立っていった 僕は その細長くて  大きなバッタの 背に飛び乗った バッタは 僕をのせて  空たかく どこまでも 飛び上がって

                                スキ
                                134
                                有料
                                130
                                • 緑色と一口にいっても色々な緑色があります

                                  山々や、街中の緑も。 目にも鮮やかな緑が、輝く季節ですね。 しかし、緑色と一口にいっても色々な緑色があります。 どれくらいの種類があるのかと言うと、これ位の種類はあるようですよ。 わりと淡い緑色ですね。 少しだけハッキリとした色に成りました。 まだまだ、ありますよ。 濃い緑色もありますね。 黄色っぽい緑色もありますね。 なぜ僕が、緑色に多くの色の種類がある事を書いたかと言うと。 画を描く時にも、一色の緑色だけで描いてしまうと単調な画に成ってしまいますよね。

                                  スキ
                                  170