インターネットでも読めるミニコミ誌『シネマズライフ』第146号再発行しました!!
http://p.booklog.jp/book/129112/read
【映画の風景 日本の風景】『王様と私』
『無限の住人』『ベン・ハー』
【名作紹介】『鬼畜』 よろしくです!m(_ _)m

きっと、いい事ありますように ❤!
3

映画「12人の死にたい子供たち」

終始廃墟という限られた場所から出ないで物語が進んでいくので、閉塞感があり、ドラマチック性は無かった。
だがそれが製作者の狙いなのかもしれない。

若者の集団自殺をテーマにしていて、各々の死にたい理由が違っている。

苛められていて死にたい者、不治の病で死にたい者、好きなアーティストの後追いをしたい者、、、

あり得そうな自殺願望で、突拍子も無いものは感じなかったが、母親に保険金を掛けられていて、他

もっとみる
ありがとうございます!
1

2019/11/25 映画「湯を沸かすほどの熱い愛」鑑賞

映画タイトル:「湯を沸かすほどの熱い愛」
鑑賞方法:Amazon Prime Video
監督:中野量太
製作年:2016年
個人評価:★★★★★★★★☆☆

かなり評判の高い映画だったので鑑賞。
今まで観てきた映画の中で一番泣いた気がする。兎に角序盤から終盤まで泣かせにくるシーンの連続だった。言ってしまえば予告動画でもうるっと来たくらい。
そしてキャスト陣も皆素晴らしい演技、特に宮沢りえさん、杉

もっとみる

「楽園」

監督:瀬々敬久
製作国:日本
製作年・上映時間:2015年 129min
キャスト:綾野剛、杉咲花、佐藤浩市、柄本明、村上虹郎、片岡礼子、黒沢あすか、根岸季衣

 地方で起きた少女失踪事件と同じくある村で起きた事件。
 原作は吉田修一氏の短編集『犯罪小説集』。この中の二編「青田Y字路」と「万屋善次郎」がこの作品では一つにまとめてある。

 田園のシーンから始まった。田舎に限らず実際に住まない限りは

もっとみる

浪花千栄子さんがモデル。若い頃に「女中」をなさってたそうで、一年後もヒロインは「女中」やって苦労するのか(笑)。ケチな事でも有名でそこらへんはどうなるのかな?
→来秋朝ドラ“ヒロイン”は杉咲花「パワーと勇気を」『おちょやん』に決定 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191030-00000345-oric-ent

うれしいっす!!
1

第45回週間映画興行収入ランキング(2019年10月第3週)

【第45回週間映画興行収入ランキング(2019年10月第3週)】

今週のランキングは「ジョーカー」VS「マレフィセント2」VS「映画スター☆トゥインクルプリキュア」。
「ジョーカー」のV3か?
「マレフィセント2」の初登場1位か?
「映画スター☆トゥインクルプリキュア」の初登場1位か?
また、「フッド ザ・ビギニング」、「楽園」は果たして何位にランクインできるか?

「エンタメの殿堂」では最新の

もっとみる
スキありがとうございます。
3

予告詐欺感が否めない『楽園』

2019年公開映画169本中130位。

ちょっと思ったのと違う映画だったかな。。。

とある村で起こった未解決の少女失踪事件。
その12年後、再びその村で少女がいなくなる事件が発生する、、、
という話。

予告編を観ると、事件の真相を暴いていく刑事モノっていう気がしたけど、
実際はそういうサスペンスではなく、
事件が起きた後の人々の心境を追ったヒューマンドラマって感じかな。

犯人ではないかと疑

もっとみる

ゴッホ展に行ってきた

7月。おうちで布団で転がりながらInstagramを見ていたら、大好きな杉咲花ちゃんがストーリーを載せていて、思わずひょ~!と声をあげてしまった。「ゴッホ展のナビゲーターをさせて頂くことになりました!」。これはファンとして行かねばならぬ!と思い、手帳にゴッホ展の開催日程を記入した。

そして、今日、開催してから初めてのお仕事のお休み(台風休暇は除く)。行ってきた!!!

本当は10時位に到着する予

もっとみる

「芸能人格付けチェック」全データ

【「芸能人格付けチェック」全データ】

このnoteはテレビ朝日「芸能人格付けチェック」の様々なデータを記載しています。
読み応えのある内容となっているので、是非1度ご購読ください。

『「芸能人格付けチェック」全データ』
(通常版)
【第1回】
2005年1月3日
平均視聴率 10.2%

【第2回】
2005年9月23日
平均視聴率 17.8%

【第3回】
2006年1月3日
平均視聴率 1

もっとみる
よろしければ購読お願いします。