谷口浩之

ビデオ映像クリエイター、インターネットコンテンツ製作者。 電子機器メーカーの機械設計者をへて、数年前から、ビデオ制作を生業の中心にしています。 YouTubeを中心に制作発表したビデオコンテンツ5000本程度 毎日、数本以上のビデオを制作アップし、日本映画研究もやっております。
    • 2021年新作テレビドラマ放浪記
      2021年新作テレビドラマ放浪記
      • 71本

      2021年のテレビドラマの感想記録です。

    • 2021年新作映画レビュー
      2021年新作映画レビュー
      • 21本

      2021年に観た新作映画のレビューです。ネタバレもありますので、気をつけてお読みください。スポンサーに媚びたりするものはありませんので、その辺りは、無防備に呼んでいただいて大丈夫です。

    • 「あの頃、文芸坐で」(映画に恋し、そこが大学だった時代)
      「あの頃、文芸坐で」(映画に恋し、そこが大学だった時代)
      • 62本

      私が大学に行かずに映画を学んだ場所は、旧池袋文芸坐です。その頃のプログラム「ぶんげいしねうぃーくりぃ」から、その時代と、私の映画の思い出みたいなものを書き綴っていきます。お暇なら、よっていってください。

    • ロマンポルノと対峙した日々(「あの頃、文芸坐で」外伝)
      ロマンポルノと対峙した日々(「あの頃、文芸坐で」外伝)
      • 19本

      文芸坐に通った傍で、ロマンポルノを追いかけた日々の記憶を辿ります。スクリーンの向こうに展開された、日本映画外伝的な風景が描ければと思っています。

    • 2020年新作映画レビュー
      2020年新作映画レビュー
      • 90本

      新作映画を映画館で観たもののレビューまとめです。結構、ネタバレ平気で書きますのでお気をつけください。あと、忖度なしに、感情の赴くままに、面白い、つまらないとハッキリ書かせていただいております。

    • すべてのマガジンを表示

「ネメシス」楽しそうなオリジナル脚本の中で、広瀬すずがどこまで弾けるか?

「SRサイタマノラッパー」の入江悠が総監督のオリジナルドラマ。テレビもNetflixみたいなものと戦わなければいけないわけで、少し作り方を変えてみるということなのかもし…

「BLUE/ブルー 」ボクシング映画が、目指すもの?それに、期待するもの?

ボクシング映画というので観にいく。まだ、昨年の「アンダードッグ」の残影が残る中での鑑賞で、やはり観終わった後の感想は「物足りない」というところだ。 映画は3人の…

「レンアイ漫画家」疑似恋愛からリアルな愛が生まれ、仕掛けた人間が惚れる話だよね。

山崎紗也夏 原作の漫画「レンアイ漫画家」のドラマ家。漫画のような漫画の話。それなりに面白そうなラブコメには仕上がりそうな感じはした。 鈴木亮平と吉岡里帆という組…

「生きるとか死ぬとか父親とか」ドラマにできるエッセイを書けるジェーン・スーの凄み

このドラマの原作者、いや原作エッセイの作者、ジェーン・スー女史を私が知ったのは、彼女が最初のラジオのレギュラーを持った「TOP5」という番組だった。ラジオから流れる…

「サンドラの小さな家」かなり悲惨なエンディングと未来への希望の見せ方

アイルランドとイギリスの合作。監督は「マンマ・ミーア」のフィリダ・ロイド。企画、脚本、主演がクレア・ダンということで、彼女の描きたかった世界を、監督がアシストし…

「モコミ」橋部敦子さんを向田邦子賞に導いたドラマとして、家族を考えるドラマとしてもっと語られるべきだと思う。

「モコミ〜彼女ちょっとヘンだけど〜」の最終回をやっと視聴。観る前に、脚本の橋部敦子さんがこのドラマで向田邦子賞を受賞されたニュースが流れてきた。 橋部さん、今ク…