祖母が亡くなって最期の迎え方を考えた①

初七日が過ぎ、落ち着きを取り戻してきたのでnoteに書いてみようと思う。

私の祖母の最後は自宅であったと思っている。というのも祖母の容態が優れなかったで一応119番をしてみたのだ。救急隊が玄関の三和土に到着した瞬間に彼女の息が止まり、その場で心肺蘇生へ。だが、結局息は戻らなかった。その後搬送先の病院でCTの検査が行われた。間質性肺炎を患っていたこともあり、急性ウイルス性肺炎を起こしたことが原因と

もっとみる

最期の在り方

昨年、父が亡くなってから自分の最期を
よく考えるようになった。

もし夫より先に私が逝った場合、遺言書でも残さない限り、夫は本家の長男でもあるのできっと 実家のお墓に私は眠る事になるのだろう。
だが私は出来るなら、いや絶対に夫の実家のお墓には入りたくないと言うのが本心だ。

夫の両親は既にふたりとも亡くなっていて、
生前、特に義父の生き方が嫌で嫌で
たまらなかった。でも、祖父母と同居でお爺ちゃん子

もっとみる

死や別れと向き合う強さ

みなさんおはようございます。

ひたすらnote更新おざなりにしていました。

そして、12/10にはかくれ架BASEというところで、イベント開かせていただきます。

モヤモヤしてる人の最初の一歩を踏み出せる会にしたいと思います。

そして、自分の弱さとひたすら向き合う時間にしたいと思います。

自分の弱さってなんでしょうかね。

“できない”ことを肯定しない自分でしょうか

欠点を洗い出して自己

もっとみる
嬉しい!ありがとう😊
2

Day 21 死ぬ前にあなただったら何を願いますか?

とても切なく、辛い気持ちになった。

「MOMENT」

ある病院での噂があった。

「死ぬ前に願い事を叶えてくれる必殺仕事人が死ぬ直前になった人の前に現れる」

その願い事は病人によってさまざまである。

〇   〇   〇

私がこの本を読んで悲しくなったのは、人生の最後を憎しみや悲しみで終える人が小説の中で多かったからである。

ある老人は、最初は、過去の罪を償いたいが、それももうできなくな

もっとみる
あなたにも幸せが訪れますように。
1

ずっと

ずっとここにいる気がする

ずっとあなたと居る気がする

ずっと笑っていたし

ずっと泣いてもいた

ずっと働いていて

休みの日はずっと映画を観てた

ずっと生きてきた気がする

ずっと長い間生きてきた気がする

正確な長さとかは分からないでも

「ずっと」生きてきた気がする

目を閉じると最期な気がする

そしたらずっと誰かに覚えていてほしい

1人でもいいずっと誰かに。

とても嬉しいです。いいことありますように。
5

今日は「いい家の日」。皆様、終の住処についてはお考えですか? 家で最期を迎えたいなら、今から行動を起こしましょう。決して持ち家は必要じゃないです。自分が「家だ」と思える場所であれば大丈夫。いつか必ず迎えるゴール、納得の場所で迎えましょう。あ、療養病棟はあまりオススメしません(笑)

きっとあなたも大丈夫!
1

時間を大切にできる意識の持ち方、人生最後の時まで自分で選択していこう

人生について考えるとき、時間の流れと向かい合うことは避けることができません。時間を強く意識することで、正しい目的設定や、より精度の高いスケジューリングができるようになりたいと思い、本書を手に取りました。今回は本の要約というより考えたことの要約になりそうです。本のタイトルからわかるように、センシティブ(感じやすく、デリケート)な話題です。大丈夫そうならぜひ最後までお付き合いください。

■ 老衰とは

もっとみる
これからも頑張ります!
5

ひとり

1人で生まれてきたとしよう

誰もが1人で誰もが独り

最初に母に出会い父に出会い姉に祖父に…

友達ができたり仲間ができたり

でも生きていて、見渡して孤独だと決めつける時がある

衝動的に孤独だと思わないでほしい

必ず最初と最期は独り

その間はそうではない

独りであり1人ではあるけど

孤独ではない

現実的、自分の動きも必要な事が多い

でも、もがけば孤独でなくなる方法はいくらでも出て

もっとみる
楽しい1日になるといいですね。ありがとう。
7

今日が最期かもしれない。

”今日が最期かもしれないと思っていますね。”

2年前、あるメンバーが言っていた言葉を思い出しました。
外部から他社の新入社員さんを招いて、うちのデイサービスにいるスタッフにインタビューをする企画をやりました。

ーいつもどんなことを考えてお仕事をされているんですか?

「どんなこと・・・、でも、この仕事ってご高齢の方を相手にするので、いつも”今日が最期かもしれない”と思ってますね。」

そのイン

もっとみる
有り難すぎる!!!感激です!!!
2

令和の虎の番外編@最期のチャンネル

こんにちは。
note8回目の更新です。

おかげ様でTwitterのフォロワーが90人(能力がなさ過ぎてゆっくりですが・・・)一日づつ増えていくのはモチベーションになります。

今回は令和の虎がきっかけで好きになったYouTuber

「最期のチャンネル」に関して色々と短く書きたいと思います。

プレゼン中に思ったこと

「そこらへんのサラリーマンより出来る人なんじゃね!!」

とにかく、ハキハ

もっとみる