帝国主義

新着の記事一覧

考察「ウクライナ情勢の原因」

21時間前

水村美苗の『日本語が亡びるとき』、あるいはコミュニケーションが亡びるとき(3)(2009)

米山リサの講演を聞いた。20世紀にフェミニズムが広がった背景として、西洋におけるアジアの男尊女卑観、米国の日本占領時に「女性解放」が利用されたこと、同じ論理がアフガン侵攻にも使われたと指摘。その上で、地政学的利害との癒着からくる限界をどう超えていくかという刺激的な講演だった。

小川哲『地図と拳』:何もかも風のやうに過ぎてしまひますわ。もうぢき。

参政党について

コーヒーブレイク7回目:現在の世界はどの時代に似ていて、近い未来に何が起こるのか?

コロナショックドクトリンについての近著の「あとがき」ちょっと出し

1か月前

理論的〈正しさ〉の限界:不破哲三『現代社会と科学的社会主義』

【翻訳】米国政府は公然とロシアを破壊することを提唱している