笠井康弘

多趣味な京都の大学5年生。一年間の留学から戻って来て、現在は休学中。日記的な内容から考え事まで色々と。器用な文章は書けないですが、ゆるく読んで頂ければ幸いです。TwitterのDMで感想とかも待ってます!

笠井康弘

多趣味な京都の大学5年生。一年間の留学から戻って来て、現在は休学中。日記的な内容から考え事まで色々と。器用な文章は書けないですが、ゆるく読んで頂ければ幸いです。TwitterのDMで感想とかも待ってます!

    マガジン

    最近の記事

    固定された記事

    なぜ急に、note?

    はじめまして ベタすぎる自己紹介のフレーズみたいになってしまいますが 旅行と写真が大好きな、京都の大学三年生の笠井康弘です。 僕は、旅行先での写真を中心に ほぼ毎日?Instagramに写真を投稿して楽しんでいます。 真面目な発信というわけではなくて、完全な自己満足の域ですが笑 時系列で投稿、という謎のこだわりがあって 時差投稿が酷いんですが、少しでも覗いて貰えれば嬉しいです。 https://www.instagram.com/yasu_kasai/?hl=ja ※トッ

    スキ
    86
      • 大学生の思う「成功者たちの共通項」

        今朝は、マイケル・ジャクソンの「ヒール・ザ・ワールド」を偶然聞いていた。親の影響で小さい頃聞いていて、自分のSpotifyにも保存してあったのがふと目にとまったのがきっかけだった。この曲の歌詞には、「for the entire human race」(全人類のために)という部分がある。いや、考えている事の規模がやっぱりデカい。すごい人ってすごい。(語彙力皆無)と思った。他にもすごい人を想像してみると、みんな似たような「全人類のために」「祖国のために」的発想があるのかなと思っ

        スキ
        8
        • 暇は怖い(情報中毒?)

          最近は取り憑かれたように情報を頭に詰め込んでいる。今まで読みたかった本、みたかったYouTube、見てみたかったアニメなどだ。留学していた間、思うように連絡が取れていなかった友達との電話も、「情報量」(くだらないことを話して笑っている時間がほとんどだったりもするが笑)は多い。休学中だから、毎日学校もフルタイムの仕事もないわけで、ありがたいことに時間はたくさんある。もっと気楽な生活を想像していた。空き時間で、今までずっとしたいと思って溜め込んでいたことがついに出来る期間なのだか

          • 思い巡らす夜の散歩。

            自分で言うのもなんだが、大学生になってから、自分には新しい知識が増えたと思う。昔と比べると、人生の楽しさの質が変わったと言えるのかも知れない。上手く言葉にできないが、より高度に、より複雑になってきた実感がある。これはとても贅沢な悩みだと思うけれど、手放しで喜べるかと言われればそうではない。知れば知るほど、辛いのかも知れない。常識も、常識を知っていて初めて、非常識が気になる。ルールも知らなければ、ルールを破ってしまっているかどうかもわからない。何もかも、知らない方が開放的に、の

            スキ
            10

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 紹介頂いたシリーズ
            笠井康弘
          • お父さんお母さん方へ
            笠井康弘
          • カメラ関連
            笠井康弘

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            日記:今朝の散髪屋で思ったこと

            二十歳のお兄さん 今朝は、髪を切りに行ってきた。いつもとは違う店に行ってみよう、ということで、なぜか、春から札幌配属になった京都の大学の友達のオススメのお店に行ってみた。地元にいながら、ここが地元じゃない友達からオススメをされる、というのはなかなか不思議な経験だった。その友達は僕の中ではいろんな方面で「こだわり」を持っているカッコいい友達だ。だから、全面的に信頼を置いている。そして、やっぱり大正解。腕が良かった。最初に顔剃りをしてくれたちょうど20歳のスタッフの方、雰囲気が

            スキ
            7

            noteとの付き合い方

            この、私にとって「書く」ということ、という記事を読ませてもらっていました。(↓)素敵な文章でした。それを読んで自分が考えたことについて書きたいなと思って、今はパソコンに向かっています。気に入った箇所を、引用(多少の編集あり)しながら書いていきたいと思います。 https://note.com/pw_fuokumi/n/n8c69958f8c26  noteとの付き合い方というのは、最近の僕にとってはちょっと難しいんです。義務じゃないけれど、どこか義務のようなんです。毎日で

            スキ
            22

            「プラごみ」から始まる散文

            プラごみ 小学校の頃に、資源分別センターに見学に行った。あの汚いプラスチックからくる強烈な匂いは、未だに覚えている。その話を家に帰ってした日からは、我が家ではリサイクルできるプラスチックを綺麗に洗うようになった。コンビニ弁当の汚れがついたプラスチックフィルムなどを、皿を洗うかのように丁寧に洗うのは正直言って面倒で、時間がかかる。だが、キレイな状態でプラスチックをリサイクル出来るのが理想的なのは想像に難くない。リサイクル工場では、手作業で、リサイクル出来るプラスチックとそれ以

            スキ
            5

            仕送りとアルバイト。

            効率 唐突だが、アルバイトは、正社員として働くのと比べると「自分が提供している労働」に対して貰えるお金の効率が良くない。コンビニの夜勤をしていた一年間、ずっとこう思っていた。学生身分で大した能力もないのに、こんな横柄な事を言うべきではないとは思う。だが、一つの事実として書いてみた。生活リズムを犠牲にして、身を擦り減らしているのに、深夜手当は少ししか出ない。週に3回ほどシフトに入って、10万円近いお金を貰えていたのだが、自分の健康面を考えると、夜勤は決して良いアルバイトではな

            スキ
            12

            「美」について

            この文章で、一番の伝えたいメッセージとしては、「美」それ自体は、思った以上に揺らぎがあり、はっきりしない、多義的な概念であるということだ。 ※今回の記事は、11ヶ月前(2021年7月末)に大学四年の夏休み前に芸術関連の授業のレポートを書かなければならなかった時に遡ります。「そうだ、noteの画面で文章を書けば、趣味の時間を楽しむかのようにレポートが提出できそうだな」と思いついたのがきっかけで、ここに文章を書いていました。「noteの画面」の力を借り、「これは課題じゃなくてた

            スキ
            7

            アメリカ、note、己を知る。

            2021年8月 アメリカに着いてから、何かとたくさんの「人生初」に出会ってきている。旅行でも一度も来たことのないアメリカ本土にリュック1つとスーツケース2つで来た。着いてからまず感じたのは、とんでもない「車社会」だということだ。空港から街までのバスや電車は、ほぼない。みんなそれぞれに車を持っているのが大前提だ。日本から自分の身一つでやって来た自分にとって、公共の交通機関が全然ないということは、タクシーやUber以外の選択肢が与えられていないということになる。だが、自分のこれか

            スキ
            6

            時間とモノと思い入れ。

            近況報告留学のため、アメリカのテキサス州のデントンという街のホステルに今はいる。入寮まで、一応10日間は寮ではない宿で過ごさないといけない。だから、今は毎日自分の時間がたっぷりある。久しぶりに立ち止まれている気分だ。ここ最近は忙しくて、noteと向き合う時間がなかった。noteを始めてからずっと、時間を見つけてはフォローしている人の記事を読んだり、自分でもnoteを執筆して楽しんでいた。でも、試験前になってパソコンと向かう時間が一段と長くなると、画面に向かうのが億劫になってし

            スキ
            16

            僕のGoogle食べ物リスト

            タイトル、どういう意味?僕は「自分の中の行きたい店リスト」が多い人間だ。と言っても、リストなんてものがある事自体があまり一般的ではないと思う。どんなものかと言えば、行きたいな、と前を通ったりしたタイミングで気になったお店にはピンが立ててある。食べ物、カフェ、お菓子などのジャンル毎にGoogleマップに保存してある。友達と街にいる時に、アプリを開けば自分の行きたいと思っているお店が沢山出てくる。それが、なかなか友達に重宝される。会うエリアだけが決まっていて、ご飯の話をしていると

            スキ
            14

            外食する時の価値観。

            世の中はなんだか不思議なもので、大学生は未だにキャンパスでみんなで授業を受けられない。別に文句を言いたいわけじゃないんだけれど、帰り道に楽しそうに遊んでいる小学生とか、部活帰りの中高生を見ると少し羨ましい。これは最近結構思うこと。この話はあまり関係ないのだが、本題に少しずつ近づいていく。最近は近所のごはん屋さんに行くのが、幸せなひとときになっている。オンラインの各講義の課題を淡々とこなして、留学の手続きに追われるだけの生活では、正直やってられない。自分で選んだ教科ではあるけど

            スキ
            19

            交流会でお話できたみなさま②

            ちゃわんさん主催のnote交流会にリピートで参加させて頂きました。とても楽しかったです。刺激的な内容を忘れないように、ここに書き残しておきたいと思います。今は、交流会中に書き残していたメモを見ながらこのnoteを書いています。今回もためになることがたくさんで、メモをどんどん取りたくなってしまうような内容でした。自分が物凄いスピードで何でも忘れていくということに気付いてから、僕はメモを前よりもよく取るようになりました。(もっと早く気付けよ) ちゃわんさん色んな人と話すと発見が

            スキ
            33

            note交流会に参加する前の僕

            今日はあと一時間ちょっとで、ちゃわんさん主催の交流会に、2回目の参加をさせてもらいます!楽しみです。 生活リズム僕はいつも夜寝るのが早い(大体日付が変わる前には体力が切れて就寝)割に、朝はのんびりです。というわけで、今日もいつもと変わらず8時ちょっと前に、目覚ましはなしで起床しました。まあ、8時間寝る大学生はなかなかいないだろうなぁなんておもったりはするんですが。笠井康弘自体の燃費が悪いみたいで、たくさん寝ないとどうもすっきりしないタイプです笑 酷いときだと日中に昼寝もする

            スキ
            24

            交流会でお話し出来たみなさま

            ちゃわんさんが主催してくださったzoomの交流会に参加させて頂きました。勝手ながら、お話させていただいた方の紹介(僕の個人的な感想の比率が異常に多い)をしたいと思います。今はnoteを通じて繋がれた皆さんとの刺激的で充実した90分の直後で、モチベが上がっているので、熱が冷めぬうちに書いてみようという試みです笑 ちゃわんさんまずは改めて、今回の企画をしていただいて本当にありがとうございました!とっても楽しかったです。ちゃわんさんは、僕がnoteを始めた頃からフォローさせていた

            スキ
            30