”note”で何をしたいか?

こんばんはぁ〜。

歯科衛生士❤︎二井愛子です❤︎

「歯科衛生士」で 、クリエイティブ が繋がりにくいかな…と思います。

クリエイティブって、自分の想像や想い、アイディアを形にする。

アメブロは10年やってるのですが
多くの人が自由にみれる自分を表現した「ブログ」ですが、
プライベートを書くことが多すぎて😅
歯科衛生士のこと書く時に淀むように感じるのです。

”note”では、歯科衛生士と

もっとみる
また来てくださいね〜\(*ˊᗜˋ*)/
2

学会中止

明日、参加予定の学会が新型コロナの影響で中止になりました。学会の50周年を記念する年でもあり、Local Chairの教授は個人的に親しくさせて頂いており、というか、母校開催というまたとない機会の学会だったのですが、とても残念です。現地に行くこともできません。悔しい。この悔しさをバネに前進みます。今日はこの日の気持ちを忘れないための自分のNOTEです。

もっとみる

「○○大学の研究で報告された」だけでは信用できない

大学院で研究について学んでいくと、いかに世の中が信用できない情報であふれているかが分かるようになってきます。テレビの通販やニュース番組、ネットの記事などたくさんの情報がありますが本当に記憶に残して実生活に活かすべき情報はごく一部だと思います。少しでも良い情報を見分ける能力を高めていただけたらと思います。

研究の発表

タイトルにもあるようによく「○○大学の研究で報告された」ということを聞くことが

もっとみる
嬉しいです!ありがとうございます!よかったらコメントもお願いします
7

200529 ぬるいコーヒー学会

今年度の学会の年会開催をどうするかという議論をしている。とはいえ、実際のところは議論にもなっていなくて、一部の人の「オンライン開催する」という決意のもとで話が進んでいる。一応体裁上だけ議論をしたことにした、みたいな状態だ。そんな状況に対して思うところはもちろんあるけども、それは公式には存在しない観念世界の話なので、どうこうしようというつもりはない。

とにかく「オンライン開催」をするということは決

もっとみる

日本外科学会定期学術集会完全Web開催~外科医のここだけの話~

新型コロナウイルス感染症の影響に伴って、多くのイベントが中止や開催延期となっています。

国内外の多くの学会もしかり。
僕は外科医なので日本外科学会(日本の外科医が最も多く入会している学会)はというと、完全Web形式で開催することが決まりました。
https://www.jssoc.or.jp/jss120/index.html

学会はもちろん最新の知見を勉強する場であり、自分たちの成果を発表し

もっとみる

心理学「臨床心理士」「公認心理師」などについて

早速ですが本題に入らせて頂きます。

まず、どういった心理カウンセラーを目指すかによって、進む道は全く違ってくると思います。その流れとして、大きく2つあるかと思います。

ただ言えることは、心理カウンセラーとして食べていくには今の日本社会ではかなり厳しいと言うのが現実です。

民間資格でも有名人(心屋さんなど)になり、クライエントさんを獲得して生計を立てて行くひともいれば、心理学の先生(大

もっとみる
有難う御座います♬
17

研究会・学会設立希望へ 協賛金依頼書

新しいものが生まれると、すぐに知見を共有しあう文化、研究会や学会が設立されやすい業界、医療・介護系分野において、フォーマットにしていていいだろうと思うものを共有していきます。

今回は、最も大事なお金に関係する協賛金依頼書です。実際にこちらを使用してお金を集めて開催した経験があります。世話人の先生方のご人望によるものが多かったものではありますが、後進の参考になれば。。。

余談ですが、去年もこちら

もっとみる
よっしゃー!がんばる!ありがとう!
2

200519 学会のオンライン開催について

役員をやっている学会で、今年の年次大会をどうするかの議論があり、委員会あてに送ったメイルの内容の転載。適当に改変している。

▶規定上の位置づけ
・総会(社員総会)は開催必須という法律(法人法)の制約。実施方式についても細かな規定がある。(でも極論、社員が納得していれば多少の脱法は...)
・年次講演会の実施は、本会の定款で位置づけ(第4条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。(1)

もっとみる

研究会・学会設立希望へ 世話人依頼書

看護系の教育起業に関しての情報共有をしてきましたが、看護師の免許をもっているのに、看護学部よりも医学部とお仕事をすることが多いです。

研究会・学会設立

そのために、医学部の教授のネットワークを構築して研究会の設立や学会設立のお手伝い等をさせて頂くことが多いです。最近は、デジタルヘルスやIoMT学会に医療AI協議会にIT×医療に関する研究会や学会がたくさん生まれていますが、新しい治療法があるとそ

もっとみる
感謝致します。引続き精進します。
5

明石康さんにお会いした夏(1999年、東京)

1999年の夏 (於 東京)

私には国連で長年活躍した明石康さんに直接お会いする機会がこの人生でたった一度だけある(その後は一度もないのだが)。その出会いを今思い出すと、大学1年の夏であったこと、さらには自分では全く予想もしていない形でそれが起こったことを改めて思い出す。

明石康さん

明石康さんは、国連にて活躍した日本人の第一人者だ。国連職員や外交官を経て、1992年に国連カンボジア暫定

もっとみる