脳卒中後の嚥下障害に対する咽頭電気刺激について簡単に解説

みなさんおはようございます。BRAINの針谷です。 本日のテーマは「脳卒中後の嚥下障害に対する咽頭電気刺激について簡単に解説」です。 本題に入る前にお知らせをさせてください。 7月1日(木)、「運動イメージと運動錯覚の神経基盤と脳卒中リハビリテーションへの応用」というテーマでBRAINの特別…

フレイルの認知機能について考える:ポイント3つ

目次 1.認知症があっても日常生活が送れる高齢者は多い 2.ポリフォーマシーによって薬剤性認知機能低下になる可能性がある 3.高齢者の認知機能低下は地域や家族の協力が必要 認知機能の低下がみられる高齢者に対して、どんなフォローをすべきか、どんなことに注意すべきかが、今日の記事を見…

田舎のデイ起業セラピストが考える「はじめてのお試しデイサービスでの評価経験」

本日も臨床BATONにお越し頂きありがとうございます。 225日目を担当させて頂くのは、5月1日からオープンした私のデイサービスがおかげさまで徐々に利用者が増えてきており、7月からは看護師をパートでいれて、定員を増やしていこうと計画を立てて動いている田舎のデイ起業セラピストことPT貴田農士です…

100

なんでも屋さん

こんばんは。 今日は児童発達支援のお仕事でした。 仕事内容は基本お子さんの送迎と、お子さんと遊ぶこと、介助が必要なトイレや食事などのお手伝い、あとは医療的ケアが必要な子の場合は看護士の指示の元、手伝える部分は手伝ったりもします。 今日はそういった基本的なお仕事以外の業務も振ってい…

虎杖悠仁です

こんばんは、神戸市東灘区の訪問看護ステーションだんけの代表、虎杖悠仁です。いえ、上河原です。 比較的今週はネタになるような写真を多めに撮っていたのでご紹介します まず表題の写真。先日、息子の散髪に行ってきました。どんなのにすんの?と聞くと「イタドリユウジ」と。流行ってますね、呪術廻…

作業機能障害について

今日は作業療法の対象について考えてます。 作業療法の対象は「ハンド」「認知症」「高次脳機能」「ADL」「IADL」「環境調整」など幅が広いです。 疾患や問題点は異なりますが、共通しているのは上手く作業遂行が行えていない状態だと思います。対象は幅広いですが、作業療法の目指す先は対象者が作…

才能・強みは時として、自分を苦しめるかも知れない

才能・強みは、自然と努力なしにできてしまうので、他者が手こずってる時、やれてない時には腹が立ってしまう。 責任感が強ければ、投げやりな人に腹が立つ。そしてキャパを超えて全てを背負い込もうとする。 共感性が強ければ、配慮ない人・心ない言動をする人に腹が立つし、内省が強ければ、『なん…

訪問リハビリあるある!セラピストの提案に難色を示す利用者さんには、どう対応するの?

訪問リハビリでは、 自宅で生活困難を抱えた利用者さんに対して様々な提案を行っていきます。 例えば、歩く時にふらついてしまい 転びそうになる利用者さんに対しては 歩行器のレンタルを提案していきます。 立ったり、歩いたりすることができてきた利用者さんに対しては、家での活動量が少ないので…

運動療法の分類

お疲れ様です。脳リハです。 本日は… リハビリテーションで行われている運動療法の分類と定義について列挙していきます。 運動療法の定義運動療法とは…   「障害や疾患の治療や予防のために運動を活用すること(厚生労働省)」   と、幅広い定義になっています。 ここで言う運動療法は、主に整…

+1

100日曼荼羅アートチャレンジ  今日の曼荼羅 4日目