実は最大のコンプレックスを超えたかった、だけ

わたしが社会人になる理由、
それは、
実は最大のコンプレックスを超えたかったからなのだと気づいた。

疑問を持ってしまう対象は、基本的に自分のコンプレックスそのものだと思う。
コンプレックスの対象を疑ったり、否定したりすることで、人は世界で1番可愛い自分を守る。
わたしも、そうだったんだと思う。

新橋で行進してる、サラリーマンたちを疑っていた。
その姿は、わたしが生きる世界とは違うことに対してほ

もっとみる

ポカポカな人 / 否定

🎈今日のポカポカ【ポカポカな人】

今日はお友達の大地君のおうちに夜までお邪魔させてもらったんだ。大地君のお母さんもお父さんも優しくてポカポカしたなぁ🎈

あと、めありぃ最近凄く思うんだけど、大好きなお友達の大好きな人って、本当に本当に素敵な人だなぁといつも思うんだ。【こんなに温かい太陽みたいな人が存在するのか……!】って思うぐらい温かいの。まさにポカポカという言葉がピッタリの人達なんだ。

もっとみる

あなたの意見を表明し発信してください

最近は少ないですが、時々コメント欄に「それは違うと思います」とか「こういう書き方をして欲しかった」というコメントが来ることがあるんです。
別に否定はしませんが、あなたはあなたの意見を発信すればいいのであって、元記事を引用するのもいいだろうし、自分はこう思うというのを自由に言えばいいんです。

世の中にはいろんな考え方があるから面白いんです。
納得いくものもあれば、なんじゃそりゃ?というのもある。

もっとみる

ドリームキラーにご用心!

どうも、高尾トンビです!

ドリームキラーと言う言葉を知っていますか?

誰かの夢や目標を聞くと、邪魔したりやめさせようと必死になってくる人のことです。

このドリームキラーには、単純に「ムカつく」とか「モチベーションが下がる」とかいうレベルの話ではなくて、「注意すべき」問題点があります。

ドリームキラーの3つの問題点

ドリームキラーの問題点は次の3つです。

1.ドリームキラーの目的は、「挑

もっとみる
アナタのスキのおかげで今日も頑張れます!
6

否定から始まる相談

誰かに相談する事は誰にでもある。

例えば、会社員なら上司や先輩

父母や夫妻、色んな相談する側と相談される側ペアがある。

そんな中で相談した瞬間に否定から始まる事が割と多いのではないでしょうか?わたしも両方の経験をしたことがある。

今思えばもったいない事をしたと反省する。なぜなら聞き手側は話を聞いてほしい、こうしたい、ああしたいと何かしらの承認欲求を求めてやってくるのだ。そこを否定から始まる

もっとみる

【重要】意見やアドバイスを「批判や否定や責められている」と感じたり怒り反発する、その心理とは?

非常に大事な話。
指導者・指導される立場の方に、是非読んで欲しい。

子育てとは?教育とは?その影響。

意見やアドバイスを、「批判されている」「否定されている」「責められている」と感じたり、怒り反発する、 その心理とは?

批判などについては前から書いていますが、同じ言い方と内容で伝えても、人によって「アドバイスを有難い」と感じる人と、「批判された、責められた」と感じる人がいます。

何が違うの

もっとみる
サンキュー✨
2

「あれはないわ」と思ったときは

自分の価値観とあわない人を見ると
「あれはないわ」と批判したり

また他の誰かをみて
「ああなったら終わりやな」と批判したり

そうやって
批判や否定ばかりしていくと

同時に
自分もその人と
同じになってしまうのではないか
同じになったらどうしよう

いや
死んでも同じにはなれない。

そういう恐れが自分の中に生まれる。

これまで散々
否定し
批判し
馬鹿にしてきたわけだから

自分が同じ状態

もっとみる

楽しくないご飯

誘われたらついうっかり
行ってしまう

楽しいと思ってたのに
なんか違うなって思うことも

つい8ヶ月前とかは
全然楽しかったのに
あれ?もうこの人とは会わないな
って決めてしもた。

初めてや

いつも連絡するのが億劫で疎遠になる

何を思われるんやろ

なんで急に連絡してきたん?

え、なんか売られる?
ビジネスの誘い?
などなど不安な感じが出ます

私は疑いますね。
急に連絡してなに?
って

もっとみる
スキありがとうございます!すごくhappy!です😍

そのエネルギーはどこから沸いてくるんだろうか。

否定し続けて何が残るのか知りたい話。

年末くらいからとても興味深い環境に身をおいています。
周りの人間がディスりや否定しかしません。
たった一つ間違ったことをバカにし続けて、楽しそうに笑っている。
なぜそのようなことが楽しいのか?
なぜそのようなことに夢中になっているのか?
と疑問が尽きないです。

確かに世の中にはそれは受け入れられません的なこと(凶悪犯罪など)もあるけれど、
あの人が~
この

もっとみる

ただの否定には意味がない。中学生で映画を作ってみてわかったこと。

ー自己紹介ー

皆さん初めまして中学生映画監督の塩田航佑です(Twitterアカウントはこちらから)。2019年現在中学3年生。神奈川県の中高一貫に通っています。「中学生映画監督」という肩書は私が初めて監督させていただいた作品「雨百合 Rain Lily」を第7回八王子ShortFilm映画祭に出した際にいただきました。めちゃくちゃ気に入っているのですがもうすぐ高校入学。肩書も「高校生映画監督」へ

もっとみる
スキありがとうございます!感激!
7