それぞれの優先順位
+2

それぞれの優先順位

根室という街を訪れた。 朝、観光バスに乗る前に散歩していると、北方領土返還に関する看板がいくつも立っていた。 この街にとっての優先順位に、領土返還があるのだ。 他の街とは一つ、違う優先順位だろう。 とはいえ、ロシアの都市と姉妹協定も合わせて結んでおり、断絶という温度感ではない。 色んな街が有り、課題が有り、優先順位があって、人が居るんだなと、そう思わされる朝だった。

安倍元総理のスピーチライターとDappi?さて。
+1

安倍元総理のスピーチライターとDappi?さて。

谷口智彦氏1957年、香川県高松市に生まれる。1976年に岡山県立岡山朝日高等学校を卒業。上京し、東京大学に進学した。東京大学では法学部に在籍し、1981年に卒業した。大学卒業後は日本朝鮮研究所にて研究員に就任し、1984年まで務めた。同年、東京精密の従業員となり、翌年まで勤務した。 ジャーナリストとして 1985年より2005年にかけて日経BPにて勤務した。『日経ビジネス』の記者を経て、欧州特派員としてイギリスのロンドンに渡った。その後は主任編集委員などを歴任した。また、

スキ
21
最果ての地
+2

最果ての地

日本最東端の地、納沙布岬。朝一の観光バスで降り立った。 10月初旬、オホーツク海から吹き付ける風が冷たく、ずっと立っては居られなかった。 この日の天候は幸いにも晴れ。 普段は見られない、最も納沙布岬から遠く、113km離れた国後島まで視認することが出来た。 見えるのに、行けない。距離は京都-和歌山間なのに、降り立つことが出来ない。 そんな不思議さと、どこか虚しさとを覚える、そんな北海道最東端の地だった。

駐日韓国大使もスパコンも、何をやってもトホホな韓国政府のわかってない感がすご過ぎるw

駐日韓国大使もスパコンも、何をやってもトホホな韓国政府のわかってない感がすご過ぎるw

今日 は時間もないので、早速記事本編に入りたい。 テーマは「何やってんだよ韓国w」だ。 最初は、顰蹙を買いまくって日本へ赴任したカン・チャンイル駐日韓国大使の話からだ。 WoWKoreaの記事になる。 赴任後、日本首相・外相との会談0回…「私が会わなかった」と言う駐日大使=韓国報道 10/8(金) 23:49配信 WoW!Korea 今月6日、駐日および駐中韓国大使館を対象に行われた国会外交統一委員会の国政監査で、カン・チャンイル駐日韓国大使が凍りついた日韓関係を改善する適

スキ
14
日本政府の遺憾砲。

日本政府の遺憾砲。

バ韓国「竹島とった」 日本「遺憾であります」 北の国「日本人連れ去ったし、ミサイル打つよ」 日本「遺憾であります」 ロシア「北方領土渡さないって憲法に書いた」 日本「遺憾であります」 China「尖閣とった」 日本「遺憾であります」 C「沖縄とった」 日本「遺憾であります」 C「新潟とった、北海道とった、九州とった、etc...」 日本「遺憾、遺憾、遺憾」 あはは。

2021年6月の北方領土での軍事演習のまとめ(3.2)
+4

2021年6月の北方領土での軍事演習のまとめ(3.2)

 お久しぶりです。前回のまとめ(3)で、「18師団が防御陣地で戦うため、どのように組織立てしているかについて、つまり、②編制とその特性は次にします」と見大栄を切ったのですが、今回はその前提の話になります。  詳しい方はスルーしてください。 「機関銃・砲兵」部隊って何? 最初は「機関銃・砲兵」部隊って何?。で、それが要塞やら防御陣地とどう関係あるの?と言う話です。  かなり長いこと色々探して、やっと見つけました。  wikipediaのロシア語版のカポニールと言う項目です。

スキ
6
21年10/6 首相指名選挙で高市早苗氏1票→殊勝な人もいるもんだ!
+4

21年10/6 首相指名選挙で高市早苗氏1票→殊勝な人もいるもんだ!

首相指名選挙で高市早苗氏に投票するとは・・・ 殊勝な人もいるもんだ【殊勝】(しゅしょう)すごく立派なこと。 最初は本人が入れたのではと高市早苗氏が疑われたが・・・ 後で丸山穂高(まるやま ほだか)議員だと分かり・・・ バカだか・・・ あ穂高ひょっとしたら高市早苗のストーカー・・・・ 誰かに誘拐を頼んだりして・・・ さなえ、さらえ まあそんなことは決してないが、思い出してみれば丸山穂高議員は北方領土の件で言ってたことは至極まっとうじゃないか! むしろ「高市早苗

スキ
4
第147号(2021年10月4日)ロシア軍のオホーツク防衛戦略と日本
+4

第147号(2021年10月4日)ロシア軍のオホーツク防衛戦略と日本

【インサイト】ロシア軍のオホーツク防衛戦略から日本の防衛体制を考える  9月29日付の『イズヴェスチヤ』紙に、ロシア軍が新しいエアクッション型揚陸艇の開発を検討しているという記事が掲載されました。  記事によると、その搭載量60-70トン。戦車や装甲兵員輸送車だけでなくイスカンデル-M作戦・戦術ロケットシステム、バール短距離地対艦ミサイル、バスチョン長距離地対艦ミサイルなどを搭載可能であるとされています。  現在、ロシア軍が運用している12322型エアクッション型揚陸艇(ズ

スキ
6
有料
300
428なぜ外交で負けるのか

428なぜ外交で負けるのか

日本には外交がないとか、外交が下手だとか、しばしば言われる。それは譲れない一線の決意、覚悟がないからだ。 その一例が北方領土返還をめぐる外交交渉。鳩山一郎首相は世界地図を広げて「ソ連は領土が広いのだから島の一つや二つ」を譲ってくれと迫り、田中角栄首相は日本領有の根拠を述べ立てたが、ソ連・ロシアは相手にされなかった。先方には日本に返さなければまずいことになることが何もないから、当然だ。その後も、日本の対ロシア外交は、通用しない“ひとり相撲”を続けている。 ロシアは「返さずに日本

スキ
8
択捉島へ飛ぶ
+13

択捉島へ飛ぶ

これまでは国後島の話題を幾度かに分けてお届けしましたが、今回は北方領土で最大の島、択捉島へ。 択捉島は沖縄本島の3倍近い面積を持つ大きな島です。日本最北端の地は、実は稚内ではなく択捉島にあったりします。「えとろふ」は、ロシアでは「イトゥルップ」。元はアイヌ語とのことで、発音が似ていますね。 ▲ サハリンから択捉島への飛行航跡(左上の「4618」便は択捉島からサハリンに戻るQ400)(flightradar24に加筆) 北方領土の択捉島と国後島に就航しているのは、オーロラ

スキ
2