平繁無忙 Hirashige Mubou

特に決まったジャンルに絞って書くことはありません。政治・経済・社会・文化・国際問題・スポーツ・IT関係が多いです。変わった目線から色んな話題を取り上げます。ショートショートも掲載します。毎日投稿しています。 連絡は hrsgmb@gmail.com まで。

平繁無忙 Hirashige Mubou

特に決まったジャンルに絞って書くことはありません。政治・経済・社会・文化・国際問題・スポーツ・IT関係が多いです。変わった目線から色んな話題を取り上げます。ショートショートも掲載します。毎日投稿しています。 連絡は hrsgmb@gmail.com まで。

    マガジン

    • 平繁無忙の無料noteマガジン

      私、平繁無忙が毎日投稿するnoteを無料マガジンにしてみました。毎日読んでいただける方にはこちらのマガジンを購読していただいた方が、読みやすいかと思います。よろしくお願いいたします。

    最近の記事

    • 固定された記事

    これまでのノート一覧(基本的に常に最新版です)

    これまで、以下のノートを投稿してきました。 時系列でまとめています。 新しいものが上にあります。 タイトル下の時間は投稿日時です。 空気と恥によるマスク外し 2023年1月29日 10:51 中国の独裁政権支援はかつてのアメリカの姿 2023年1月28日 09:10 生産性・効率性を向上させることを否定する根性論は人間の進歩の否定でもある 2023年1月27日 00:40 3年前に買った4Kモニタが壊れたので廃棄回収してもらった話 2023年1月26日 00:40

      • 行政書士試験結果のハガキを見て感じた記述の採点基準について

        先のnoteで書いた、 出来が悪かったはずの記述問題は20点ももらえていました。 20点ももらえた箇所としては、問44が申請型義務付け訴訟と非申請型義務付け訴訟が自分の頭の中ではごちゃ混ぜになっていましたが、実際の答案には「申請型」と書いたわけではなかったので、結局ここで20点をもらえたのだと思います。 残る問45と問46は部分点も無さそう。 今回の行政書士試験については、Twitterなどで「記述の採点が辛い」というTweetをよく見かけましたが、個人的感想で言うと

        • 令和4年度の行政書士試験に合格しました

          令和4年度の行政書士試験に合格しました。 昨年11月13日の日曜日に、大阪経済大学にて受験した結果が、先日25日に発表になったのですが、受験当日夜に各大手予備校などの解答速報と、自分がメモした解答内容を見比べて自己採点したところ、 法令等択一 96点 法令等多肢 16点 一般知識  52点 基礎法学 2/2 憲法   3/5 行政法  13/19 民法   5/9 商法・会社法  1/5 多肢   8/12 一般知識 13/14 ということで、記述抜きで164点でした

          • 空気と恥によるマスク外し

            昨年10月にこんなnoteを書きました。 「空気と恥」はマスクに限らず、日本人の行動原理としてはかなり昔から色々な事象に反映されていたと思っています。極端な例ですが武士の切腹の作法でも、見苦しく痛がったりしないように介錯する人がいました。恥をかくのは死ぬよりもあってはならないこと、という考えでもあるのです。 現代の日本人の庶民がそこまで恥の原理に基づいて行動しているとは言い切れませんが、先日の新聞記事によると、やっぱりこの国のお偉いさん方にはそういう行動原理は依然として存

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • 平繁無忙の無料noteマガジン
            平繁無忙 Hirashige Mubou

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            中国の独裁政権支援はかつてのアメリカの姿

            中国政府が発展途上国などの独裁政権を支援し、民主化を求める反政府勢力の弾圧を手助けしているという非難は、アメリカ始め西側諸国から多く出ています。 実際、中国の政府、国営銀行などから途上国への支援として多額の資金が融資され、それが債務の罠として受けた国の重要な資源、施設などの利権を奪っているという非難の通りなのですが、じゃあなんで融資を受ける側がそんなことを許しているかというと、その国の政府を掌握している独裁権力は、その資金を自身や親族が掠め取っているわけで、国家の重要施設や

            生産性・効率性を向上させることを否定する根性論は人間の進歩の否定でもある

            生産性の向上というお題目はこの数年どころか十数年、日本のビジネス界隈、労働環境関係で言われて続けています。言われ続けているということは、実現していないことの裏返しです。 効率を良くするために改善改革しようとすると、従来のやり方に固執する抵抗勢力も出てきます。今までのやり方でやってきたのだから変える必要がないとか、効率よくするというのはずるい考えだとか、それこそ根性が足りないとか努力でなんとかなるとか、アレコレ理由を付けて拒む勢力です。 しかし、そもそも人類、ヒト、ホモサピ

            3年前に買った4Kモニタが壊れたので廃棄回収してもらった話

            今日は購入した話ではなく壊れた話です。 上記noteで書いたときに購入した、24インチの4Kモニタが壊れました。少し前から、スリープ復帰時にテストモード(画面全体が赤青黄緑白などの色になる)に入ってしまい、電源ケーブルを抜き差しすると直る、ということを繰り返してきたのですが、そんな状態が1ヶ月もしないうちに、ついに画面が映らなくなってしまいました。 壊れたのは、JAPANNEXTのJN-IPS244UHDRというもので、Amazonで2020年1月に購入したものでした。

            他人の褌(という名のウェブサービス)で相撲を取る怖さ

            Twitterがサードパーティのアプリなどを突如禁止にしたことはIT業界に大きな衝撃を与えました。 その前から、いろいろ怪しい動きをしていましたが、ついに来たかというところです。今のTwitterがどれほどヤバい経営状態なのかを表しているともいえますが、イーロンマスク氏の強引という言葉が生ぬるく思えるほどの強権によって、これまでもこれからもTwitterは変わっていくでしょう。 多分、Twitterは再度ベンチャー企業化して、試行錯誤しながらサービスを構築していって、今度

            ガーシー議員、れいわローテーションの結果予想

            参院議員のいわゆるガーシー議員が徐々に追い詰められてきました。依然として国外にいるのですぐに逮捕や拘束等されることはありませんが、国会議員になろうがなるまいが、日本にいようがいまいが、結局同じ結末になりそうな気がします。 そもそもそんなに政治家、それも国政に大きな影響を与えるような政治家のスキャンダルを、マスメディアは持たずに彼だけが持っているということもないでしょう。あれば報じているでしょうし、証拠が無かったからメディアも報じていないというのであれば、同じく彼だけが決定的

            日本共産党の党首選挙は党の存在意義に関わるから難しそう

            日本共産党で、党首選挙を求める声が出てきました。 しかし、当然というか何と言うか、共産党がそんなことを認めるわけもなく、これからも党首は変わらないでしょう。 これは「日本」共産党が頑迷だからではなくて、「共産党」「共産主義」に固有の問題であり、日本だけの話ではありません。 19世紀のマルクス、エンゲルスに始まり、20世紀にレーニンが政権奪取に成功した共産主義思想、共産党という存在は、国民全体に信を問うような仕組みを採用していません。 「共産主義」を正確に理解する労働者

            TECLAST M40PlusというAndroidタブレットの追加レビュー

            12月に購入した、M40Plusという10インチサイズのAndroidタブレットについての簡単な追加レビューです。 このタブレットは横置きにしたときに、下になる側面の左右にステレオスピーカーが付いています。ミドルレンジ・ハイレンジのタブレットならクアッドスピーカーのものもよくありますが、ミドルクラスだと2つが普通ですね。 私自身は音の良し悪しを聞き比べるほどの耳を持っていませんので、その点のレビューは出来ないのですが、M40Plusのサウンドはそんなに悪くはないと思います

            マスク着用者全員が同じではない

            新型コロナウイルスの感染者が11月からまたもや増えてきましたが、大規模な規制(という名のお願い)は政府や自治体もほぼしなくなりました。それでも民間レベルでは一応は屋内でマスクを着けるという習慣は変わらず、外出時でも着用している人はまだまだ結構います。 そういう、この3年変わらずマスクを着用している人に対して、マスクに関して否定的な見解を持っている人が、日本人の同調圧力がどうのこうのとか、マスク脳・コロナ脳といった形で批判・非難する意見を目にすることも多くなりました。 かつ

            Blackview Tab6を交換してもらった話

            Blackview Tab6というタブレットを日々持ち歩いて利用していましたが、ふとしたときに、音量のアップボタンのみ動作しなくなってしまいました。購入時から確かに、タブレットの四辺のうちで音量ボタンがある側がきしむというかたわむというか、きっちりかっちりハマっていない感があったので、ボタンの外側と内側がズレてしまったのではないかと思います。 ただ、勝手に分解して修理するのも難易度が高いので、Amazonでこれを購入したのが9月ですから、保証期間内のうちにAmazonの購入

            BGVとしてのウェザーニュースの適正性

            最近は仕事の休みの日で家にいるとき、ダラダラと見る動画がほぼウェザーニュースになりました。 数年どころか10年くらい前から、あまりテレビを見なくなりました。よく言われる面白くないとか同じような番組ばかりとかいう批判的な原因があってというよりも、しっかり時間を取って30分なり1時間なりの番組を見る習慣が無くなったといった方が正しいです。 家電としてのテレビを自室に置かなくなったこともあります。nasneを使ってtorneモバイルを使ってスマホやタブレットで見るのが、私にとっ

            批判は無意味ではないが無力である

            私自身がこのnoteでさんざん、アレコレ色んなところを批判してきて言うのもなんですが、批判というのは無意味ではなくとも無力なのですよね。 批判そのものに、現状を変える力はありません。批判された側が、それに対して対抗するなり反省するなりして、現状を変更したりしなかったりします。批判者と実行者は異なります。 現状を変更することが出来る人間が批判するくらいなら、さっさと変更するはずであり、改善や改良などを出来ない人間からこそ、現状に対して批判をするのです。 あくまで、批判は他

            2023年のガンバ大阪の新体制がスタート

            2023年のガンバ大阪の新体制がスタートし、キャンプも始まりました。報道だけが先行していたイスラエルリーグ強豪マッカビ・ハイファの主将、ネタ・ラヴィ選手の獲得が決まったらまとめて書こうと思っていたのですが、一向に正式契約の報がないので諦めて先に書くことにします。 さて、今年のガンバはポヤトス新監督となりました。徳島ヴォルティスから監督を連れてくるのは数年前の浦和レッズと同じ格好ですが、果たしてガンバ大阪は成功するでしょうか? ガンバが外国人監督を擁して好成績を収めたのは、