佐原耕太郎

1951年生まれ。若い頃から書籍の制作や校正に携わる。いまは永田町近辺での仕事の合間に、小説らしきものを書きながら、林住期を楽しんでいる男。この歳になって、オープン・2シーターの車を買うほどの道楽はないと確信している今日この頃です。

『絶望名言』ノート

頭木弘樹・NHKラジオ深夜便制作班 飛鳥新社 刊  noteには、古今東西の歴史的人物が書き、あるいは言い残した数々の言葉が紹介されている。そういえば、私もトルスト…

『ピタゴラ装置 DVDブック』ノート

装置制作 慶応義塾大学佐藤雅彦研究室 小学館刊  先日、久しぶりにNHK教育テレビの「ピタゴラスイッチ」という番組を観た。たまたま土曜日の朝にチャンネルを回して…

『心はどこへ消えた?』ノート

東畑開人(とうはたかいと)著 クイックオバケ装画 文藝春秋刊  著者は博士(教育学)で、現在カウンセリングルームを開業している臨床心理士・公認心理士である。  私…

『女のいない男たち』ノート

村上春樹著 文春文庫  先頃、ノーベル文学賞が発表になったが、今年も村上春樹の受賞が、毎年の恒例のように期待されていた。  これは私見だが、最近のノーベル文学賞受…

『コブのない駱駝』ノート

北山修著 岩波現代文庫  著者の北山修は、昔々、1967年『帰って来たヨッパライ』というタイトルの曲で有名になったフォーク・クルセダーズのベーシストで作詞家であ…

『こうしてイギリスから熊がいなくなりました』ノート

ミック・ジャクソン著 田内志文訳 デイヴィッド・ロバーツ絵 東京創元社刊  友人がブックスホテルに泊まったときに見つけたと知らせてくれた本だ。私の読み終えての正直…