八幡浜

+4

みかん農家体験ツアー 参加者募集!

みかんの町 八幡浜時間を味わおう!四国・愛媛県の南西部に位置する「八幡浜市」。八幡浜市は宇和海に面し、魚市場有しています。また、海と山の距離が近いことで美味しいみかんの育ち、国内有数のみかん産地でもあります。 そんな海と山の自然に囲まれた町「八幡浜」でみかん農家体験してみませんか? みかん収穫をお手伝いしながら、空き時間にはリモートワークや観光、地元の人と交流など八幡浜時間を堪能しましょう! <開催期間> 12月6日(月)〜12月14日(火) 7泊8日 <ツアー内容> ①

+1

一食一善プロジェクト協賛店「焼肉やぐら保内店」行ってきました!

寄付つきメニューで、みなと交流館スタッフの方もお勧めの「豚バラ塩焼」目当てに、久しぶりに保内まで行ってみました。 まだ夕方6時前なのに、お店の前は待ち合わせの人がたくさんいて、駐車場もギリギリ空いていました。ご利用の際は予約しておくことをおすすめします。 他のテーブルからも頻繁に注文されていたのが、この豚バラ塩焼。(上半分) レモンで食べると、お酒がすすみます! お店の活気におおいに元気をもらって、またお稽古がんばれそうです。

スキ
1
+2

八幡浜の地域活動を応援する「地域活動応援事業」とは?

八幡浜を活性化させるためになにか活動したいという方、または現在八幡浜で活動している地域団体・ボランティア団体で、お困りの方はいませんか? 八幡浜市みなと交流館(八幡浜みなっと)では、地域を応援する事業として「地域活動応援事業」というものを行っています。今回は、地域活動応援事業の詳細をご紹介していきます。 地域活動応援事業とはみなと交流館では、人や団体の強みを引き出し地域団体を活性化させることで、八幡浜のさらなる発展を目的として「地域活動応援事業」を行っています。 人とま

スキ
1
+1

「一食一善プロジェクト」に仲間入り!地域を元気にする唄三線を目指します

八幡浜市内の飲食店で食事をすると、寄付つきメニューの売り上げの一部が、地域の活動団体に届くあたたかい企画、「一食一善プロジェクト」 まだまだ知名度もなにもない私たち、八幡浜むりかぶしにもお声をかけていただき、この度寄付先団体のひとつとして仲間入りしました。 この好機を活かして地域の飲食店さん、そして他の活動団体さんとも情報交換をし、私たちが唄三線を通じて地域を元気にする方法を探していければと思います。

スキ
2
+11

ーみかん収穫で働きながらコワーキング利用できるー「濵田農園ワークステイ」を開催!詳細から申込方法まで【2021年版】

「独立したばかりで収入が不安定だから、他に稼げる仕事をしたい」 「集中できるコワーキングスペースで作業したい」 「久しぶりに体をうごかす仕事をしたい」 このような思いを持った、パソコン作業をしているあなたへ。 愛媛県八幡浜市のみかん農園「濵田農園」は、みかん収穫で稼ぎながら、地元のコワーキングスペース「コダテル」を無料利用できるプランをご用意しました! 期間は2021年11月~12月です。(※延長も可) ワーケーションに参加すれば、以下のようなことが実現できます。

スキ
4
+9

【急募】11月・12月のみかん収穫アルバイトを募集します~詳細から申込方法まで~【2021年版】

「冬場のアルバイト先を探している」 「絶景を眺めながら、濃厚なみかんを食べたい」 このようにお考えの皆さまへ。 こんにちは。 愛媛県八幡浜市のみかん農家「濵田農園」です。 今年も早いもので、もう収穫の季節が近づいてきました。 秋の終わりごろになると、八幡浜市内の山は、一面がオレンジ色になります。 山の段々畑に実るみかんは、収穫に多くの人手が必要な果物です。 そのため、11月~12月までの期間に、当園でも収穫作業を手伝ってくれるアルバイターさんを募集することになりまし

スキ
4
+7

究極のみかんを学べる・収穫できる「みかんの樹のオーナー」になりませんか?

「きわみの原料になるみかんを、もっとよく知りたい」 「実際に濵田農園へ行って、その場でみかんを摘んで食べたい」 このようにお考えの方に、オススメしたい仕組みが「みかんの樹のオーナー制度」です。 農園が栽培している1本のみかんの樹を、お客様がオーナー契約者になるという制度です。 みかんの樹のオーナーになると、以下のような体験が得られます。 ①濵田農園でオーナー契約している樹のみかん収穫 ②採れたての温州みかん(箱詰め)および「きわみ」セットが手に入る ※生育状況によっ

スキ
1
+3

みなラジ 再放送になります!

みなと交流館で毎日二回放送の「みなラジ」に、前回は6月のゲストとしてご招待いただきましたが、その再放送が11月に決まりました。 唄だけ差し替え可能ということで、新しい曲にチャレンジしてもよかったのですが、あえて前回と同じ曲、「十九の春」と「安里屋ゆんた」で挑みます。 普段は歌謡曲も練習しますが、八重山古典民謡を習うものとして、とくに「安里屋ゆんた」は力が入ります。 およそ週二回の練習と各自の自主トレによって、改善点はまだまだあるものの、前回より丁寧で余裕をもった仕上がり

スキ
1
+1

移住者が地域活動に参加する必要性とは?地域とのつながりを深めるための5ステップも

移住者の方の中には、なかなか地域に馴染めず悩んでいるという方もいるのではないでしょうか?そんな際には、地域活動に参加することをおすすめします。 では、なぜ移住者が地域活動に参加するべきなのかをご紹介し、移住者が地域活動に参加し地域とのつながりを深めていけるステップをご紹介していきます。 移住者が地域活動へ参加する必要性とは?移住者が地域活動に参加する必要性とは何でしょうか? 地域とつながる手段になる 都会であれば、隣に住む人や周辺に住む人の顔を覚えていなくても、不自由

スキ
1

はじめまして、榊雅楽会です。

漢字登録に失敗してひらがな登録しました。 愛媛県八幡浜市の八幡神社で雅楽の活動をしております。 平成18年発足。初心者中心です。 月1回練習から年10回以上の個別練習に変えました。 最近は地元の小中高の学校へ体験授業へ行ったり、 神社で『さわってみよう!雅楽あそび体験』を開催。 日本の伝統芸術の良さを知ってもらうために活動してます。 noteは初心者です。 どうぞよろしくお願いいたします。

スキ
1