人気の記事一覧

カミュの陽射しに微睡む #35

1か月前

うちの積読たちと私

1か月前

今さらだけれど、光文社古典新訳文庫は宝の山かもしれない

コンラッド「闇の奥」(1899年)

「方丈記」 鴨長明

1か月前

小説が苦手な私でもラディゲは読める理由

1か月前

◆「ヴェニスの商人」アントニオはなぜ憂鬱か。シャイロックと同一の商原理を生きているのにそれに気づかず、気づかないようにしているからだ。だから友情に仮託しバサーニオへの信用供給源になれそうだと突然生き生きしだす。だからお前とは違うと自他に言い聞かせるためシャイロックを罵倒し続ける。

バルザック「ゴリオ爺さん」(1835年)

◆シェイクスピア「ヴェニスの商人」 金貸し業でありながらbona fidesに生きず、合意ではなく約束概念に基づく契約をたてに相手の肉塊1ポンドという現物を掴みあくまで離さず、他者を思うが儘にしようとする人間の破滅を描く。商原理を踏み外し、結果、商事外の大事なものまで失う。

カルロ・コッローディ「ピノッキオの冒険」(1883年)

光文社古典新訳文庫刊行書目一覧 最新版

6か月前

光文社古典新訳文庫/『罪と罰』の面白さ

6か月前

◆読書日記.《ルートヴィッヒ・ウィトゲンシュタイン『論理哲学論考』》――その1

落語調のゴーゴリ

6か月前

「自分の隣人を実践的に、そして怠りなく愛するように心がけてください」

8か月前

カフカ『変身/掟の前で』

文学こそ最高の教養である〜光文社古典新訳文庫

ハイデガー「存在と時間6」(1927年)

詩人や批評家としてアラン・ポー

7か月前

エクス・リブリスはどこへ行く?