光文社新書

フリーランスの酒事情|パリッコの「つつまし酒」#99

「はあ、今週も疲れたなあ…」。そんなとき、ちょっとだけ気分が上がる美味しいお酒とつまみについてのnote、読んでみませんか。
混迷極まる令和の飲酒シーンに、颯爽と登場した酒場ライター・パリッコが、「お酒にまつわる、自分だけの、つつましくも幸せな時間」について丹念に紡いだエッセイ、それが「つつまし酒」。
そろそろ飲みたくなる、毎週金曜日だいたい17時ごろ、更新です。

フリーになって丸2年

 20

もっとみる
いい本とのいい出会いがありますように!

【開幕前診断】2021年シーズンの巨人軍の課題と展望(投手編)

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
今回は、開幕前に今一度巨人軍の戦力をチェック。既存の主力はもちろんのこと、新戦力や若手に求められる役割を考察します。

エース菅野智之の残留が「最大の補強」

MLBに移籍する話が現実味を帯びていた菅野智之だが、年明けに巨人軍残留が決まった。昨シーズンに13連勝を含む活躍をみせてリ

もっとみる
いい本とのいい出会いがありますように!
17

先生にはもうちょっと、親の話を聞いてもらいたい―岡嶋裕史著『大学教授、発達障害の子を育てる』

光文社新書編集部の三宅です。

今日は2月16日に出たばかりの『大学教授、発達障害の子を育てる』からまえがきと目次を紹介します。

著者の岡嶋裕史さんは中央大学国際情報学部教授で、著書多数、メディア出演も多数です。著書のジャンルも幅広く、タイトルをランダムに並べると『ジオン軍の遺産』『ブロックチェーン』『5G』『個人情報ダダ漏れです!』『プログラミング教育はいらない』『思考からの逃走』などなど。今

もっとみる
アランちゃんも喜んでいます!
17

「口から食べなくても、入れ歯をしたほうがいい」驚きの理由



訪問歯科医の五島朋幸氏は、1997年に歯科の訪問診療を開始してから、口腔ケアについて気づいた大切なことがたくさんあるといいます。歯の治療や口腔ケア、そして「食べること」と生きることの関係について、間違った思い込みから脱し、今日からできる正しい方法をお伝えします。

歯がまったくない人と、誤嚥性肺炎の関係

先日、「誤嚥性肺炎は寝ている間の唾液の誤嚥が主な原因であり、それを防ぐには寝る前に口の細

もっとみる
アランちゃんも喜んでいます!
15

坂本・岡本・丸のコアの2020年振り返りと2021年の展望

熱烈な巨人ファンで、多くの野球マニアや選手たちからフォローされるゴジキさん(@godziki_55)が巨人軍を分析。
昨シーズン、巨人のリーグ制覇に大きく貢献し揃ってベストナインを受賞した坂本・丸・岡本の「コア」。しかし彼らの実力からすれば物足りなさの残る成績でもありました。21年シーズンはどのような活躍が求められるのか。そして、彼らの前後を打つ選手には誰がふさわしいのでしょうか。

ベストナイン

もっとみる
アランちゃんも感謝しています!
17

08_「教養」はポストフォーディズムの補完物となる運命か

成人教育の危機から「生涯学習」へ

 前回は、ウィリアムズが上記のように成人教育を実践し、それについて書いていた時代とその直後(1950年代から60年代)に、そのような理想としての成人教育はすでに危機を迎えていたと述べた。

 その危機にはさまざまな様相があるが、ここで重要な変化は、それが労働者階級のためのものではなくなり、分かりやすく言えば現代の「カルチャースクール」風の、中流階級の余暇の「教養

もっとみる
アランちゃんも喜んでいます!
20

07_「成人教育」が成立しなくなったとき、「役に立つ教養」の意味は変質を強いられた

功利主義/ロマン主義がもつ二面性

 本連載の第5回から第6回にかけては、現在の「役に立つ/立たない」を基準とする人文学不要論から出発して、視点をより広げていくためにイギリスにおけるC. P. スノー対F. R. リーヴィスの「二つの文化」論争を論じ、それが産業社会の勃興以降の「功利主義」対「ロマン主義」の対立であったことを論じた。それは、社会の全体性をどうとらえるかという疑問に対する二通りの答え

もっとみる
アランちゃんも感謝しています!
25

#勝手に社内リレーPLAYBACK vol.5

光文社新書のTwitterで月〜金につぶやいている「#勝手に社内リレー」を厳選プレイバックしていくこちらの連載。光文社古典新訳文庫のツイートを受けて、光文社新書がそれに「勝手に」ひもづけて、あるいはこじつけて既刊本をご紹介していきます! 担当の「勝手な」ふり返り付き。

『若草物語』→『ふしぎなふしぎな子どもの物語』

担当の自己採点★★ ま、普通の出来ですね。

『愚者が出てくる、城寨が見える』

もっとみる
いい本とのいい出会いがありますように!
14

『日本のスポーツビジネスが世界に通用しない本当の理由』の本気紙芝居

今日は朝から子どもたちと『破壊殺ドッチボール』をやりました。(鬼滅の刃の技名をさけびながらボールをぶつけ合う、新競技です)

のっけからスポーツビジネスに反旗を翻すようで恐縮ですが、私はスポーツをすることは好きですが「スポーツをみること」には、あまり興味がありません。ですが、昨晩の大坂なおみ選手の全豪オープン決勝は、ついつい見入ってしまいました。(なおみ選手、優勝おめでとうございます!)

本書は

もっとみる

半沢直樹と私の家政夫ナギサさん――2大ヒットドラマが象徴する日本社会の闇

光文社新書の永林です。治部れんげさんの連載「ジェンダーで見るヒットドラマ」、第8回目にして初めて日本のドラマを取り上げます。2020年に空前の大ヒットとなった「半沢直樹」は、ほぼ仕事だけをして生きている非常に”日本的”ともいえる男性会社員の物語。いっぽう、同クールに放送された「私の家政夫ナギサさん」は、ハードワークの仕事を辞めて家政夫となった男性が登場します。まるで正反対の生き方を描いているようで

もっとみる
アランちゃんも感謝しています!
51