熊谷悠一 Yuichi Kumagai

渋谷のラジオ「熊谷悠一アワー」毎週日曜17:00〜17:55で音楽の紹介をしています。…

熊谷悠一 Yuichi Kumagai

渋谷のラジオ「熊谷悠一アワー」毎週日曜17:00〜17:55で音楽の紹介をしています。「Peter Barakan's Live Magic!」などでDJ。 連絡先:u1bearあっとicloudどとこむ

マガジン

  • 渋谷のラジオ「熊谷悠一アワー」プレイリストまとめ

    コミュニティFM渋谷のラジオで放送中の音楽番組「熊谷悠一アワー」でかけた曲目をまとめました。2020年10月からは日曜17:00~17:55で毎週お送りしています。渋谷のラジオは、公式サイトから、またはスマホやタブレットの無料アプリから全国で聴けます。

  • 本と漫画の記録

    読書の記録を気軽なメモ程度に残していきます。

  • 映画感想 2024

    2024年に観た映画の感想を書きます。配信での旧作も含むので、必ずしも新作とは限りません。

  • プレイリスト遊戯

    趣味や好きで作ったプレイリストをまとめました

  • 【アーカイヴ】映画の感想 ~2022

    観た映画の感想を、鑑賞メモ程度に自由に書きます。作品の紹介部分は省くことも多いですし、内容の詳細には踏み込みすぎないようにします。評論でも批評でもなく、あくまで一般の一映画好きの意見ですので、こういう見方をする人もいるんだな、ぐらいの参考にしてもらえれば幸いです。

最近の記事

音楽と言語圏

金曜日なので解禁された新譜を調べてみる。今週はかなり作品数多め。予め先行曲などで知っていたものはすぐ試聴に取りかかれる。時差の関係で情報が出揃うのは夜遅くなってからなので、土曜日に改めてリストから探してみるつもり。 我ながら、どうしていつも英語圏なのかなと思う。乱雑すぎる見方だが、ポピュラー音楽を言語から俯瞰してみると、大まかに英語圏とフランス語圏、そしてスペイン語圏があるように思う。それにポルトガル語圏を加えてもいいかもしれない。それぞれが自国以外に領土を拡大し植民地を抱え

    • 自分の感覚を信じる

      収録に行く。スタジオにいる間だけ雨が降っていたらしい。おかげで自転車での行き帰りは濡れずに済んだ。ほぼ毎回、雨雲を引き連れて走っていたような時期に比べれば、運が良くなったのか。 手元に抱えていた案件について担当者と再度相談させてもらう。何だか真剣だったように思う。やり取りの中で、「結局あなたはどうしたいのよ?」を突きつけられた気がした。最後はそこに尽きる。というか、最初からそこなのであった。 なぜ自分はこういう趣味趣向なのだろうか。それは一朝一夕に仕上がったものではないだろう

      • 音楽が連れてきたもの

        コミュニティFM局で番組を持たせてもらえるようになってからそれなりに年数が経つと、今どこに向かっているのか分からなくなるときがある。 これも実際に試したことはないのだけど、棚貸し本屋でほんの一角を借り個人で運営しているように、局内の放送枠1時間をもらって自由に演出している。自分の場合は好きな音楽をかけている。 いつまでも趣味でこんなことを続けていていいのだろうか、と毎週思うし、いつまでも続けられないと毎日弱音も吐いている。同時に続けられる限りは手がけようとも思うし、着手する以

        • もう少しだけその先

          次週分の番組はリクエストで半分以上となるので、自分から探し出すのも過去曲にして、新しめのは1枚だけになりそう。毎週とはいえ1時間番組なのだから、何日もかけたりせず基本1日だけ制作に当てればいいのだろう。しかし何度も書いているがそこまで曲の備蓄がないのだよな。いや正確に言えば少しはあるのかもしれないけれど、引っ張り出してきたものも埃をちゃんと払って放送に乗せる前に今の耳で改めて確認しておきたいというのがある。聴き直すと案外こんなものだったっけ?ということもあるし、逆に初めて良さ

        マガジン

        • 渋谷のラジオ「熊谷悠一アワー」プレイリストまとめ
          182本
        • 本と漫画の記録
          34本
        • 映画感想 2024
          13本
        • プレイリスト遊戯
          4本
        • 【アーカイヴ】映画の感想 ~2022
          52本
        • DJ熊谷悠一的年間ベストアルバム 2013~2023
          11本

        記事

          慣れ

          さて急ぎ日記をつけておこう。何だかいつも家事に追われているような気がして、それでもきちんと片付いたことがない。時間が足りない感覚。寝る直前に「もう1日終わり⁉︎」とよく思う。夜中も空調をつけっぱなしだからか、ここ数日は意外によく眠れている。我慢しきれないほどの気候になってくれた方がかえって好都合か。 昨日放送分の番組に関して振り返りをようやく終えて、次週分へまとめて送っていただいたリクエスト曲を確認する。こちらに選曲を任せてくれる種類のメイルも届いているので、同時進行で探して

          7/7/’24「熊谷悠一アワー」(渋谷のラジオ) No.326 プレイリスト

          【Tracklist】 Joni Mitchell “Raised on Robbery”『Court and Spark』(1974) Joe Jackson “Happy Ending”『Body And Soul』(1984) Magnus Carlson & The Moon Ray Quintet “Summer In Siam“『Echoes』(2010) Eilen Jewell “Too Hot To Sleep”『Letters From Sinne

          7/7/’24「熊谷悠一アワー」(渋谷のラジオ) No.326 プレイリスト

          未だ見ぬ新発見

          夏の始まりというよりは終わりを告げるかのような天候の急変もあったが、珍しく降り始める前に帰宅できた。用事の前に時間を潰そうと図書館に入る。座れる場所が子ども向けの本が置いてあるところしかなかった。蒸し暑さで出かける気にもなれないのか、誰もいない。ぼーっと座っていても詮無いので近くにある絵本を手に取る。こういう時期だからこそ、雪が降ってくることに喜びを覚える少年を描いたものを読む。それと、孤独な巨人が仲間が欲しくて半ば力尽くで村の人々を周りに引っ越させるのだが何故か満たされず自

          毎日出会い直す

          中休みなのか今日付の新譜は数が少なく、今のうちに先送りにしていた新作を振り返るべきなのかも。シングルや先行曲などは相変わらず出ていて、それらを試聴する。やっぱり今は新曲を聴くのが楽しい。 7日放送分のプレイリストやSNSを準備せねばならないが、そこまで手が回らず。 放送日は七夕でもあるので、それに関連した曲も探していたのだが、ついに見つけられず。「星」に関係した曲でもいいかと思うも、そんなにパッとは出てこなかった。 ポッドキャストをいくつか聴く。コミュニケーションはSNSでな

          収録は曲がりなりにも終わらせた。作り込もうと思えばどこまでもできるという意味でキリがなくて、だからこそ締切がなければ永遠に続けているのだろう。自分の中での基準より少し時間が余りそうだったので、ゆっくり喋っていたら最後は足りない感じに。喋りは引き延ばせるけど、その分薄くなるかなぁ。

          収録は曲がりなりにも終わらせた。作り込もうと思えばどこまでもできるという意味でキリがなくて、だからこそ締切がなければ永遠に続けているのだろう。自分の中での基準より少し時間が余りそうだったので、ゆっくり喋っていたら最後は足りない感じに。喋りは引き延ばせるけど、その分薄くなるかなぁ。

          現場と出会い

          急遽、火曜日も仕事入れちゃったから番組作りはさらに押せ押せ。明日の収録まで時間は限られている状況で、選曲も終わらない。例の如く、その曲をかける理由・口実を見出せないでいる。固まりきれていない候補曲が3割ぐらい、加えて恒例の「あと1曲」が白紙状態。 そのような中、「渋谷のラジオ」つながりで #シンヤの読書会 イヴェントに参加してきた。内容はこちら。 扱う本は2冊とも未読だったけど、逆に想像が膨らんで良かったかも。思いついたことがいくつかあってスマホのメモに打ち込んであるので、

          憧れと不甲斐なさ

          光栄なことに、非常にめでたい集まりに参加させてもらった。 祝福と、成し遂げてきた業績と、その人のひたむきな姿勢に導かれるように加わっていった多くの仲間たち。 彼がいたからこそ結びついた人々との、もはや懐かしい再会もあり、なぜだか自分も妙に興奮して眠りにつけなかった。脳が覚醒してしまったのか、ほとんど寝られなかった。 音楽を商売というよりは文化として愛でる人にとって、伝説とも言える成果であったり、普段は決して表には出てこないであろう裏方の人たちまで勢揃いし、半世紀に渡る仕事の分

          憧れと不甲斐なさ

          「夏に関する曲」

          コミュニティFM「渋谷のラジオ」内の音楽番組「熊谷悠一アワー」、7月の月刊リクエスト・テーマは「夏!」と高らかに掲げたはいいものの、常にネタとアイディアに枯渇している自分はすでに過去回で夏に関連する曲をたくさんかけていたのだった。しまったなぁ。引き続きリスナーお一人お一人の積極的参加を期待。 自分に向けての忘備録として、厳密ではないけどこれまで放送で取り上げた「夏に関する曲」を抜き出してみた(プレイリストは全て保管してある)。 これらの他に、大雑把すぎるけどレゲエだったりア

          「夏に関する曲」

          6/30/’24「熊谷悠一アワー」(渋谷のラジオ) No.325 プレイリスト

          【Tracklist】 Buckwheat Zydeco “When The Levee Breaks”『Lay Your Burden Down』(2009) Elmore James “The Sky Is Crying” (1960)『The Sky Is Crying: The History Of Elmore James』(1993) Dominique Cravic & Friends “Rendez-Vous Sous La Pluie(雨のランデヴー)

          6/30/’24「熊谷悠一アワー」(渋谷のラジオ) No.325 プレイリスト

          今週の乱取り

          新曲を試聴してみる。勝手に「乱取り」と自分で呼んでいるもので、何の事前情報も入れず、いきなり再生してみるのだ。とはいえ、ただ闇雲に進めても時間ばかり取られるので、最初からある程度絞り込む。いつも参考にさせてもらっているのは「AllMusic」の新譜一覧と、「NPR Music」のNew Music Fridayコーナー。 共に英語圏、要するにアメリカからの目線で選ばれていることに留意が必要だが、ジャンルも多岐に渡り、現在進行形で誰の何が話題になっているかが何となく見えてきてそ

          持続可能性

          物事の終わりは、また別の何かの始まり。 「Peter Barakan's LIVE MAGIC!」は今年で最後だそうです、少なくともこれまでの形式と会場では。2014年から10年間、厳密に言えば11度目の開催にして最終回。 お客さん半分、スタッフ半分という微妙な立ち位置で関わり続けさせてもらってきた身からすれば、言いたいことは無数にあるし思い出話も尽きないのだけど、それらは温めつつ自分の中でちゃんと消化しつつ、やっぱり意識は今年の10月に向けるべきなのだろう。何せ最後だから

          収録を終える、今週も。これで2024年も半年間が完了。概ね3ヶ月を一塊として捉えていて、その観点からも7月から気分一新して何十回目かの再出発。こう湿度と気温が上がってくると、毎週ヴォランティアでの番組作りも自転車通いも「尋常ではない」と独り言も止まらないが、そういう運命なのだ。

          収録を終える、今週も。これで2024年も半年間が完了。概ね3ヶ月を一塊として捉えていて、その観点からも7月から気分一新して何十回目かの再出発。こう湿度と気温が上がってくると、毎週ヴォランティアでの番組作りも自転車通いも「尋常ではない」と独り言も止まらないが、そういう運命なのだ。