爪跡と生活  - Life with Disaster - 佐野・秋山川篇

2019年10月12日午後9時20分、佐野市を襲った台風19号は市内を流れる秋山川を新海陸橋付近にて決壊・氾濫させ、その周囲の赤坂町・田島町に甚大な被害を与えた。田島町に店を構える佐野ラーメンの人気店、「麺屋ようすけ」もその一つで、溢れ出た水や土砂が押し寄せ、店舗の床上70cmまで浸水した。数十万円もするような高価な業務用冷蔵庫や仕入れていた食材など、被害金額は合わせて約2,000万円にものぼり、

もっとみる
スキありがとうございます!
4

淡路島の社を巡りて~第肆社目 佐野八幡神社(旧津名町佐野村)

※2020/01/04加筆・修正

【由緒・略歴】

創立年月不詳。明治六年村社格に加列。御社は往古、石清水から移すという。
境内入口の石鳥居の銘に元禄十二(1699)年六月とある。
相殿に配祀した大年神・大己貴神・少彦名神三柱は本村字神田から、事代主神は同村高屋から、明治四十三(1910)年四月十八日に合祀した。
拝殿の棟札に曰く「時ニ安政三辰年(1856)八月吉祥日棟上」

古来から佐野町一円

もっとみる
ありがとうございます。宜しければ他の記事も御覧下さい。
1

佐野名物味噌まんじゅうの勧め

僕の地元は栃木県は佐野市だ。

ただでさえマイナー県の栃木県、その南部に位置する町である。

栃木と言えば県庁所在地であり、餃子の宇都宮、天皇家の御用邸がある那須、世界遺産、日光東照宮を擁する日光あたりがまだ知名度が高い方だと思う。

しかし、それらはどれも県の中央から北であり、はっきり言って栃木県南部はマイナーに輪をかけてマイナーであると言わざるを得ない。

だがしかし、

だがしかし聞いてほし

もっとみる
貴方に幸あれ!!
2

栃木旅お土産のもぎたてブルーベリーと洞窟日本酒で作ったブルーベリー酒の作り方メモ

**材料 **

- ブルーベリー100g
- 日本酒 180cc
- 氷砂糖 50g
- 焼酎(ホワイトリカーでも)

作り方

ブルーベリーを綺麗に水で洗います。
ブルーベリーはがくに雑菌があるときがあるらしく、ホワイトリカーで洗うように参考にしたサイトに書かれてていて、そこにはホワイトリカーで消毒するようにかかれていました。
ホワイトリカーがなかったので、家にあったいいちこにつけて消毒しまし

もっとみる

佐野・宇都宮旅行

今年は奥様方も同行させていただいた、主人たちのバンド(ナイルおじさん)旅行。

早速集合場所へ向かう電車で合流するハーフパンツおじさん。

佐野市役所からスタート。
さのまると撮る佐野夫妻です。

佐野厄除け大師に。
佐野という苗字になった初年度なのでご挨拶を。
因みに佐野市に親戚は一切いません。

自販機でおみくじをやる。

主人たちについて行く。

バスで移動して、お昼は

もっとみる
ダイブしたいくらい嬉しいです!ありがとうございます!!
3

さの夏祭り

7/13.14に賀茂別雷神社をお借りして地域活性のお祭り、さの夏祭り-いいねこ。のまつり-を開催します。13日は11時~16時、14日は15時~20時の開催となっているのでお間違えなきようお願い致します。両日ともにふわふわ遊具、フリースロー、輪投げなどのアトラクション系出店。唐揚げ、カレーライス、串焼き、フランクなどのグルメ系出店ももちろん予定されています。

ご家族ご友人お誘い併せて是非ご来場く

もっとみる

散歩クッキー

※写真は関係ないです。以前食べた美味しいカレーです。

東京から鈍行電車に乗る事3時間と少し
栃木県佐野市へ散歩に来ました。
まだ旅は始まってすらないのです。
早く着きすぎたから

公園のベンチで吉本ばななさんの「とかげ」を読み終える頃、スズメが1羽寄ってきました。
私の食べているクッキーを狙ってるのかな?と思って小さいカケラを放ってみても見向きもせずただこちらを見ているだけ
目が合うとすぐに飛ん

もっとみる

【勝手にほぼ1行広告】 岳乃屋(佐野ラーメン)

那須への旅路途中に通過しようと思ってたけどふらりと立ち寄ったらまさかの人生三指に入る旨さ。そもそも醤油ラーメンとかさして興味なかったし列もなかったしで期待してないときにかぎってこれだものまったくラーメンの神様ってばよ。
佐野ラーメン 岳乃屋

※【勝手にほぼ1行広告】企画は勝手に継続予定です。
※企画名と本文の質・文字数のギャップが本職とは思えないほどですが、
 そこは紹介アイテムへの愛だと思って

もっとみる
ありがとうございます。しみじみうれしいなぁ!
6

佐野にある静かな神社!朝日森天満宮に行ってきた!

佐野に訪れた際、どこかの神社に寄っていこうと思い、佐野駅に近い、朝日森天満宮に訪れてみることにしました。

1、朝日森天満宮とは?

この神社は、藤原秀郷の7代の孫足利家綱が冤罪を受けた際、天神の加護を受けて救われたため大宰府から天神を勧請したのが始まりとされています。

当初は唐沢山の天神沢にあったそうです。

佐野市の中心市街の北部に位置するし、東側に栃木県立佐野高等学校が隣接している神社です

もっとみる
嬉しいです!
1