人生の岐路

選択することの難しさ

「恋愛映画は選ばない」吉野万理子

を読んで、とても共感できたので、感想を書きます。

共感できた部分というのは、

「昔は選べていたのに、今は選べなくなっている」

というところです。

私以外にも、わかるわかるーという人、多いんじゃないですかね?だから、占いで決めて欲しいと思ったりするんだと思うんです。

例えば今やってる仕事Aと新しい仕事Bがあったとします。

素直な心の声だけを聞けば、Bを

もっとみる
あふれだす感謝ヽ(*´∀`)
10

今回は
他人と違うから素敵
ということをお伝えいたします。
4分44秒の音声です。
音声と文章どちらでもお好きな方をどうぞ。

*************
メールマガジンの登録は
こちらから↓ ↓
http://yuuki2.com/l/u/Z4bGUPjaVPxU6Dk5


**文章はここからです***
私は愛されています。
大きな愛で包まれています。

失敗しても
ご迷惑をお掛けしても
どん

もっとみる
嬉しいです!もしかしてどこかでお会いしました?
29

ある女性が亡くなって感じたこと。プロのブッキングの仕事とは?

少し前に、ある女性が亡くなりました。

密ではないけれど、大切な関係

その女性とはプライベートで親しいわけでもないし、一緒に打ち上げで飲んだこともない。時々メールで依頼をいただき、現場で会うだけの関係。

でも、僕の人生に星の数ほどある分岐点の中で、彼女との出会いはとても重要な分岐点でした。

彼女の仕事はアーティストのブッキングとコーディネート。主に海外のミュージシャンやパフォーマー。ごく稀に

もっとみる
ありがとうございます(≧∇≦)ノ いつか魔法をお見せできるといいな✋✨
6

選択肢と迷い

生きていると必ずしも一度くらいは「何かを選ぶときに迷いが生じる」ということに直面した事があると思います。進学でも、買い物でも、習い事でも何でもいいのですが。

「◯◯してみたい、欲しい。でも…」と続く、「迷い」と言う名の自分自身を無理やり説得する納得させるような言い訳。

レストランなどでメニューを選ぶような小さな選択肢などは別として、人生の岐路に立ち、この選択肢一つで今後の生活が大きく変わる様な

もっとみる
スキありがとうございます!
6

選択に迷った時、自分の気持ちに折り合いをつける方法【留学決定編】

おはようございます。

オーストラリアは12月になり、暑いにも関わらず

町はすっかりクリスマスモードです。

オーストラリアのサンタさんは、夏仕様で海パンをはいていたり、ビーチに寝そべっていたりして、とてもかわいいです。

さてタイトルの通りですが、人生は自分の選択や決断の連続ですよね。

皆さんは、選択の岐路に立たれた時、どのようにしていますか?

退職してオーストラリアに行こうと思った私です

もっとみる
ありがとうございます! すてきな日になりますように✨
4

子供の動画を必死に撮ってるお父さん達を見て17歳の少女が思った。「あんた達の人生それで終わっていいのか⁈」

17歳は私の長女である。  は⁉︎余計なお世話!と思うお父さんはそのままその生活を続ければ良いと思う。しかし、百人に一人でも千人に一人でも引っかかりを持つ方が居たら、自由になってほしい!と思う。

頑張ってる父親、母親共に実際大変だ。私も大変だった。親達は日々の仕事や家事、子供の習い事のフォローやイベントへの参加等に追われていると、"自分は子供の為に頑張っているんだ"という想いが出てくると思う。そ

もっとみる
ありがとうございます!
3

人生の課題

私には、人生の岐路に立ったときに必ず救ってくれる大切な友人がいる。

彼女と知り合ったのは確か10年前くらい。私は彼女の店に通う一客だった。いつの間にかお互いのプライベートの話をするようになり、お酒や食事を楽しむようになった。

会う頻度は年に2~3回。いや、今はもっと少ないかもしれない。なのに何故か、私のピンチの時に、ふと彼女が目の前に現れる。まるで「今でしょ?」と云わんばかりに、無理矢理に八方

もっとみる
これが愛ってやつですか⁉️💖
19

人生の岐路

娘をください。とうとう来た、、、まず一人目。二人目はいつ来るか?男親はどうすることも出来ん。手塩にかけて育てたという自覚がないからだ。ただ厳しい商売をなんとかここまでやってくるのに精いっぱいという言葉に片付けている。でも、ほとんど親族や関係の方々から救われながらの育てる環境だった。自分一人なら絶対に味わえない、別の寂しさが起きた。友人が言っていたことがこれだ。早く味わえばよかったと思うくらい。娘た

もっとみる
嬉しかです。これからもよろしくです。
2

今年の下半期

移動の時期だそう。

ここまで溜まって(溜めて)た問題があれもこれもと噴出し私を責め立てる。

それは令和元年中に片付けなくてはならない課題?

後回しにし、甘えてた事を今更後悔してもしょうがなく。

ただただ気持ちは沈むし、今は涙が出る。

#独り言 #人生の岐路

決断するということ

人生の岐路というのに立たされることがあります。私にもいくつか岐路があって、決断してきました。決断とは、決めた道以外を断つということです。行かなかった道の方がもしかして良かったかも知れないが、別の道を選んだ以上はもうそちらで「この道を選んでよかった」と思えるまで頑張るしかありません。

 よく「間違った道なら戻ればいい」という人がいますが、それは不可能です。元に戻ることはできません。進みながら軌道修

もっとみる