あー、潤った

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、京都を舞台に20歳の男女が織りなす、40日間の恋物語だ。

主人公の高寿と、(後に彼女になる)愛美の会話がテンポがよく、それでいて相手を想う気持ちに溢れている。その純粋な優しさに心が「潤った」。

また、愛美の秘密を知ったとき、その切なさに胸がギュッと締め付けられる。そう、この世界はあまりにも優しくて切ない。その世界を成り立たせているのは、二人の相手を想う

もっとみる
「スキ」ありがとうございました!これからも頑張ります。
4

ケーキ王子の名推理

またまた七月隆文さんの本を読んでしまった。

カバーイラストのせいか、なんとなく少女マンガを読んでいるような錯覚に陥ったけど、実際に主人公が女子高生なので、まあ、それでもいっか、と思いながら読み進めた。

対象の年齢層は中学生とか高校生ぐらいでしょうか。

とても読み易かったし、七月さんらしい描写が光っていました。

そういえば、瀬尾まいこさんにせよ、西加奈子さんにせよ、そしてこの作品の著者である

もっとみる
やったー。スキをありがとう。
2

天使は奇跡を希う

七月隆文著「天使は奇跡を希(こいねが)う」を読んだ。
七月隆文さんの本を読むのはこれで3作目だ。
読む度に描写のセンスや切り口が本当に好きになる。

ただ、残念なのはカバーイラストと本文イラストがアニメ調の絵であったことだ。
ジブリ作品と最近の新海誠監督の作品ぐらいしかアニメを見ない読者にとって、このアニメ調のイラストには正直言ってかなり悩まされた。

七月さんの見事としか言えない美しい表現の文章

もっとみる
やったー。スキをありがとう。

【今日のイブクロさん】2019年4月10日(17時台)

2019年4月10日(水)16時~18時
クローバーラジオ『イブニングクローバー(水曜日)』
メインパーソナリティ:林檎さん
アシスタント:ちゃにま。さん、ヒロ♪、MIKARAちゃん(RIOTBABY)

【17時台】

<お天気>
クローバーエリアのお天気

曲:笑顔の行方 / DREAMS COME TRUE (キヨヒガさんからのリクエスト)

<水曜アシスタントコーナー『夕焼け、お耳を拝借!

もっとみる

「起承転結」ならぬ、「起承結転」

No.4『ぼくは明日、昨日のきみとデートする/七月隆文 』☆2

なんか、個人的にはあまり面白くなかったな。これ。

天邪鬼なだけだとなんかダメな気がしたから、流行りものも読んでみたけど、ダメでした。

「感動のラスト」とかいう、陳腐な売り文句がこべりついていたけど、物語序盤でオチの予想が簡単についてしまった。

「起承転結」ならぬ、「起承結転」みたいな。

自分がひねくれ者なだけなんで、好きな人

もっとみる
ありがとうございます!
3

全 41 作!買ってよかった漫画 2018 年版

今年も残りあと少し。今年は「今日のおすすめ漫画」を 3 月 1 日から毎日投稿したのだが、12 月 2 日でとうとうネタが尽きてしまった……。これが個人的には本当に悔しかった。丸 1 年間、続けるつもりだったのに。

まあ、それもあってか、今年になって新しく知って読んだ漫画がかなり多かった。その中から「今年の買ってよかった漫画」を発表したいと思う。完結漫画も連載漫画も、今年発売になった漫画が主だが

もっとみる
Thanks a million.
41

七月隆文著『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』を一気読み

七月隆文著『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』 宝島社文庫 2015年 17刷

こぢんまりとした範囲にまとまった、小さい幸せを感じられる話だと思った。

登場人物も少なく、筋もまっすぐ、途中に脱線する余地もない。とある春の一幕の話を、懇切丁寧に、細かいところまで大切に残している。
大学生の「ぼく」が感じたこと、思ったこと、見たものが全て、読者に手に取るように想像できる。地の文が全て「ぼく」目線

もっとみる

「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」で体験できる理想の男の夢の叶え方

誰かに応援されれば頑張れるのに、守る人がいればいればやる気になれるのに、犠牲になってもいいと思えるぐらいの人と出会いたいとか思っちゃってるそこのあなた。

かけがえのない人のために夢を叶えちゃう理想のお話がここにありますよ。

七月隆文さんの新作「ぼくときみの半径にだけ届く魔法」です。

外に出れない難病の少女のために駆け出しの売れないカメラマンが写真を撮ってくる話です。彼女のために写真を撮ること

もっとみる
スキスキスキスキ!
9

蒲田健の収録後記:七月隆文さん

萌えキャラ系のまぶしい表紙にためらってしまったそこのあなた、

食わず嫌いはもったいないですよ。

七月隆文さんの最新刊「天使は奇跡を希う」。

正直に告白しよう。萌えキャラがまぶしい表紙にためらってしまった

オジサンは私だ。絵から予想される内容は、ティーンエイジャーが

主人公の恋愛小説。そこに天使ときたら恐らくファンタジー要素も

ふんだんなはず。

ティーンエイジャーの恋愛小説やファンタジ

もっとみる
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(39:36)は購入後に視聴できます。

今回お迎えするエキスパートは、作家の七月隆文さんです。2003年『Astral』でデビューされた七月さん。2014年出版の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が2015年度、10代から20代女性に最も読まれた文庫本となり150万部を越えるベストセラーに。作品は映画化され先日公開となりこちらも大ヒットを記録しています。今回は、その七月さんの待望の最新刊、文春文庫『天使は奇跡を希う』を
基に伺ってま

もっとみる