幻冬舎 電子書籍

出版社の幻冬舎・電子書籍部門アカウントです。 小説、エッセイなど文芸作品から、実用書やビジネス書まで、幅広い本の試し読み記事やオリジナルコンテンツ、そのほか幻冬舎にまつわる様々なことを発信していきます!

幻冬舎 電子書籍

出版社の幻冬舎・電子書籍部門アカウントです。 小説、エッセイなど文芸作品から、実用書やビジネス書まで、幅広い本の試し読み記事やオリジナルコンテンツ、そのほか幻冬舎にまつわる様々なことを発信していきます!

リンク

マガジン

  • あなたの中の異常心理 | 岡田尊司

    なぜ悪は快感なのか? 人の心はミステリーよりミステリアス。現代人の精神の闇を解き明かす 誰もが心にとらわれや不可解な衝動を抱えている。そして正常と異常の差は紙一重でしかない――。 精神科医で横溝賞作家でもある著者が、正常と異常の境目に焦点をあて、現代人の心の闇を解き明かす。 完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強いといった身近な性向にも、異常心理に陥る落とし穴が。 精神的破綻やトラブルから身を守り、ストレス社会をうまく乗り越えるにはどうすればいいのか。現代人必読の異常心理入門。

  • 明日死んでもいいための44のレッスン | 下重暁子

    「明日死ぬとして、やり残したことはないか? 」そう問われて戸惑わない人はいないだろう。だが84歳の著者は自信をもって「ない」と言えるし、死という未知なる体験が楽しみですらあるという。どうすれば、そんな境地に達することができるのか? 本書では著者が日頃から実践し、明日死ぬと言われても穏やかに受け止められるという44のレッスンを初披露。自らの死について考えることは、よりよく生きることにつながる、と納得できる一冊。

  • 雨に消えた向日葵 │ 吉川英梨

    埼玉で小五女子が失踪。県警の奈良も捜査に入る。錯綜する証言、意外な場所で出た私物、男に目を付けられていた――情報は集まるも少女は見つからない。捜査本部が縮小されるが、奈良は捜し続ける。彼を駆り立てるのは、かつて見知らぬ男に陵辱され、今も心に傷を負う妹の存在だった。奈良の執念は少女発見に繫がるのか。警察小説の新旗手、最高傑作。

  • 日本の難点 │ 宮台真司

    現代とは「社会の底が抜けた時代」である。相対主義の時代が終わり、すべての境界線があやふやで恣意的な時代となっている。そのデタラメさを自覚した上で、なぜ社会と現実へコミットメント(深い関わり)していかなければならないのか。本書は、最先端の人文知の成果を総動員して、生きていくのに必要な「評価の物差し」を指し示すべく、「現状→背景→処方箋」の3段ステップで完全解説した「宮台版・日本の論点」である。

  • 六本木騎士ストーリー │ 弘兼憲史

    欲望うごめく夜の街を真っ向勝負で昇りつめた男のドラマチック半生! 弘兼憲史がマンガで書き下ろす、夜の世界を成り上がった男の経営哲学。 女優の卵が在籍するクラブとして高い人気を誇る「クラブチック」。オーナーの守川敏氏は、現在ナイトクラブの事業とともに、ワイン事業でも名を馳せる。度重なるライバル店からの嫌がらせ、反社会勢力からの暴力、スポンサーからの裏切りが相次ぐ六本木の地で、なぜ彼はまっとうに這い上がることができたのか。「島耕作」の著者、弘兼憲史がその生き方に共鳴するという"六本木王"の経営哲学をマンガで書き下ろす。

ウィジェット

最近の記事

「山ごもり」のすすめ…自然に返る練習をしよう #3 明日死んでもいいための44のレッスン

社会現象にもなったベストセラー『家族という病』で知られる、作家・エッセイストの下重暁子さん。著書『明日死んでもいいための44のレッスン』は、84歳(執筆当時)になった下重さんが、みずからの「死」について考えた一冊。「明日、死んでもいい。むしろ死という未知の体験が楽しみ」と明るく語る下重さん。いずれ訪れる死を穏やかに迎えるための知恵が詰まった本書より、一部を抜粋してお届けします。 *  *  * 死とは土にもどること 軽井沢の山荘に来ると、呼吸が楽だ。まわりの樹々や緑のせい

    • 友人の妻を寝取るのがやめられない…ある平和活動家の「異常な性癖」 #5 あなたの中の異常心理

      完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強い。どんな人にも、こうした性質はあるものです。しかし、それが「異常心理」へとつながる第一歩だとしたら……? 精神科医・岡田尊司さんの『あなたの中の異常心理』は、私たちの心の中にひそむ「異常心理」を解き明かす一冊。何かとストレスの多い今、自分の心をうまくコントロールするためにも読んでおきたい本書から、一部をご紹介します。 *  *  * 異性は狩りの獲物のようなもの イギリスの哲学者で、平和活動などでも活躍し、ノーベル文学賞の受賞者で

      • 「会いたい人」と今すぐ会う約束をしなさい #2 明日死んでもいいための44のレッスン

        社会現象にもなったベストセラー『家族という病』で知られる、作家・エッセイストの下重暁子さん。著書『明日死んでもいいための44のレッスン』は、84歳(執筆当時)になった下重さんが、みずからの「死」について考えた一冊。「明日、死んでもいい。むしろ死という未知の体験が楽しみ」と明るく語る下重さん。いずれ訪れる死を穏やかに迎えるための知恵が詰まった本書より、一部を抜粋してお届けします。 *  *  * 会いたい人に会えなかった日々 このコロナ禍に辛いことは何かといえば、会いたい人

        • 天才と狂気は紙一重? 夏目漱石を苦しめた「被害妄想」 #4 あなたの中の異常心理

          完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強い。どんな人にも、こうした性質はあるものです。しかし、それが「異常心理」へとつながる第一歩だとしたら……? 精神科医・岡田尊司さんの『あなたの中の異常心理』は、私たちの心の中にひそむ「異常心理」を解き明かす一冊。何かとストレスの多い今、自分の心をうまくコントロールするためにも読んでおきたい本書から、一部をご紹介します。 *  *  * ロンドン留学で症状が悪化 夏目漱石は、子ども時代里子に出されたり養子にやられたりしたうえに、実家に

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • あなたの中の異常心理 | 岡田尊司
          幻冬舎 電子書籍
        • 明日死んでもいいための44のレッスン | 下重暁子
          幻冬舎 電子書籍
        • 雨に消えた向日葵 │ 吉川英梨
          幻冬舎 電子書籍
        • 日本の難点 │ 宮台真司
          幻冬舎 電子書籍
        • 六本木騎士ストーリー │ 弘兼憲史
          幻冬舎 電子書籍
        • 最強でエレガントな免疫を作る100のレッスン
          幻冬舎 電子書籍

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          ウソをつくのがやめられない「ミュンヒハウゼン症候群」という病 #3 あなたの中の異常心理

          完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強い。どんな人にも、こうした性質はあるものです。しかし、それが「異常心理」へとつながる第一歩だとしたら……? 精神科医・岡田尊司さんの『あなたの中の異常心理』は、私たちの心の中にひそむ「異常心理」を解き明かす一冊。何かとストレスの多い今、自分の心をうまくコントロールするためにも読んでおきたい本書から、一部をご紹介します。 *  *  * ウソをついてでも関心を集めたい 自己目的化した嗜癖の一つに、虚言癖というものがある。 人類の知能

          毎朝、起きたら「今日やるべきこと」を決めなさい #1 明日死んでもいいための44のレッスン

          社会現象にもなったベストセラー『家族という病』で知られる、作家・エッセイストの下重暁子さん。著書『明日死んでもいいための44のレッスン』は、84歳(執筆当時)になった下重さんが、みずからの「死」について考えた一冊。「明日、死んでもいい。むしろ死という未知の体験が楽しみ」と明るく語る下重さん。いずれ訪れる死を穏やかに迎えるための知恵が詰まった本書より、一部を抜粋してお届けします。 *  *  * 自分で決めたことなら従える 私の朝は遅い。なぜか。夜寝るのが遅いからそうなる。

          つい手が伸びてしまう…「過食症」と「万引き」の意外な共通点 #2 あなたの中の異常心理

          完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強い。どんな人にも、こうした性質はあるものです。しかし、それが「異常心理」へとつながる第一歩だとしたら……? 精神科医・岡田尊司さんの『あなたの中の異常心理』は、私たちの心の中にひそむ「異常心理」を解き明かす一冊。何かとストレスの多い今、自分の心をうまくコントロールするためにも読んでおきたい本書から、一部をご紹介します。 *  *  * 原因はどちらも「愛情不足」? もっとも身近な犯罪行為である万引きと、過食症という食べることへの依存

          2022年12月の新刊

          電子書籍の新刊をご紹介!2022年12月7日配信開始闘え! ミス・パーフェクト / 横関大 ますます つぶやき養生 春夏秋冬、12か月の「体にいいこと」 / 櫻井大典 子どもにキレちゃう夫をなんとかしたい! / 水谷さるころ・著  山脇由貴子・監修 BANANA DIARY 2023-2024 生きていく / 吉本ばなな 鎌倉駅徒歩8分、空室あり / 越智月子 2022年12月8日配信開始神様が教えてくれた、星と運の真実 桜井識子の星座占い / 桜井識子 〈あの絵

          三島由紀夫を自決に追い込んだ「完璧主義」という異常心理 #1 あなたの中の異常心理

          完璧主義、依存、頑固、コンプレックスが強い。どんな人にも、こうした性質はあるものです。しかし、それが「異常心理」へとつながる第一歩だとしたら……? 精神科医・岡田尊司さんの『あなたの中の異常心理』は、私たちの心の中にひそむ「異常心理」を解き明かす一冊。何かとストレスの多い今、自分の心をうまくコントロールするためにも読んでおきたい本書から、一部をご紹介します。 *  *  * あなたの中にもひそんでいる? 完璧主義者は、頑張り屋である。理想の完璧な達成を目指して、何事に対し

          不審な車に付きまとわれていた! 行方不明少女を追う刑事の執念を描く警察ミステリー #5 雨に消えた向日葵

          埼玉県で小学五年の石岡葵が失踪した。最後に目撃されたのは豪雨の中をひとりで歩く姿。誘拐か、家出か、事故か? 電車内で発見された葵の私物、少女に目を付けていたという中学生グループ……。情報が錯綜し、家族が激しく焦燥に駆られるなか、県警捜査一課の奈良健市は執念の捜査で真相に迫っていく。 警察ミステリーの新旗手、吉川英梨さんの最高傑作として名高い『雨に消えた向日葵』。ムロツヨシさん主演でドラマ化もされた本作より、冒頭の一部をご紹介します。 *  *  * 「では、鑑取りいきま

          「秋葉原通り魔事件」は格差社会やグローバル化のせいではない #5 日本の難点

          テレビやラジオでもおなじみの社会学者で、東京都立大学教授の宮台真司さん。著書『日本の難点』は、最先端の人文知を総動員した「宮台版・日本の論点」と言うべき一冊。教育、メディア、政治、経済、日米関係、そして幸福とは……。宮台さんの考え方を知るうえで、「最初の一冊」としてもふさわしい本書より、一部を抜粋します。 *  *  * 格差よりも非包摂(排除)が悪い二〇〇八年六月の秋葉原殺傷事件に対する三〇歳代「ロスジェネ論壇」に属するとされる人々からのコメントには、驚きました。この事

          彼を捜査に駆り立てるものとは? 行方不明少女を追う刑事の執念を描く警察ミステリー #4 雨に消えた向日葵

          埼玉県で小学五年の石岡葵が失踪した。最後に目撃されたのは豪雨の中をひとりで歩く姿。誘拐か、家出か、事故か? 電車内で発見された葵の私物、少女に目を付けていたという中学生グループ……。情報が錯綜し、家族が激しく焦燥に駆られるなか、県警捜査一課の奈良健市は執念の捜査で真相に迫っていく。 警察ミステリーの新旗手、吉川英梨さんの最高傑作として名高い『雨に消えた向日葵』。ムロツヨシさん主演でドラマ化もされた本作より、冒頭の一部をご紹介します。 *  *  * 「小五の少女が夕方か

          宮台真司と考える「どうして日本の政治はダメになったのか?」 #4 日本の難点

          テレビやラジオでもおなじみの社会学者で、東京都立大学教授の宮台真司さん。著書『日本の難点』は、最先端の人文知を総動員した「宮台版・日本の論点」と言うべき一冊。教育、メディア、政治、経済、日米関係、そして幸福とは……。宮台さんの考え方を知るうえで、「最初の一冊」としてもふさわしい本書より、一部を抜粋します。 *  *  * 日本は事実上の「二権分立制」誰もが知っている通り、アメリカは大統領制です。一八世紀前半に活躍したモンテスキューの『法の精神』に由来する三権分立による権力

          誘拐か、家出か、事故かーー。 行方不明少女を追う刑事の執念を描く警察ミステリー #3 雨に消えた向日葵

          埼玉県で小学五年の石岡葵が失踪した。最後に目撃されたのは豪雨の中をひとりで歩く姿。誘拐か、家出か、事故か? 電車内で発見された葵の私物、少女に目を付けていたという中学生グループ……。情報が錯綜し、家族が激しく焦燥に駆られるなか、県警捜査一課の奈良健市は執念の捜査で真相に迫っていく。 警察ミステリーの新旗手、吉川英梨さんの最高傑作として名高い『雨に消えた向日葵』。ムロツヨシさん主演でドラマ化もされた本作より、冒頭の一部をご紹介します。 *  *  * リビングから、母親の

          行き過ぎた「ゾーニング」は異質なものへの不寛容さを醸成する #3 日本の難点

          テレビやラジオでもおなじみの社会学者で、東京都立大学教授の宮台真司さん。著書『日本の難点』は、最先端の人文知を総動員した「宮台版・日本の論点」と言うべき一冊。教育、メディア、政治、経済、日米関係、そして幸福とは……。宮台さんの考え方を知るうえで、「最初の一冊」としてもふさわしい本書より、一部を抜粋します。 *  *  * 表現規制からゾーニングへ前項の「『他人に迷惑をかけなければ何をしてもOK』か」で述べたように、昨今の社会では「他人を侵害しなければ何をしてもいい」という

          きっと、すぐ見つかるはず――。 行方不明少女を追う刑事の執念を描く警察ミステリー #2 雨に消えた向日葵

          埼玉県で小学五年の石岡葵が失踪した。最後に目撃されたのは豪雨の中をひとりで歩く姿。誘拐か、家出か、事故か? 電車内で発見された葵の私物、少女に目を付けていたという中学生グループ……。情報が錯綜し、家族が激しく焦燥に駆られるなか、県警捜査一課の奈良健市は執念の捜査で真相に迫っていく。 警察ミステリーの新旗手、吉川英梨さんの最高傑作として名高い『雨に消えた向日葵』。ムロツヨシさん主演でドラマ化もされた本作より、冒頭の一部をご紹介します。 *  *  * 昇降口でスニーカーに