ぼくたちはすれ違ってない

わたしの大好きな映画のひとつをご紹介します💐

『 ぼくは明日、昨日のきみとデートする 』

ご覧になったことはありますか??

京都が舞台の切ない青春恋愛映画です。

美術大学に通う主人公・高寿( 福士蒼汰 )が

通学電車の中で出会う女性・愛美( 小松菜奈 )に

一目惚れをするシーンから物語は始まります。

一目惚れをした。いつもの大学までの電車の中で、ぼくは唐突に恋をしてしまった。

もっとみる
あなたのスキをありがとうございます!
5

あー、潤った

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、京都を舞台に20歳の男女が織りなす、40日間の恋物語だ。

主人公の高寿と、(後に彼女になる)愛美の会話がテンポがよく、それでいて相手を想う気持ちに溢れている。その純粋な優しさに心が「潤った」。

また、愛美の秘密を知ったとき、その切なさに胸がギュッと締め付けられる。そう、この世界はあまりにも優しくて切ない。その世界を成り立たせているのは、二人の相手を想う

もっとみる
「スキ」ありがとうございます!出会いに感謝☆
4
ありがとうございます😊 今日はプリン用意しました!
7

センチメンタルが止まらない

僕はセンチメンタルなところがある。
青春時代の恋愛をテーマにした映画をひとりこっそり見たりする。そして、すっかり感傷的になって、誰もいないところで泣いたりする。

泣く映画は時々見たくなる。
今がその時で、少しハマっている。

「ボクは明日、昨日の君とデートする」を見た。

続けて3回見た。
1回め。物語の経過に合わせ、二人の悲しみとともに終盤泣けてきた。
2回め。彼女の涙の意味に共感して、泣いた

もっとみる
ありがとう-(^_^)
2

とある本を黒い袋で包んで人の家に置き去った話

その本と出会ったのは、去年の秋だっただろうか、はたまた一昨年のことだったろうか

恋愛小説らしいタイトル、そしてなんとなくタイトルからわかるラスト、帯。これは人々を感涙させて恋愛、切なっ…!でもこういう気持ち、いつか持てる相手がいたらなぁ。って思わせるに違いない!

いやいや騙されぬ。中学の時読みあさったのは江戸川乱歩、高校では湊かなえにはまり、受験前には日本の論点を読み、大学では日経トレンディや

もっとみる

そうしてまで、優花が叶えたいこと。彼女の願う奇跡、それは――「天使は奇跡を希う」049



 星月優花は、駅前で彼と別れ、一人で歩いていた。

 彼女が毎夜、必ず立ち寄る場所へと。

 駅を越えた通り沿いにある、成美のパン屋。

 その隣に建つ、今治タオルの小売店である。

 閉店した店のわき、パン屋との間にある狭い通り道に優花は佇み――

 二階の窓を見上げている。

 そこには明かりが灯っていて、彼女の両親がまだ起きていることを示していた。

 ここは優花の家だ。

 だが今は

もっとみる

その瞬間、彼女の姿が異様なくらい儚く映った――「天使は奇跡を希う」048

港では、横一列につながれた小型ボートが波に合わせて揺れている。

 ボート同士がぶつからないよう挟まれた発泡スチロールの浮がそのたびに擦れ、きゅきゅ、きゅきゅ、と鳴った。

「海鳥みたいに聞こえるね」

 隣で星月さんがつぶやく。夜の海を背景に、ほんのり青白く浮かんだ丸い頰。

 自転車を押しながら、彼女と二人きりで夜道を歩いている。

 この時間がずっと続けばいいのに。本気でそう思った。

 ど

もっとみる

「送る」とっさに口にしていた。言い訳だと自分の中で感じながら――「天使は奇跡を希う」047



 深夜になって、新刊を買っていないことを思い出した。

 それを自覚すると、今の気分を紛らわせる刺激がほしくなって、ぼくはすぐに家を出た。

 暗い道を自転車で走る。商店街の書店はとっくに閉まっているから、ファミマに向かう。人気作だからコンビニでも置いてるはずだ。今は少し遠回りしたい気分で、ちょうどいい。

 港は人影もなく、夜の海が持つ原始の怖さを浮標(ブイ)や建物の灯りがちかりちかりと和

もっとみる