NO ONAKIN、NO LIFE?~オナ禁をするだけで命運が変わる127日以上の現実~

〇本書内容
はじめに、、、
〇前作までのあらすじ
【オナ禁との出会い】
オナ禁追及がはじまりました。
『排出する技でオナ禁継続』
〇オナ禁で思考は現実化する
〇NO ONAKIN、NO LIFE?とは…
〇禁断の実践記127日~
〇言いたいことが言える強い意思
〇オナ禁のモテ効果について
〇テストステロンについて!?
〇睡眠不足とオナ猿は同じである。
〇我慢!セクキャバに行きたくなった。
〇速聴で

もっとみる
手間をかけて押して頂きありがとうございます。感謝してもしきれません。
3

4年間のオナ禁生活からみた人生逆転のすべらない話。なぜ、毎年200日を目指す動機は何なのだろうか?【とりあえず30日はじめませんか?】

読者のご要望により…

オナ禁の電子書籍21弾完成!3年連続で200日超え突破!4年連続いけるか…を挑戦させて頂いております。クダラナイ笑いがでてくることですね。

オナ禁2015年11月26日に知って、3年半が経過しました。

まさに神レベルまでいったオナ禁を継続するためのツール前作に紹介した『オナ禁×ホットヨガ×エネマ』を手に入れてオナ禁の奇跡とともに日々に歩いています。

バースト様、タイソ

もっとみる
あ!スキを押して頂きありがとうございます。貴方に良い事が起こります。
4

『オナ禁×ホットヨガ×エネマ』三種の神器が40歳独身男に救いをだす!約4年の禁欲歴からたどり着いた極上の世界を味わえ!~まず60日目標でやってみよう~

読者のご要望により…

オナ禁の電子書籍20弾完成!3年連続で200日超え突破!オナ禁2015年11月26日に知って、3年半が経過しました。

まさに神レベルまでいったオナ禁を継続するためのツール『オナ禁×ホットヨガ×エネマ』の奇跡とは?

バースト様、タイソン強し様 魔法使い様 毎回素晴らしいレビュー書いて頂き、本当にありがとうございます。心から感謝です。

いつも読んで頂いている読者様ありがと

もっとみる
スキを押すというアクションありがとうございます。貴方の運勢幸運体質です
4
00:00 | 00:30

※試聴版です。オリジナル版(39:36)は購入後に視聴できます。

今回お迎えするエキスパートは、作家の七月隆文さんです。2003年『Astral』でデビューされた七月さん。2014年出版の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が2015年度、10代から20代女性に最も読まれた文庫本となり150万部を越えるベストセラーに。作品は映画化され先日公開となりこちらも大ヒットを記録しています。今回は、その七月さんの待望の最新刊、文春文庫『天使は奇跡を希う』を
基に伺ってま

もっとみる

“ぼく明日”が吹かせてくれた風に乗って。七月隆文『天使は奇跡を希う』を語る。

2014年出版の『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』が

2015年度、10代から20代女性に最も読まれた文庫本となり

150万部を越えるベストセラーに。

作品は映画化され先日公開となり大ヒットを記録しています。

今勢いに乗る注目の作家、七月隆文さん。

その最新作が、

『天使は奇跡を希う』(文春文庫)

ある日、教室に天使の羽を生やした転校生がやってきた!

その天使の羽が見えるのは何

もっとみる

本の刊行が決定! 11/10(木)文春文庫、イラストは……

『天使は奇跡を希う』について、これまでお読みくださったみなさま、どうもありがとうございました。

今日はみなさまにご報告があります。11/10(木)、この本の刊行が決定いたしました!!!

カバーイラストは『君の名は。』や『心が叫びたがってるんだ。』『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』等のキャラクターデザインで大人気の田中将賀さん。

田中さんが描いてくださった優花と良史を最高の形で生かし

もっとみる

そうしてまで、優花が叶えたいこと。彼女の願う奇跡、それは――「天使は奇跡を希う」049



 星月優花は、駅前で彼と別れ、一人で歩いていた。

 彼女が毎夜、必ず立ち寄る場所へと。

 駅を越えた通り沿いにある、成美のパン屋。

 その隣に建つ、今治タオルの小売店である。

 閉店した店のわき、パン屋との間にある狭い通り道に優花は佇み――

 二階の窓を見上げている。

 そこには明かりが灯っていて、彼女の両親がまだ起きていることを示していた。

 ここは優花の家だ。

 だが今は

もっとみる

その瞬間、彼女の姿が異様なくらい儚く映った――「天使は奇跡を希う」048

港では、横一列につながれた小型ボートが波に合わせて揺れている。

 ボート同士がぶつからないよう挟まれた発泡スチロールの浮がそのたびに擦れ、きゅきゅ、きゅきゅ、と鳴った。

「海鳥みたいに聞こえるね」

 隣で星月さんがつぶやく。夜の海を背景に、ほんのり青白く浮かんだ丸い頰。

 自転車を押しながら、彼女と二人きりで夜道を歩いている。

 この時間がずっと続けばいいのに。本気でそう思った。

 ど

もっとみる

「送る」とっさに口にしていた。言い訳だと自分の中で感じながら――「天使は奇跡を希う」047



 深夜になって、新刊を買っていないことを思い出した。

 それを自覚すると、今の気分を紛らわせる刺激がほしくなって、ぼくはすぐに家を出た。

 暗い道を自転車で走る。商店街の書店はとっくに閉まっているから、ファミマに向かう。人気作だからコンビニでも置いてるはずだ。今は少し遠回りしたい気分で、ちょうどいい。

 港は人影もなく、夜の海が持つ原始の怖さを浮標(ブイ)や建物の灯りがちかりちかりと和

もっとみる

「え」 ぼくがつぶやいた直後、唇にやわらかなものが押しつけられた――「天使は奇跡を希う」046

神社の前に自転車をとめた。

 部活が終わったあと、ぼくは成美に誘われて三島神社に来た。

 自転車に鍵をかけ、成美が先に歩きだす。鳥居の前でこちらに向き、目で促してきた。

 ぼくも鍵をかけ、仕方なく急ぎめに追いつく。

 対になった狛犬の間を通り抜け、境内までの長い石段に差しかかる。

 今日は楽しみにしていたコミック新刊の発売日だから、神社に寄ったりはしたくなかった。

 そのことを伝えたに

もっとみる