ストライド

一流スプリンターに共通するポイントはこれ!

どうも、陸上競技トレーナーを表に出しながら、別で進めているペアレントトレーナー養成講座の方の更新が多くなっているもっさんです。(ブレブレ)

さて、今回はこれら論文をもとに、一流スプリンターに共通するポイントを紹介したいと思います。

一流選手とその他では、何が違うの?私とあの人では何が違うの?など一度はそういう思いをしたことがあるのではないでしょうか。

そんな方の参考になれば幸いです。

一流

もっとみる
スキありがとうございます!よかったら、フォローお願いいたします!
2

スプリントにおける鉛直方向の力発揮とは(ストライド長の増大は鉛直と水平の両方向の地面反力(Ground reaction force:GRF)を増大させることによって達成される可能性が示されている)

筋パワーが青少年におけるスピード決定因子である

Chelly&Denisは、青少年におけるスピードの決定因子を検証した数少ない研究を行い、「筋パワー」が加速および最大スピードの鍵を握る重要な決定因子であり、さらに脚のスティフネスも最大スピードの向上に貢献していると報告しました。

また、Oliverらは、思春期直前期と思春期直後期の子供における最大ランニングスピードの変化は「パワー」と「水平方向

もっとみる
ありがとうございます!
3

自分の走り方について考えてみた話

興味深い記事を読んだ。走る時の足音から走り方を考察する内容。(であってるかな?)詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ここで私はピッチ走法とストライド走法なるものが存在する事を知った。早速Google先生に聞いてみた。

この辺りの記事を読んでなんとなく理解した。私はおそらくピッチ走法だろう。公園とかで走っていると大股でダイナミックに走っている人を見かけるが、ああいう走り方がストライド走法なのか

もっとみる
明日もよろしくお願いします!
5

ストライド競馬新聞って気持ち悪い?

公認プロストライダーの奥野です。安井代表に許可を得ず勝手に肩書をつけました(笑)

このように、多くの会員様のブログやツイッター等で取り上げていただき、競馬ファンの間に浸透しつつあるストライド競馬新聞。

まだご存じない方のために、今日は一番の特徴をご紹介させていただきます。

1.ストライド競馬新聞は普通じゃない!

 上の画像のとおり、オリジナルの指数やデータが満載です。よって覚えるまでが大変

もっとみる

ストライドの飛距離を伸ばすには

パルクールの研究第2弾です。今回はストライドの飛距離を伸ばす方法について説明します。(助走ありでのストライド)ポイントは4点です。

①助走は腰を落とす
②跳ぶときは腰から前に
③肩を引き上げる
④腰の位置は一定に

これは、武術の走法や運足を元に研究した動き方になります。

①助走は腰を落とす

助走するときは若干腰を落として、自分の重心を下げるようにしましょう。走るときは、自分の走りやすい歩幅

もっとみる
ありがとうございます!これからも頑張ります!
1

ピッチとストライド 箱根駅伝2区2018

トップランナーの「ピッチとストライド」がどの程度なのか情報としてではなく、計測して知りたかった。

箱根駅伝の2区をハイスピードカメラで撮影して、キャリブレーションしてピッチ、ストライド、速度を計算してみた。

上位7名の内、1位を除いた6選手の平均は以下のとおり。

ストライド=137[cm]
ピッチ =196[rpm]
速度 =3分43[秒/km]

私はピッチは、190[rp

もっとみる
ありがとう!コメントも是非!!
2