【健康】ケトジェニックダイエットは危険なのか?16kg痩せたので血液検査してみたら、驚きの検査結果が、、、

■ケトジェニックダイエットを始めて7ヶ月

ケトジェニックダイエットを2019年11月に始めて、これまでずっと続けてきて7ヶ月が経過しました。もはや、ケトジェニック生活が標準となっています。

個人的な軽い感想としては、「続けやすくて効果を実感しやすいダイエット方法だな」と感じています。体調を崩すことも一度もなく、健康的に過ごせているのではないかなと思います。

ケトジェニックダイエットを始める際

もっとみる
ありがとうございます!良ければフォローもお願いします!
3

足裏のカサカサと酸性度

【長年の謎】

20年の整体人生の中でずっと疑問に思っていた事があります。

「なぜ体型に関係なく、足裏がきれいな人とカサカサの人がいるんだろうか?」

「重心バランスを気をつけても足裏がきれいにならないのはなぜだろう?」

実はそこにカラダの状態の秘密がある事に気づきました。

足裏がカサカサ(角質化)している方の共通点は

《慢性的な病気やトラブルを持っている》

という事でした。

慢性的な

もっとみる
倍返し💖
7

coconut oil 〜ココナッツオイル〜

以前、人気がでたココナッツオイル!

今でもじわりと人気が再燃しつつあります。

ココナッツオイルの何がいいのか。

まず、中鎖脂肪酸があげられると思います。

脳のエネルギーには糖よりもケトン体がいいとされていますが、

中鎖脂肪酸を摂取すると、

ケトン体ができやすくなります。

また、吸収率が4倍、代謝が10倍とエネルギーに

なりやすいという点もあります。

そういった意味でいいとされてい

もっとみる
優しさが広がり繋がっていきますように、、、
1

免疫を上げよう‼️~体の声を聞く

また久しぶりの投稿となって
しまいました!!ヽ(;゚;Д;゚;; )ギャァァァ

ゆるめの更新ですが
みなさん、どうぞ
よろしくお願いいたします。

前回、糖質制限の話をしたところ、
思いのほか、たくさんの方に
読んでいただきました o(>∀<*)o❤️

今回も、また
「食事」のことを中心に
書いてみたいと思います!

ところで
前回書いた糖質制限なんですが

わりと
ダイエット目的で
取り入

もっとみる
幸せ(*´艸`*)❤️💕💕
43

流行りの糖質制限少しでも早く「ケトーシス」になる方法

体内のエネルギーを糖質から
脂質へと変更して痩せていく
糖質制限ダイエット

その時に少しでも早くエネルギーを
糖質から脂質に変更しないと全く痩せません。

逆に中途半端に脂質も糖質も少ないと
「糖新生」が起こってしまします

↓糖新生についてはこちら↓

脂質をエネルギーとして使えている状態を
「ケトーシス」
といいます!

糖質制限をしてダイエットをする場合
少しでも早く「ケトーシス」
になる

もっとみる
フォローありがとうございます!遠慮なくコメントしてください!
11

痩せてる!でもちょっと待って!!!筋肉も一緒に減っていませんか???

今回もダイエットに関すること
についてお話しします!

テーマは「糖新生」

それではみてみましょう(^○^)

Let's 糖新生!

【糖新生とは?】

糖新生とは、体内にあるグリセロールやアミノ酸
乳酸を使ってブドウ糖(以下糖質)を合成することです。

何を言ってるんだ?難しいぞ!
と言われそうです(笑)

簡単に言うと
体内の脂肪や筋肉を分解してブドウ糖を作ってしまう経路のことです。

もっとみる
フォローありがとうございます!遠慮なくコメントしてください!
13

自粛太りをランニング+低糖質で痩せようとしてませんか? 

自粛太りをランニング+低糖質で痩せようとしてませんか?

この組合せ、体重を落とすだけなら有効ですが長期的に見たらやめた方がいいんです

両方痩せる組合せなんだから同時にやりたくなりますが、糖質がない状態でランニングすると足りない糖を作る為に筋肉を分解して、肝臓で糖に作り替えます

結果筋肉が分解されて肝臓が疲労します

するとリバウンドしやすくなるうえに、体調を崩してしまうかもしれません

脂質

もっとみる

『世界最新の太らないカラダ』/ジェイソン・ファン

勉強することの意義について考えることがあるけども、総じて

「正しいモノの見方を身に見つける」

ことにあると言ってもいい。

この本は、真摯に「太らないカラダ」に向き合って丁寧に解説している本だ。

ボリュームのある本だと思っているが、気になったポイントだけ抽出する。

・肥満の7割は遺伝要素、3割はそれ以外(行動)

・肥満の原因の95%を占めるのは食事

⇨インスリンの分泌量と抵抗性で太るか

もっとみる

【疑問】ケトジェニックダイエットとは?ケトン体の検査で注意すべきこと

今回は皆さんも聞きなじみのあるかもしれない、『ケトン体』についての記事です。

この記事を読んでくださっている多くの方々が『ケトン体』という言葉を耳にしたことがあるのは、おそらく巷で流行しているケトジェニックダイエットの影響でしょう。

医学生や研修医にとっての『ケトン体』といえば、臨床上はDKAの検査の際に登場することが多いですね。

みなさんはこのケトン体について深く学んだことがあるでしょうか

もっとみる
あなたのアクションがやる気につながります◎
41

朝活

朝の習慣に運動するという習慣がある。

サーキットトレーニング(タバタ式)の他に30~分程度の散歩をすることがある。

いつもの散歩道で毎日毎日早朝からゴミ拾いをしている60代ぐらいの男性がいる。

『おはようございます、毎日やってるんですか(ゴミ拾い)?』と訪ねると

『毎日やってますよ、この歳になると運動する機会が無くなるから運動がてらにやってる。』と笑顔で応えてくれた。

見習って朝の散歩を

もっとみる