中尾マネジメント研究所(中尾隆一郎)

株式会社中尾マネジメント研究所 公式アカウント。 株式会社中尾マネジメント研究所代表取…

中尾マネジメント研究所(中尾隆一郎)

株式会社中尾マネジメント研究所 公式アカウント。 株式会社中尾マネジメント研究所代表取締役社長。リクルート住まいカンパニー執行役員(事業開発担当)、リクルートテクノロジーズ社長、リクルートワークス研究所副所長などを経て、現職。https://nminstitute.jp/home

ウィジェット

  • 商品画像

    業績を最大化させる 現場が動くマネジメント

    中尾 隆一郎
  • 商品画像

    「本当に役立った」マネジメントの名著64冊を1冊にまとめてみた

    中尾 隆一郎
  • 商品画像

    最高の結果を出すKPIマネジメント

    中尾隆一郎
  • 商品画像

    「数字で考える」は武器になる

    中尾 隆一郎

マガジン

  • 商品画像

    業績を最大化させる 現場が動くマネジメント

    中尾 隆一郎
  • 商品画像

    「本当に役立った」マネジメントの名著64冊を1冊にまとめてみた

    中尾 隆一郎
  • 商品画像

    最高の結果を出すKPIマネジメント

    中尾隆一郎
  • 商品画像

    「数字で考える」は武器になる

    中尾 隆一郎
  • タスク管理が苦手な上司・部下向け!元リクルートK…

最近の記事

  • 固定された記事

【新刊】『現場が動くマネジメント』

・見本誌が届きました。「現場が動くマネジメント」です。 11月20日に出る16冊目の本です。 良かったら読んで、感想など聞かせてください。 今回はタイトル通り現場が(自律自転して)動くためにリーダーが実施するとよいマネジメント手法について書いた本です。 問題意識としては、リアルコミュニケーションを前提にしたマネジメントだけでは拙いのではないかという事があります。 2023年現在、コロナが収まって、リアルでのコミュニケーションが復活してきています。しかし、コロナなどの

    • 2024年 53冊目『トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽る流行の悲劇 』

      アメリカでこんなことが起きているのですか? ちょっと信じられなかったです。 なぜ、このような事を認めるのか、それが良い事なのか。 全く理解できないです。 でもそれが現実なんですよね。 以下にこの本を通してアメリカで起きていることを残しておきます。 従来のトランスジェンダーは、2~4歳で自分の身体への違和を感じている。 ところが、この本で対象にしている「トランスジェンダー」になりたい少女たち」は思春期ごろでありタイミングが大きく異なっている。 彼女たちは、インフ

      • 2024年 52冊目『教養としての禅』

        リクルート時代の同僚の井橋団平さんが曹洞宗高雲山観音寺住職の前田憲良さんに弟子入りし興禅として禅の修行をしています。 彼は私より10年ほど後にRに入社し、企業の求人系の仕事をしていました。 15年ほど前に独立して企業のコンサルや人事研修の会社を立ち上げました。 そんな彼が、現在の師匠である憲良さんに会いました。 師匠は、曹洞宗開祖、道元禅師が約800年前の鎌倉時代に書いた禅の奥義を記した正法眼蔵(しょうほうげんぞう)を40年に渡り、研究されていたそうです。 そして、

        • 2024年 51冊目『化石に眠るDNA-絶滅動物は復活するか』

          映画ジュラシックパークでは、琥珀の中に残された蚊が吸った恐竜の血液からDNAを取り出して恐竜を蘇らせる。 長く冷凍状態であったマンモスなどが見つかって、そのDNAが分析され、それからマンモスが復活するかもというニュースを見た事もあります。 ワクワクしたのを覚えています。 そして、無自覚に、それはできるんでしょうって思っていました。 これを科学的に真正面から確認してみましょうってのがこの本です。 化石から古代DNAを取り出すことは、無人販売所の箱の中から特定の人が入れ

        • 固定された記事

        【新刊】『現場が動くマネジメント』

        マガジン

        • 2024年の読書記録
          51本
        • 2015年の読書記録です
          29本
        • 2016年の読書記録です。
          104本
        • 2017年の読書記録
          108本
        • 2023年の読書記録
          98本
        • 2019年の読書記録
          98本

        記事

          2024年 50冊目『人を活かしてDXを加速するAIドリブン経営』

          Kaizen PlatformCEOの須藤憲司さんの本です。 面白いですね。 中尾塾のある経営者が全従業員で毎週一定時間AIタイムを設けると言っていました。 以前Googleが20%の時間を自由に研究に充てて良いと決めて、そこから多くの製品・サービスが生まれたのは、とても有名な話ですよね。 今は、それをどこでもできるし、しないと取り残されるタイミングですね。 そんな時によい参考文献が出た感じです。 ドッグイヤーした箇所をメモしておきます。 誰もがAIを使える時代

          2024年 50冊目『人を活かしてDXを加速するAIドリブン経営』

          2024年 49冊目『付加価値のつくりかた』

          先日飲む機会があった元キーエンスで現カクシンCEOの田尻望さんの本です。 10万部突破したの分かります。 仕事で一番大事な事、付加価値を作る 方法を学べます。 冒頭に質問があります 利益率5%の会社が 条件はそのままで 1 価格を20%アップしたら利益は何%になりますか? 2 価格を5%値引きしたら利益は何%になりますか? そうですよね 1 利益は5倍 2 利益は0 仕事の生産性を高め、売上や利益を効率よく増やし 無駄な仕事を減らし、意味のある仕事に集

          2024年 49冊目『付加価値のつくりかた』

          サクセッションプランの依頼が連続

          最近サクセッションプラン関係のお話を頂くことが連続しています。 1社は継続中の案件に、1社上場企業から。 もう1社は70年以上継続している企業から。 共通点はサクセッションと人材育成を兼ねている事。リクルート時代の最後の仕事の1つが大手IT企業のサクセッションプランの研究でした。 7社の上場企業の社長にインタビューをして作成しました。 普通にインタビューしても細かい話は教えてもらえないので一工夫しました。 過去の役員の系譜を調べて年表を作ったのです。 すると、どのよう

          サクセッションプランの依頼が連続

          2015年 29冊目『わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』

          ノーベル平和賞を取ったパキスタン人マララ・ユスフザイさんの受賞後初の本です。 スクールバスで帰宅中にタリバンに銃撃されたマララさん、これくらいの情報しか知りませんでした。 彼女が、小学校高学年読者に向けて、書き下ろした本です。大人でも感動します。お勧めです。 マララさんはパキスタンのミンゴラのスワート渓谷に住んでいた女の子です。(過去形なのは、現在はイギリスのバーミンガムに住んでいて、ノーベル賞を取ったこともあり、タリバンの標的になる可能性が高く、危険なため帰国できない

          2015年 29冊目『わたしはマララ 教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』

          2015年 28冊目『ゼロからはじめる通販アカデミー』

          これが通販ビジネス「勝利の方程式」だ!とあります。 丁寧に基礎から応用まで書かれている良書だと思いました。 例えば、変動率は40%以下に抑える。新規顧客の年間LTVは、本品受注単価の3倍以上を目指す。解約回避率は50%以上を死守する。この3つが冒頭に書いてあります。 通販は、すべての数字を「見え る化」できるので、それらのデータを元にKPI設定すれば良いのです。ホント、そうですね。 1章では事業計画の立て方、2章では商品開発のポイント、3章では新規顧客の獲得方法、4章は

          2015年 28冊目『ゼロからはじめる通販アカデミー』

          2024年 7月12日の感謝

          グループコーチングをご一緒していた4人で銀座の息子がやっているバルで。楽しい時間でした。また飲みましょうね。 ・前日にこのビルの13階にあるサウナへ。 ポンチョを着て屋上で整う事ができるのです。 屋上にあるベンチで寝転んで整えていたら、人が上がってきて、声をかけてくれるのです。 息子がお世話になっているビルのオーナー。 同業の社長とサウナだったのです。 屋上で少し話をしたのですが、(いつもは嫌な)ビル風が心地よく、銀座の空を満喫できました。 ▼PIVOTに出演し

          2015年 27冊『ビジネスに必要なたった1つのこと 40歳過ぎて海外進出した経営者が教える 働き方のヒント』

          東南アジア、オーストラリア、日本で不動産業を営んでいる康本アレックスさん(海外での呼び名)が書かれた本です。 御年72歳の方です。 たった1つのことは、「ポジティブに考えること」その通りですね。 筆者は英語も話せないのに、東南アジアで不動産業を始め、その後、ご縁でオーストラリアでも不動産業を始めます。 これらの国々加え、日本でもビジネスをされる中で、それらの違いを乗り越えていかれた方です。 宗教の違い、文化の違い、教育の違いを実体験で感じ、それを本にされています。

          2015年 27冊『ビジネスに必要なたった1つのこと 40歳過ぎて海外進出した経営者が教える 働き方のヒント』

          2015年 26冊目『マクドナルド失敗の本質』

          法政大学教授の小川さんと言う方の書かれた本です。 大学の授業でマクドナルドについて成功ビジネスケースとして取り上げられていた方で、昨今のマクドナルドの迷走ぶりについて、開示されている情報を中心に分析しています。 帯に「賞味期限切れのビジネスモデル 2011年の最高益から170億円の赤字転落へ、原田泳幸が陥った戦略の罠」とあります。 お会いした事はありませんが、原田さんはサラリーマン経営者の最高峰の1人ではないかと思っていますので、この本を手に取りました。 孫さん、三木

          2015年 26冊目『マクドナルド失敗の本質』

          2015年 25冊目『日本人の稼ぐ力を最大化せよ』

          野村総研の理事長 谷川史郎さんの本です。 先日、同社との打合せ時に献本頂きました。 副題に「世界と比べてわかった 日本人のこれからの稼ぎ方」とあります。 元気になれる本でお勧めです。 例によってドッグイヤーの部分を書きます。 ・バチカンが古文書をアーカイブとして残す企業をNTTDATAに選びました。(これは同社の社長から詳細を直接伺ったことがありますので、よく知っています)他の企業は無償での提案をしたのですが、有償の同社が選ばれたのは、技術力に加えて、日本の宗教的な寛容

          2015年 25冊目『日本人の稼ぐ力を最大化せよ』

          2015年 24冊目『How Google Works』

          Google会長のエリック・シュミットさんとプロダクト担当副社長のジョナサン・ローゼンバーグさんが同社のビジネス成功の真髄を書かれた本です。 とても良い本でした。 自分のマネジメント感とも類似(自分自身が専門家で無い分野でのマネジメントをする際の要諦)で納得感が高かったです。 ドッグイヤーをしたポイントをメモしておきます。 ・私たちはインターネットの時代に生きていて、3つの強力な技術トレンドが競争条件を根本的に変えた。「情報の無料化」「常時接続」「クラウドコンピューテ

          2015年 23冊目『ホスピタリティ・マーケティングの教科書』

          ※以下は2015年にFBに投稿された内容です。 生涯顧客を創造する最強のブランド戦略と帯にあります。 面識はありませんが、同い年の著名人である小山薫堂さん(おくりびとやくまもんで有名)が帯に 「日本一のおもてなしホテルを創り上げた著者の驚くべきマーケティング理論!全てのビジネスの根源はホスピタリティにある!」 サービス業の新しいスタンダードだとまで書かれています。 息子が星野リゾートにいることもあり、読むしかないでしょうと手に取りました。 とても参考になる本でした

          2015年 23冊目『ホスピタリティ・マーケティングの教科書』

          2015年 22冊目『世界で闘う仲間のつくり方』

          トレンドマイクロ社のCCO兼共同創業者のジェニー・チャンさんの本です。 ジェニーさんは、会長兼共同創業者のスティーブ・チャンさんの奥様で、肩書きのCCOはCOOなどの誤植ではなくて、CCOの2つ目のCはCulture文化のCです。 企業文化の継承と文化と企業の融合の責任者と言うことです。 一般企業には無い職種ですね。 RMS時代の同僚のIさんからトレンドマイクロ社人事担当執行役員のNさんをご紹介頂きました。 その際にIさんから課題図書としてこの本を頂きました。 ある意

          2015年 22冊目『世界で闘う仲間のつくり方』