市民ランナー共走のたすきvol.8             三輪紀仁さん

パーソナルトレーナーとして独立した矢先に新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言が発令された。
苦しい船出にはなったが、「挑戦し続ける」と三輪紀仁(みわのりひと)さんは目を輝かせる。
教えるだけでなく、自らも走り続ける。
筆者(RUN de Mark事務局・萩原諒)も一緒に走ってみた。バリトンボイスが耳に優しく、的確なアドバイスが心地よくリズムを刻む。
1キロも走れなかったというスタートからト

もっとみる

再び共走できるその日を夢見て、ロードレース再開のための強い意志と思い。

去る6月30日、日本陸上競技連盟(JAAF)から
・ロードレース再開についてのガイダンス(基本方針)
・ロードレース再開についてのガイダンス(チェックリスト)
が公表されました。
cf. 「ロードレース再開についてのガイダンス」策定について(JAAF)
 これは、6月11日に公表された
・【陸上競技活動再開のガイダンス】概要
や、同25日に公表されたトラック&フィールド競技の
・競技会開催について

もっとみる
ありがとうございます!

ウルトラランナーの安っぽい話

朝ラン坂道12キロ。日曜日の激走で、疲労はピーク。(暑さや湿度もあるし)

走り始めたもののなかなか調子に乗らない…

「今日はやめておこうか?」いろいろ言い訳を探す。

「ダメダメそんなメンタルでは、100マイルなんて走れないぞ。」

もう一人の自分がゲキを飛ばす。

でも、鞭を打ち続けても長くはもたない。

走ることの意識は外して、ひたすら「朝ごはん何を食べるか?」で脳を支配。

「トーストに

もっとみる

マラソン大会が中止でもトレーニングの楽しさは奪われない

今日のオンラインセミナーで感じたことを記しておく。

今日は『ランナーのための糖質制限(低糖質)食事法』のオンラインセミナーを実施した。
今回は1か月前に実施したセミナーのフォローアップ的な内容。
糖質制限は体が適応するまでに時間がかかるので、最初の1か月くらいで挫折してしまう可能性が高い。
そこで、1か月経った今日フォローアップセミナーを実施することで、疑問を解消し、精神的に励まし、肉体改造が成

もっとみる

「走ることについて語るときに僕の語ること(村上春樹)」からランニングとの向き合い方を考える-3(北海道サロマ湖ウルトラマラソン編)

作家の村上春樹さんはランナーであり、ランニングについての本を書いています。ランナーなら誰しも感じたことがある感情を文章で表現されています。響くフレーズを引用させて頂き、自分の考えも添えて書きたいと思います。

何度かに分けて書いており、こちらは3回目の記事です。今回はウルトラマラソン編です。

前回(1回目・2回目)はこちら

はじめに:この本と私

私は走り初めて3年ほど経った時に、偶然この本に

もっとみる
応援ありがとうございます!
5

エルワンさんの奥様へお手紙をお送りした、そのお返事をラジオにしました。家の中で「山岳マラソン」をしてしまう夫をどう思っているのか。走る鉄人にして哲学人のエルワンさんが、家人としてはどのように暮らしているのか興味を抑えることが出来ず、奥様にお手紙をお送りしました。そのお返事が愛情溢れるものだったので、エルワンさんのファンとしてここにお送りいたします。

私から奥様へお送りしたお手紙はこちらです

もっとみる
三河屋幾朗が「スキ!」なんて、なんとも奇特な方!愛してます。
7

本日のMラジ!ゲストは楠瀬祐子さん!100kmと24時間走の世界選手権日本代表です!

本日のMラジ!

ゲストは

楠瀬祐子さん!!

100kmウルトラマラソン

24時間走

世界選手権の日本代表です!!

フルマラソン42.195kmを走るだけでも長いのに

100kmとか

さらには24時間も走り続けるなんて

もうリスペクトしかないです(笑)

ラジオでもお話いただきましたが

中学では陸上部に入るも、あまり盛んな部活ではなかったそうで

校舎の周りでJOGしかしていなか

もっとみる
ありがとうございます!日々精進致します!
8

2020年のレース予定・・・がほとんどぶっ飛んだ

サハラマラソンが結局、来年4月に延期になりました。
予想はしていたのですが、正式に案内が来るとやはりショックですねえ。
2013年から毎年サハラ砂漠に通い続けていたのが、今年はぽっかりと、、。

巷で桜が咲き始めるとサハラ砂漠へ出かけ、砂漠から戻ってきたら新緑が眩しい季節になっていて、砂漠でカッサカサになった肌は梅雨の時期にしっとりと潤いを取り戻すのですが、、、

今のこの梅雨時期、ただただ湿っぽ

もっとみる

辞退という決断。

挑戦を豪語していた、9月の佐渡島208kmマラソン。とても残念ですが、参加を辞退することに決めました。

さっき、コロナリスクを考慮した出場人数縮小にともなう辞退者募集のメールが届き、申し出ました。

去年から半年以上、かなりの時間と労力をかけてこの日のためにトレーニングを積んできたので、本当に苦渋の決断......。正直言ってけっこうつらい。(オリンピック選手たちの気持ちを考えると胸が痛い)

もっとみる
ありがとうございます!ご感想いただけたら嬉しいです。
1

箱根ラン

昨日は、少人数で久しぶりに箱根を
47kmばかり走って参りました~

緊急事態宣言からほぼ全てのマラソン大会

が、中止になるなか
ロング走の練習もしなくなってしまい

ほんとに観光地箱根は大丈夫だろうか…

こんな箱根は、3.11以来だ

深刻な状況…

少し、計測を止めてしまったので

少なめの表示ですが、

やはり、たまにはロング走の練習を

入れないとと、

筋肉痛の脚に反省
#ウルトラ

もっとみる