走るコース選びはとても大切

こんにちは。ランニングアドバイザーの角地です。

今日は何となくこのコースを走ってみよう。
その日の気分でコースを決めて走ると楽しいですよね。

コース選びはその日の気分に合わせる事もとても大切ですが、体調や、練習目的に合わせて地面を選ぶことで、より効果的に練習することができます。

走る地面は、アスファルトや、コンクリート、整備されたグランドや芝生、トレイルのような山の中など色々な状況が選べます

もっとみる
とても励みになります!
13

揺れる陽射し

『走る詩人』加澄ひろしです。

だいぶん日が長くなってきました。冬至から2カ月が過ぎて、東京の日の入り時刻は17時半から18時へと移行しています。日の入り時刻の移動とともに、午後の太陽の高さや体感温度も変化してきました。外を走っていると、肌に触れる空気の感触や、顔に当たる空気のにおいに、急速に近づいてくる春を感じます。午後の陽射しの色も、少しずつ変わってきていることに気づきます。

筆者へのメール

もっとみる
有難うございます!
2

光る風

『走る詩人』加澄ひろしです。

春の陽射しがうれしい季節がやってきました。梅の花はもう花盛りです。木々の若芽がどんどん育っています。枯れた枝に、キラキラ光る新しい色が輝いています。歩いていても、走っていても、ココロが浮き浮きしてきます。今日から3月、まだ風が冷たい日もありますが、穏やかな季節が訪れています。外に出て、風を浴びて、季節の喜びを満喫しましょう。

筆者へのメール: kasumi@tok

もっとみる
有難うございます!
3

日々のトレーニングやレースで感じたことを書いていきたいと思います。

「ランナー膝」と診断されて。

「おそらく、『腸脛靱帯炎』だと思います。」

昨日の夕方。
膝の痛みに悶えながら訪れた整形外科にて、そう診断された。

「ランナー膝」とも言われる症状らしい。
おしりの筋肉から脛の骨まで伸びている靱帯の炎症。

自分もついに「膝の爆弾が爆発する」経験をしてしまったのか、と思った。

きっかけは、最近日課としていたランニング。
今年の正月三が日終わりくらいから、正月太りが気になるな、自分の体型が緊急

もっとみる

相手に伝わりやすい言葉の選び方3

こんにちは。ランニングアドバイザーの角地です。

週末はランニングと関係のないNLPのお話です。
今週も「相手に伝わりやすい言葉の選び方」の続きです。

人は大きく分けて視覚、聴覚、感覚(味覚、嗅覚を含む)の
3つの感覚傾向に分けることができます。

今日は聴覚優位の人の傾向と見分け方、理解してもらいやすいポイント、
用いると良い表現などを紹介していきたいと思います。

聴覚優位の人の特徴は
姿勢

もっとみる
本当にありがとうございます!
17

軽い痛みは危険信号

こんにちは。ランニングアドバイザーの角地です。

少しずつ暖かい日が増えてきて新たに走り始める方もいるのではないでしょうか。

走り始めは、ついつい頑張ってしまいがちです。
連日走っていると、脛の部分や足の裏、膝など色々なところが少しだけ痛くなる時期があります。
翌日には元に戻ったり、走って少し経つと痛みが消えたりするので、あまり気にせずにそのまま頑張ってしまう人が多いと思います。
この軽い痛みは

もっとみる
本当にありがとうございます!
27

風のにおい

『走る詩人』加澄ひろしです。

このところ暖かかったり寒かったりの日の繰り返しが続きます。そうやって、確実に春が近づいてくるのですね。木や草は、季節の変化に敏感です。東京でも、例年通りの木の順番で、花のつぼみが膨らみ始めたり、花びらがほころび始めたりしています。暖かい日には、風のにおいにも甘さを感じます。気がつけば、木の幹にも緑の色が見られ、若い枝も伸びています。もう2月も終わり、3月の桃の節句を

もっとみる
有難うございます!
2

聖火ランナー

2021年2月26日のニュースを見たところ、感情が動いた。

聖火ランナー最初のランナースタートがあと1ヶ月を切っていて、オリンピックが開催するか分からないのに聖火ランナーは走らせるという矛盾だ。

このニュースを見て口に出したこと『えっ!?やるの!?』

この感情は久しく経験してないなぁと。

一番しっくりきたのは、外が雨なのに部活やりますと言われた時の感情

『え、やるの!?』

面白いから他

もっとみる

ツインレイ 家族への執着

こちらの記事が含まれるマガジンです。1回買えば60本読み放題!のこちらのマガジンご購入が断然お得です↓


ツインレイの人達は
生まれながらの孤独を抱えています。

もっとみる
ありがとうございます❤️