ゆとりですか、私?

Huluで、大好きだったドラマ「ゆとりですがなにか」を見返している。
地上波で放送されていた頃、私は高校3年生で、「なんでかわからんけど、元気が出るドラマだなぁ〜」と思っていた印象がある。いわゆる「ゆとり世代」のありのままの姿に、笑いをもらって、共感して、少し勇気をもらっていたのだと思う。
実際に、このドラマは、本物の「ゆとり」たちにインタビューを行って、作成されたらしい。劇中には、「どこかの誰か

もっとみる
見つけてくれてありがとう🍓
3

「お金」とはただの紙切れ

本コラムは、2018年1月に村上が運営するコミュニティの会報誌vol.6にて公開した連載コラムを特別公開するものとなります。

コロナ禍で失業や売上激減など「お金」の問題に直面している皆さまにぜひ読んでいただきたいコラムとなっております。

お金持ちになりたいなぁ。

今これを読んでいる方は、
全員そう思っているはずです。

恥ずかしがる必要なんてありません、
みんな声を大にして叫びましょう、

もっとみる
ありがとうございます
6

僕と友達と黒人先輩らと後輩とテレビゲームだった小2時代、1997年の青春と想い出。~Be here now~

イギリスのバンド、oasisのbe here nowというCDアルバムジャケットがある。あれを見ていると1997年の僕らを思い出すことがある。まぁ、他人からしたら言わないだけで想い出なんて誰でもあるし、昔話はあまりしつこく話すと嫌われてしまう傾向があるがやっぱり毎年夏になるとふとあの頃を感じるというか今の時代に対する反感というかギャップを感じる....。スマホなんかなかったな、You Tubeなん

もっとみる

ゆとりと呼ばれた私より、子供たちへ

小学校に入学すると制服が与えられた。女の子には赤が、男の子には青の物品が支給された。授業の始まりと終わりに必ず起立、礼、着席をした。毎週月曜の朝礼では、暑かろうが寒かろうが全員校庭に並び、前ならえを繰り返して均等な間隔を保ち、休めと直れが適宜指示された。

今ではこういった軍隊的な動作や性差による分類を思うと心が掻き乱される。これらの意味や本質について突き詰めると怖くなる。

しかし今日は本当のこ

もっとみる
あっ、ありがとうございます!
18

超加速する時代に生まれてしまった我々は

明治大正を感じることのできた世代に生まれた私

私は昭和57年生まれで今年38歳になりました。

私の父は戦後生まれですが、小学生のころから家の農作業を手伝い、荷牛車を引いていたと聞きます。家に向かう坂道を登る時は自分も押さなければならず、大変だったそうです。

祖母は父のおむつをその坂道の下の川で洗っていたといっていました。 私の生まれた家屋は明治時代に建てられたものでしたので、便所は汲み取り式

もっとみる
有難うございます。あたた様との出会いに感謝します!
7

8月8日 若いうちの苦労は買ってでもせよ[day69]

僕はこの言葉を20代前半の時は常に思ってました。

今振り返るとしなくてもいい苦労はたくさんあったなと思いますが、その経験があったから今の自分がいるので当時苦労を買ってよかったなと思います。

僕がした苦労はあまり大したことないかもしれないですが、なかなか経験することがない事を経験させてもらいました。

若い時は怖いもの知らずだったのでドンドンチャレンジしてました。羽目を外したことも何度かありまし

もっとみる

ゆとり世代アラサー男性からネットネイティブ世代へ

どうも、こんにちは。

ごりっごりのゆとり世代、はなちゃんです。

僕達ゆとり世代が過ごした少年時代は正にインターネット黎明期。

アングラなサイトからアダルトサイト、グロテスクなコンテンツなど過剰な刺激を発信する場所が突然身近な存在になり、大人達はよくわからないものに対して警戒していたと思います。

同世代の方々は「ネットは基本信用しない」と言う定説をよく言い聞かされた覚えがあるのではないでしょ

もっとみる

先祖信仰とお墓参り

今日は朝から父方の祖父のお墓掃除に行きました!我が家のお墓は代々墓なのですが、うちの土地なので、他に管理者がいません。だから掃除は本当に大変です。

因みに同じ敷地内には祖父の姉の家のお墓もあります。だから2家族分しかないので、掃除をするのも近い身内のみなのですが、祖母は嫁の立場で、祖父の姉は小姑さんになります。なので、草刈りやなんやらはうちがしないといけません。

仲悪いから…更に嫁であるうちの

もっとみる
あなたのスキがパワーになります♡
14

若い頃の苦労は一生のトラウマ

「若い時の苦労は買ってでもせよ」ということわざがある。買うにしてもよく考えて買えよって実体験。トラウマはクーリングオフできまへんからな。

一般的に就職氷河期といえばロスジェネ世代のことを指すことが多いだろうが、私はその陰で不遇の世代と一部から呼ばれている87年生まれである。

昭和生まれではあるが、昭和に生きた記憶はほぼなし。ずっと土曜日に授業も受けてきたにも関わらず、国の方針で”ゆとり教育”が

もっとみる
超感謝です!
19

登校日だった8月6日、広島で。

今日、8月6日は日本で生まれ育った方なら、何があった日かは誰でもわかると思います。

だけど小学校6年生までは、私の中で、夏休みの登校日でした。登校日に体育館で、全校集会があって、皆で黙祷します。黙祷の意味も低学年の頃はわかりませんでした。

目を瞑って、下を向き、誰かがこそこそ話をしているのを聞いているだけという感じでした。それが、6年生になってから急にリアルになるのです。

そうです。私は岡山

もっとみる
スキ♡ありがとうございます!
20