ゆるくプロフィール

こんばんは、ゆとりコンサルのメグさんです。

20代、30代、40代とそれぞれの年代を
自分らしく走り抜いて今40半ばで、
ようやくしっくりきてます。

自分がどんな人なのかどんどんわかっちゃったんです!笑

自分時間の大切さ=ゆとり。

現在は子供達を中心に学びの場作りや、
学習の本質的なサポート、働くママさんやゆとりが欲しい人生設計のお手伝いなど。
ゆとりコンサルタントとして
食と教育と場づく

もっとみる

ハイキュー!!白鳥沢学園鷲匠先生の「スパルタ」を考えてみた。

スパルタの反対語はゆとり?

昨日友人からLINEがきた。
不躾だと僕を叱ってきたあの友人だ。

「【スパルタ】の反対語って何だと思う?」

1分少々考えた。ちょっとふざけた意味も込めて「ゆとり」と答えた。
すると友人から「だよね」と返ってきた。
続けて彼は「そうすると、スパルタも悪くないことだよな」
「え、なんで?」と疑問だったがすかさず確かにそうだよなと思った。
というのも昨日の記事でハイキュ

もっとみる

後ろ向きな前向き

お金のゆとりは、心のゆとり。

そんな言葉を聞いた時「確かに」と思いました。

自分を振り返る時間が、ゆとりだと思うのです。

時間はお金で買えると思っていて、よってゆとりもお金で買えると思っています。

ただそんなお金は無いので、工夫でゆとりを作り出すしかありませんでした。

仕事はいつも景気に影響を受けていたと思います。

時にはギスギスした仕事場の人間関係も、景気が関係していたと思うのです。

もっとみる
ありがとうございます😊生き返りました!
8

自分の立ち位置を知る

蛍くんと会える日まであと44日です。パパは1週間ちゃんとお仕事頑張ってくれました。今のママは全然稼げていないからパパが働いてくれて助かります。今日はママは友達にたくさん連絡しました。蛍くんはきっと産まれたらママのお友達がいっぱい相手してくれます。みんな個性的だけど優しくて何よりママを大切に思ってくれています。血の繋がりより濃い繋がりのある仲間たちです。絶対に出産前に「蛍くん、今から産みます!!」宣

もっとみる
スキありがとうございます☆
2

余裕ある時間

雰囲気のある30歳くらいの男性。
作業着を着て軽トラの横に立ち、煙草を吸っていた。
私は車の中から何の気無しにその様子を見ていた。
男性はゆっくりと煙草を吸いこみ、肺が煙でいっぱいになる位の時間を置いて、ゆっくり煙をはいた。

次の一口にいくにも一呼吸置き、腕をゆっくり口元に持っていき、ゆっくり下ろしながら煙をはいた。

スローな動きで最高に素敵な煙草の吸い方だった。

百害あってなんてろは今は置

もっとみる

コスパ重視の社会であえて伝統工芸品や高級品を用いる意味 ~ひとそれぞれを超えられるか~

高校生のとき、食器のことで同級生のM君と喧嘩をした。それは、僕が「漆塗りのお椀でお汁を飲んだほうが、美味しいように感じる」という考え(以下「伝統工芸派」という。)だったのに対し、M君は「器など使えれば何でもよい。100均のプラスチックのお椀で十分。わざわざ漆塗りの器を使うなどコスパが悪く無意味」という考え(以下「コスパ派」という。)であった。結局、どちらも決定的な論理を構築することはできず、平行線

もっとみる

気を遣う。昔は気を遣うは、遠慮することと履き違えていた。気を遣うとは、思いやるということ。自分にも、他者にも気を使う。他者だけでなく、自分にも。気を遣えるということは、それだけの余裕もあり、ゆとりも生まれるということ。気を遣えるだけの器があるということ。より良い1日を。

あなたの仕合わせを願ってます^ ^

家計は余裕があるのがやはりいい感じ。

ごく普通のサラリーマンをしております。これといって年収も普通かと思います。

家族の収入源は自分のみであり、金銭的な面ではやはり一人暮らしだった時のほうが余裕があったとおもいます。

数年前までは金銭的な面で家計が厳しいときがあり、残業、休日出勤をお願いするがごとくにやり、どうにか家計を切り盛りしておりました。その時は毎月の請求書の為に働いており、肉体的にはもちろん辛かったですが、精神的な面でかな

もっとみる
誠にありがとうございます!
5

ゆとりを持つことの大切さ

おはようございます。現在の時刻は7:46です。

7月になりましたね。

5月くらいから髪の毛をブリーチしてピンクにしていましたが、7月になりダークに戻しました。

だいたい2ヶ月に1度はサロン行くのでしょっちゅう髪の毛の色を変えています。

まるでカメレオンのように。

人生もそんなふうに自由でいたいよね💐

女子にとって髪の毛って日々のモチベーションになると思います、少し前髪が伸びただけで人

もっとみる
あなたに幸せがありますように
4

すごく大事にしている服をクリーニングに出しても、真っ白な部分がいつのまにか黄ばんでしまったり、汚れが取れてなくて、仕方ないのかな…と思ってたけど、そうではないのかも。というきっかけで本を読もうと思ったけど、本来洗濯は楽しめるものだと思わせてくれる安心感が良いと思っているのかも。

ありがとうございます🐱🌙