コラム

37

俺はぜったいにリストカットをしない

就活が終わった。
別段いい結果だとも思わないが、落ち着いた今となっては悪い結果だとも思わない。とにかく今は、来年から真っ当に働く社会人になれるのだと少し安心している。

就職浪人を決めた昨年の夏、僕はそんなに焦りを感じていなかった。
志望業界の納得できる企業から内定を貰えなかったら就職浪人しよう。
そう思っていたから、ある程度の覚悟は出来ていたのかもしれない。元々、人を妬んだり羨んだりするタチでも

もっとみる
アー ユー エド・シーラン?
10

「官能小説を書いてみよう」と思い立ったことはあるか

家族が家にいない時間を見計らい、ソワソワしながらリビングのパソコンの起動ボタンを押す。
ドアの鍵が開く音に知覚過敏になりながらネットサーフィンに乗り出す。
身体のあらゆる感覚を研ぎ澄ませながら、一期一会の「宝物」を探す。

スマホが普及した2020年現在、こんなハイリスクローリターンなスリルを味わう中高生はいるのだろうか。いたとしても、恐らく数は少ないだろう。自室で、学校で、トイレで、風呂で。18

もっとみる
アー ユー エド・シーラン?
8

尻の毛の断捨離

自粛期間が続き、家にいる期間が増えた。外に出る用事といえばたまの運動や買い物、郵便物の投函くらいのもので、家の周囲2km圏内にやんわり軟禁されているような状態が続いている。

古着を買いに下北沢に行くことも、大学の近くのカフェにフラッと入ることもない。思い返してみれば、四月に入って以来飲み屋街もサウナも一度も足を踏み入れていない。
ちょっとした金や莫大な無駄と引き換えに、僕たちは虚無の時間を手に入

もっとみる

浮気性と幻歯痛

なにはともあれ僕は出不精だ。
なるべく理由なく家から出たくない。よって、病院に行くときはそれなりの気合を入れる必要がある。気合を入れないと通院の予約の電話すらできない。
しかし、健康体であっても病院と関わる機会は多い。インフルエンザの予防接種、歯医者の定期検診、コンタクトレンズを買うための眼科の検査…と、定期的にXデーは訪れる。

いざ病院に行くとなれば、その日は「病院の日」と称して何箇所かの病院

もっとみる
矢野誠一ィィィィイイ!!
11

はじめてフリースタイルラップバトルに出たら知らない世界が広がっていた

「お前そろそろバトル出てみたら?」
「そうだな〜」

サイファーにも通わず、独学でフリースタイルラップを始めて二年。
友達からフリースタイルラップの大会に出てみたらどうだと薦められた。

仲間内のカラオケや飲み会でラップするだけの状況に飽きつつあった僕にとっても魅力的な誘いではあった。
ただ、これまでは踏ん切りがつかなかった。
知り合いがいるわけでもなく、クラブカルチャーに馴染みがあるわけでもない

もっとみる
aikoのために歌います…、『カブトムシ』
25

2019年ラジオ備忘録

あけましておめでとうございます。
2019年もとにかくラジオ漬けの毎日だった。
朝、家を出たらイヤホンでラジオ、大学でも講義中は片耳イヤホンでラジオ、面接に向かう電車でラジオ、家に帰ってからスピーカーでラジオ…と、中学以来変わらない聴取量をキープできた一年だった。
その労力をもう少しでも就活に向けていたら就活留年しなかったのかもしれない。まあいい。

2018年の備忘録はこちら。

昨年と同様に月

もっとみる
ブハハ!
22

アンタッチャブルと「文脈回収」について

「うわ〜!!
バカ!! 駄目だって、お前! 駄目だってお前マジで!
違う違う! 駄目だって!!
駄目だ… 違う違う!
バカ!! 駄目だってぇ!
違うって!! マジで!?
(中略)
ちょっと待って、お前マジで!
おいおいおいおいおい!
ちょっと待てよ〜!こんな出方あるか!?
(中略)
ちょっとほんとに…、この番組でやんの!?
よっしゃああああ!!!
ありがとうございます!!!」

11月29日放送の

もっとみる
ゴース!
13

アメリカ旅行記-2日目-「偽りの$45」

無言の時間は永遠に思えた。

僕の目の前の巨大な鏡餅は怪訝そうな表情を浮かべるだけで、何も言葉を発さない。

「What should I do?」

鏡餅の顔を見上げながら僕は言った。

1日目「この中にヘミングウェイはいない」はこちらから

僕…著者。
石川…最近彼女と別れた。こちらでは「タマキン」として登場。性豪。
中村…留学経験あり。「僕」の母親の中では就職留年することになっている。
吹野

もっとみる
うるせえって言われるかもしれないけど、ありがとな。
6

アメリカ旅行記-1日目-「この中にヘミングウェイはいない」

「あんた、アメリカなんて行くんじゃないわよ」
「え?」
中高の友達と卒業旅行に行く、ということを前々から匂わせていた僕は、事後報告で決定項を母親に伝えた。そのときのアンサーが上の一言だ。切れ味抜群。取り付く島もない。
確かに、母が卒業旅行を後押ししてくれるかは微妙なところだった。そのために外堀を埋めようと先に父に相談して了承を得た。母にもなんとなく卒業旅行があること自体を匂わせて、【僕は旅行に行く

もっとみる
お笑いがある世界に生まれてよかったです
6

柔能く剛を制す

梅田駅近くのバス乗降場に降り立つと、むわっとした熱気が僕を包んだ。18時過ぎだというのに太陽の余熱は収まる気配もない。
大阪に着いたらどのラーメン屋に行こう、と10店舗ほどリストアップした中で、僕は福島エリアの2店舗に目星をつけていた。9時間近い長旅は、めぼしいラーメン屋の選定には充分すぎる。

僕が最初に行こうと決めたラーメン屋は福島駅から歩いて行ける距離にある「燃えよ麺助」という店だった。福島

もっとみる
ブハハ!
14