アンタッチャブル

「ラヴィット!」に洗脳されている
+3

「ラヴィット!」に洗脳されている

TBS朝の情報番組「ラヴィット」を 皆さんはご存知だろうか? 麒麟の川島さんと田村アナがMCで、 月曜日から金曜日に放送している帯番組だ。 ぼくはこれを毎日見ている。 毎日だ。 まじで毎日見ている。2時間の番組だから、 毎週10時間はラヴィットを見ている。 どういう時間の使い方? と思われるかもしれない。  そんなふうに思ったあなたも大丈夫、 いまからぼくが楽しみ方を教えるから 是非最後までお付き合い頂きたい。 0.ラヴィットを見る理由 見てる理由は単純だ。

【忘却度0%】アンタッチャブル
+2

【忘却度0%】アンタッチャブル

1990年10月13日、テレビで鑑賞。  忘却度が低い映画が続きますね。  エンニオ・モリコーネのオープンニングテーマから、話も描写も役者もすべて文句なしじゃないでしょうか。  そしてこれ、吹き替えが完璧なんですよね。ショーン・コネリーは当然の若山弦蔵さん。デニーロは小林清志さん、チャールズ・マーティン・スミスは富山敬さん、アンディ・ガルシアは江原正士さん。そしてケビン・コスナーは本来なら津嘉山正種さんで見たかったですが、この根津甚八さんも悪くはなかったです。 <ポス

漫才論| ²⁹「相方を笑わせたい」という気持ちは必要❓

漫才論| ²⁹「相方を笑わせたい」という気持ちは必要❓

漫才師は当然,「お客さんを笑わせたい」と思って漫才をやっていますが,「相方を笑わせたい」と思っている漫才師も結構います。行き過ぎると「二人だけでおもしろがっている漫才」になってしまいますが,基本的には「相方を笑わせたい」という気持ちは持ち続けたほうがいいと思います アンタッチャブルは二人とも ある番組でやっていた「プロポーズの仕方」というアンタッチャブルの漫才の中で,山崎さんがアドリブで変な顔をし,それを見た柴田さんが笑い転げるという場面がありました。山崎さんは変な顔を何度

スキ
3
毎日読書メモ(108)オダギリジョーのドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」を見ていて、志賀直哉「剃刀」を思い出す

毎日読書メモ(108)オダギリジョーのドラマ「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」を見ていて、志賀直哉「剃刀」を思い出す

NHKの金曜22時のドラマ枠で、オダギリジョーが脚本を書いた「オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ」というドラマを放映していた。永瀬正敏が出演していて、主題歌がEGO-WRAPPIN’で、まるで「私立探偵 濱マイク」のテレビドラマ版みたい、な-んて思ったが、主演は池松壮亮とオダギリジョー。そして、共演者が豪華すぎて目の前がキラキラしている。 その中で、第1話では何のために出てきたのか全くわからない、神々廻役の橋爪功が、理容店で細野晴臣に髭をあたられながら、同じように理容

スキ
3
【体験・回顧】室内窓から富士山を眺望できる職場にいたとき,決まって思い起こす元上司の言葉があったのです。
+1

【体験・回顧】室内窓から富士山を眺望できる職場にいたとき,決まって思い起こす元上司の言葉があったのです。

#寄り道# オリンピック前の タイムリーな時期に 男子マラソン 日本記録が出ました 長距離の マラソンでは 伴走者がいると 心強い 弊ブログも そんな存在になれたら と願っています(*^_^*) 1 室内窓からの眺望転勤族の自分が 横浜の地で 働いていた ときのこと 普段よく使う 職場内のエレベーター がある廊下の 室内窓から 四季折々の 富士山を 眺めることができました ラッキーですね(^^) 比較的 午前中の方が よく見えます 午後になると どうしても

スキ
2
漫才論| ²⁴漫才は練習しすぎないほうがいいの❓

漫才論| ²⁴漫才は練習しすぎないほうがいいの❓

漫才の練習量については,「死ぬほど練習したほうがいい」という意見と,「練習しすぎないほうがいい」という意見で,真っ二つに割れています。今回は,「練習しすぎないほうがいい」という意見を取り上げます ナイツの場合 ナイツの塙さんはよく「練習しないほうがウケる」と言っていますが,これは普通の漫才師にはあまりあてはまらないと思います ナイツが得意とするのは,「塙さんがひとりでしゃべりながらひたすらボケ,土屋さんはそれについていくかのようにひたすらツッコんでいく」というスタイルです

スキ
2
【午前10時の映画祭11】全27作品、制覇の道≪前半戦≫
+14

【午前10時の映画祭11】全27作品、制覇の道≪前半戦≫

多くの映画館に足を運ばない理由に、「何時から上映しているのか分からないし、調べ方も分からない」や「値段が高い」というのが挙げられている。そんな声に応えるため、始まったのが『午前10時の映画祭』だ。一昨年、惜しまれながらもファイナルを迎えた。コロナで映画館に来れなかった昨年を乗り越えて、今年復活した。 ラインナップはこちら↓ そんな映画祭で上映される作品は27本。1本1000円という破格で鑑賞できるので(前までは1本500円だったらしいが…)、全作制覇しようと奮闘している。

スキ
19
アンタッチャブル

アンタッチャブル

<お知らせ> 新曲公開しました。これを聴くと鉄分の補給になるので、ぜひ聴いてください。→ 『片目で踊れ』 ------------------- 映画の「アンタッチャブル」ってありますよね。 禁酒法時代のシカゴを舞台に、暗黒街の帝王アル・カポネとエリオット・ネス率いる特別捜査チームとの壮絶な戦いを描いた作品です。 でも映画になる前にまずテレビドラマのシリーズがありますよね。 以前まだオレ様がテレビを見ていた頃、深夜にそのテレビドラマの再放送(アメリカのテレビドラマなの

スキ
11
テレ朝系・水曜夜23時台『お笑い実力刃』が面白い

テレ朝系・水曜夜23時台『お笑い実力刃』が面白い

ネタ見せ番組は数あれど、1組のコンビに1時間まるまるフォーカスする番組というのは珍しいのではないでしょうか。テレビ朝日で水曜の夜23時15分から放送されている『お笑い実力刃』は、本当にお笑いが好きな人にぜひおすすめしたい番組です。 司会はアンタッチャブルとサンドウィッチマンという、実力派コンビが担当。毎回来るゲストも旬なコンビからベテランまで幅広く、お笑い通も思わず唸る人選です。 ゲストにはネタ見せのパートとトークのパートがあり、ネタパートではそのゲストの実力を周知しつつ

スキ
7
「FNSラフ&ミュージック」は新たな夏の風物詩になる

「FNSラフ&ミュージック」は新たな夏の風物詩になる

こんにちは!!柿崎零華です!!いかがお過ごしでしょうか さて今回も、テレビの感想を述べてたいと思います。 今回は先日8月28日と8月29日に放送されたフジテレビ系列「FNSラフ&ミュージック~歌と笑いの祭典~」について語りたいと思います。 この番組は去年と今年に相次いで中止を表明した「FNS27時間テレビ」の代替番組とされ、2日間で計9時間ゴールデンプライムタイムでの放送となりました。 総合司会にはフジテレビ入社5か月目の新人女性アナウンサーが務めて、サポートを務める

スキ
10