キナリ杯

【雑記】 キナリ杯がいかに優れたフォーマットだったか

約1年前、作家の岸田奈美さんが文章コンテスト「キナリ杯」を開きました。私も参加して、ありがたいことに受賞。

今年は開催されないそうですが、改めてこのコンテストは仕組みが良くできていたな、と思い出したので、その辺を真面目に書いてみようと思います。

そもそもキナリ杯とは※知ってる人は読み飛ばし推奨。

・岸田さん主催の「面白い文章」を投稿するコンテスト
・ジャンル不問
・審査員は岸田さん1名
・面

もっとみる
恐縮です!
33

またなったらどうしようって思ってた

今年も蓮の季節になってきました。
蓮は、泥水の中だからこそ綺麗な花を咲かせるそうです。
コロナ禍だけど、だからこそいいことあった。
5連休もあるのに、予定がない。
何もすることがない時間は、自閉症の娘にとっては、あまりいい状況ではないのです。
「何するの?今日は何するの?」
と繰り返し聴いてきます。
これは?あれは?
と言っても、本人が自分で納得すること認められません。

これって、前に、不登校だ

もっとみる
スキ、ありがとうございます🌈
7

3月21日

この日が、何の日だか、ご存知だろうか。実は、私は、前から、知っていた。兄が、むかし、教えてくれたのである。

それを、家内から、改めて知らしめられることになった。この、新聞の広告で。

そもそも、私がnoteの世界に滞在することになったのは、岸田奈美という、noteの世界の神を、ずっと、Twitterで、追いかけていたからである。

私のTwitterは、自分から投稿することは、一切、無く、いわゆ

もっとみる
痛み入ります。
154

どん底の景色の先は「どん底」だった。

唐突ながら、小さい頃からサッカーが大好きだ。プレーするのも、見るのも、そしてそれは生観戦でもテレビ観戦でも夢中になれる。先週末も夫婦でJリーグ中継にかじりついていたくらいだ。

きっかけと今

私とサッカーの出会いは、弟が地元の少年団に入ったというありきたりだったが、この年になってもボールを蹴り続けていることに今や弟の方が驚いている。古くからの友達にも「萌花は変わらないねぇ」と笑われるのは、いつも

もっとみる
またお待ちしてます"(-""-)"
5

愛は語れない。

「#わたしとフロンターレ」というテーマで川崎フロンターレが記事を募集していると知った。それ以上のテーマこそなかったけれど、これだけファンサポーターの多いチームには、愛溢れる投稿がたくさん寄せられる未来が想像できた。

じゃぁ私は…

正直愛を語るにはおこがましい分際だと感じてしまい、筆を取る手が躊躇した。コロナがなければ、今も他のクラブを応援していたからもしれないからだ。

Jリーグと私

Jリー

もっとみる
フォローも待ってますm(__)m
8

どっちの方がヤバいんやろか?~映画館での不誠実な鑑賞~

 映画を映画館で観たことがほとんどない。まず大阪に出てくるまで地元にまともな映画館が無かったというのが大きな理由としてある。どんな条件を満たせば「まともな映画館」であるかは今もって正直わからんけど、当時の自分にとってのまともな映画館は行くのに電車で1時間もかかる場所にしかなかった。だから映画はもっぱらレンタル屋に出回ったものを家で見るのが常であり、それこそが映画鑑賞の唯一のスタイルとして己の身につ

もっとみる
鉄棒を買ったことがあります
4

スポブラ女子高生より、岸田奈美さんへ成長の記録と感謝を伝えたい。

今更ですが、「岸田奈美さんとnoteフェス前半戦を振り返る」You Tubeを見ました。

さすがnote公式チャンネル!!!!と、私が大好きな岸田奈美さん!!!!見たあとに、どうしてもなにか書きたくなるようなウズウズする気持ちにさせてくれる動画でした。

私は、noteフェスのYou Tubeを、風呂上りたての深夜1時に小イワシを捌きながら聞いていました。

言葉一つ一つメモをしたくなり、捌き終

もっとみる
ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!
11

2020シーズン最終戦にあたって

今季もなんとか、最終節までたどり着きました。関係者の方々のご尽力はもちろん、もどかしいレギュレーションや制約のある活動のなかでも、試合を受けてくださった対戦相手の皆様に感謝申し上げます。

それにしても私自身、今季も色々ありました。
気づいたら監督欄に名前があり、そのわりに威厳のかけらもなく四六時中もがき続けたおよそ365日。コロナに振り回されたゆえもありますが、泣いてばかりだった昨季から一転、な

もっとみる
精進します!!
2

'あしあと'って大事だなってはなし

めちゃくちゃ久しぶりに実家帰って父ちゃんとやっと鰻食べた!!うま!!!うっま!!!

これはなにかと言いますと、「キナリ杯」という文章コンテストで父と鰻にまつわる作品で賞をいただき、その賞金で一緒に鰻を食べにいったのでした。伏線回収。最高。ありがとうございました。

昨年2020年、春から仕事はほぼ常に臨戦態勢で、金策に走るってこれかとマジで駆け抜けた一年で何してたか記憶飛んでるくらいあっという間

もっとみる
ありがとうございます!これは美味しかった塩麹漬けした豚バラの大葉巻き!
18

今年のおすすめ!いいね編

今年もあと3日。
今年のおすすめ、いいね編!
長いです。すみません。

(集計は2020.12.28です。)

こんなに反響があるなんて!
はやみねシリーズの話を書きました。
小学生の頃から大好きな、わたしをミステリの世界に本格的にハマらせた作家です。

閲覧数編でも出てきた、ササメイクの話です。
やっぱりメイク大好きっ!!!
反響がすごくてびっくりしたnoteでもあります。
#また乾杯しよう  

もっとみる
ありがとうございます♡
1