西智弘(Tomohiro Nishi)

医師。川崎にて、腫瘍内科-緩和ケア-在宅をトータルで診療。暮らしの保健室・社会的処方研究所にて、病気になっても安心して暮らせるコミュニティを作る。社会的処方研究所オンライン→ https://community.camp-fire.jp/projects/view/77042

西智弘(Tomohiro Nishi)

医師。川崎にて、腫瘍内科-緩和ケア-在宅をトータルで診療。暮らしの保健室・社会的処方研究所にて、病気になっても安心して暮らせるコミュニティを作る。社会的処方研究所オンライン→ https://community.camp-fire.jp/projects/view/77042

    マガジン

    • コトバとコミュニティの実験場

      「コトバとコミュニティの実験場」 僕はこのマガジンで、「コトバ」と「コミュニティ」の2つをテーマにいろいろな記事を提供していく。その2つを極めていった先に、きっと世界が救われるヒントがあると思っているから。 人が生きる営み、死まで続く道。僕はその無常なる交点を、言葉で、写真で、切り取っていく。その姿をnoteで博覧に供していく。 ある意味この場は僕の実験場で、最初はきっと失敗の連続かもしれないけど、その姿も含めて僕は博覧していく。 随筆と写真、そして様々な企画を皆さんと共有しながら考えていきたい。

    • 褐色の蛇

      20XX年、世界的な安楽死制度の議論は日本にもおよび、国民投票の結果をもってついに日本でも「安楽死制度」が法制化された。 制度が確立して12年後、安楽死制度の運用の要である「国家認定緩和医」の資格を取得した医師・望月亜桜は、新たな一歩を踏み出す。しかし、そこに訪れたある一人の患者をめぐり、亜桜は苦悩の底に落とされる――。 「もし日本に安楽死制度ができる未来があったら?」 そこで繰り広げられる葛藤や、価値観のぶつかり合いを描きます。毎日2000~3000字前後を、21時に更新します。 イラスト:さく路 @39saxan ※この物語はフィクションであり、実在の人物や団体などとは関係ありません。

    • だから、もう眠らせてほしい

      僕はある夏、安楽死を願った二人の若い患者と過ごし、そして別れた。 ひとりはスイスに行く手続きを進めながら、それが叶わないなら緩和ケア病棟で薬を使って眠りたいと望んだ30代の女性。そしてもうひとりは、看護師になることを夢見て、子供たちとの関わりの中で静かに死に向かっていった20代の男性。 そしてこの二人との物語と並行して、僕は「世界から安楽死を無くしたい」という思いを胸に、その可能性を探る旅に出た。 僕らの物語はどういう結末を迎えるのか――。 ぜひ多くの方に見届けてほしい。

    ストア

    • 商品の画像

      だから、もう眠らせてほしい~安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語

      【送料無料】 安楽死を願った二人の若き患者と過ごし、そして別れたある夏に何が起こったかーー。 緩和ケア医が全身で患者と向き合い、懸命に言葉を交わし合ったいのちの記録。 Web投稿サイト「note」にて累計20万PVを突破した連載が書籍化。 写真家でがん患者の幡野広志、世界の安楽死の現場を取材して紹介した宮下洋一、精神科医の松本俊彦、そして緩和ケア医の新城拓也へのインタビューも収載。 孤立と安楽死、そして社会的処方の意味について問う。 ※社会的処方研究所オリジナルスタンプおよびシリアルナンバーを押印してお送りします(送料は当社で負担します)。 ※こちらのオンラインショップで書籍を購入いただくと、「社会的処方研究所オンラインコミュニティ」に1か月無料でご招待いたします! (招待方法につきましては、書籍送付時にご案内します) https://camp-fire.jp/projects/view/77042 (帯文より) 「日本には、安心して死ねる場所がない」 スイスで安楽死をしたいと望む吉田ユカが、初診の予約時に伝えた言葉――緩和ケア医である僕は、その言葉に、かっと頭が熱くなった。 僕たちだって、どうすれば患者がこの国で、安心して生き、そして死んでいけるのかということをずっと考えて実践してきたつもりだ。それなのに……。 まずは一度会ってみよう。きっと、話せばわかることがある。安楽死なんてことを考える前に、まだ、できることがあるはずだ。きっと、何とかできるんだ。 そう期待して、僕は外来の日を迎えた。ドアを開けるまで、僕は自信満々だったのだ。 ―そう、ドアを開けるまでは……。
      1,760円
      社会的処方研究所&暮らしの保健室SHOP
    • 商品の画像

      書籍『社会的処方』&野帳セット

      【こちらからのご注文で送料・消費税分無料!】 書籍『社会的処方: 孤立という病を地域のつながりで治す方法』と、社会的処方研究所Researchで使用する『野帳~Field Note』のセット販売になります(商品詳細はそれぞれのページをご参照ください)。セットでお買い上げいただくと消費税・送料無料となります! 書籍『社会的処方』は、社会的処方研究所が出版する初めての本にして、社会的処方についても日本での初めての本になります! 社会的処方とは、医師が処方する薬ではなく、地域のつながりがひとを健康にしていく仕組み。地域で暮らす、あなたの活動ひとつひとつも、誰かの孤独を癒す「お薬」になるかもしれない・・・。 そんな「社会的処方」について、本場イギリスに飛んで学び、そして日本でのフィールドワークで学び、そして日本に広めていくための社会的処方研究所を立ち上げたストーリーなどが描かれています! 日本の未来を救うかもしれない社会的処方。いま日本人全員に読んでほしい本です! そして、この本を読んだらきっとあなたもまちに飛び出して、「あなたのまちのオモロ」を探したくなるはず!そのときに役立つのがこの「野帳~Field Note」。私たち社会的処方研究所のメンバーが、実際にこのノートを手に歩き回って集めた情報をもとに、書籍『社会的処方』は作られました。 あなたもぜひ、持ち歩きにはこのノートを、参考書として書籍『社会的処方』を。 ※社会的処方研究所オリジナルスタンプおよびシリアルナンバーを押印してお送りします(送料無料)。 ※こちらのオンラインショップで書籍を購入いただくと、「社会的処方研究所オンラインコミュニティ」に1か月無料でご招待いたします! (招待方法については書籍送付時に同封いたします) https://camp-fire.jp/projects/view/77042
      2,780円
      社会的処方研究所&暮らしの保健室SHOP
    • 商品の画像

      だから、もう眠らせてほしい~安楽死と緩和ケアを巡る、私たちの物語

      【送料無料】 安楽死を願った二人の若き患者と過ごし、そして別れたある夏に何が起こったかーー。 緩和ケア医が全身で患者と向き合い、懸命に言葉を交わし合ったいのちの記録。 Web投稿サイト「note」にて累計20万PVを突破した連載が書籍化。 写真家でがん患者の幡野広志、世界の安楽死の現場を取材して紹介した宮下洋一、精神科医の松本俊彦、そして緩和ケア医の新城拓也へのインタビューも収載。 孤立と安楽死、そして社会的処方の意味について問う。 ※社会的処方研究所オリジナルスタンプおよびシリアルナンバーを押印してお送りします(送料は当社で負担します)。 ※こちらのオンラインショップで書籍を購入いただくと、「社会的処方研究所オンラインコミュニティ」に1か月無料でご招待いたします! (招待方法につきましては、書籍送付時にご案内します) https://camp-fire.jp/projects/view/77042 (帯文より) 「日本には、安心して死ねる場所がない」 スイスで安楽死をしたいと望む吉田ユカが、初診の予約時に伝えた言葉――緩和ケア医である僕は、その言葉に、かっと頭が熱くなった。 僕たちだって、どうすれば患者がこの国で、安心して生き、そして死んでいけるのかということをずっと考えて実践してきたつもりだ。それなのに……。 まずは一度会ってみよう。きっと、話せばわかることがある。安楽死なんてことを考える前に、まだ、できることがあるはずだ。きっと、何とかできるんだ。 そう期待して、僕は外来の日を迎えた。ドアを開けるまで、僕は自信満々だったのだ。 ―そう、ドアを開けるまでは……。
      1,760円
      社会的処方研究所&暮らしの保健室SHOP
    • 商品の画像

      書籍『社会的処方』&野帳セット

      【こちらからのご注文で送料・消費税分無料!】 書籍『社会的処方: 孤立という病を地域のつながりで治す方法』と、社会的処方研究所Researchで使用する『野帳~Field Note』のセット販売になります(商品詳細はそれぞれのページをご参照ください)。セットでお買い上げいただくと消費税・送料無料となります! 書籍『社会的処方』は、社会的処方研究所が出版する初めての本にして、社会的処方についても日本での初めての本になります! 社会的処方とは、医師が処方する薬ではなく、地域のつながりがひとを健康にしていく仕組み。地域で暮らす、あなたの活動ひとつひとつも、誰かの孤独を癒す「お薬」になるかもしれない・・・。 そんな「社会的処方」について、本場イギリスに飛んで学び、そして日本でのフィールドワークで学び、そして日本に広めていくための社会的処方研究所を立ち上げたストーリーなどが描かれています! 日本の未来を救うかもしれない社会的処方。いま日本人全員に読んでほしい本です! そして、この本を読んだらきっとあなたもまちに飛び出して、「あなたのまちのオモロ」を探したくなるはず!そのときに役立つのがこの「野帳~Field Note」。私たち社会的処方研究所のメンバーが、実際にこのノートを手に歩き回って集めた情報をもとに、書籍『社会的処方』は作られました。 あなたもぜひ、持ち歩きにはこのノートを、参考書として書籍『社会的処方』を。 ※社会的処方研究所オリジナルスタンプおよびシリアルナンバーを押印してお送りします(送料無料)。 ※こちらのオンラインショップで書籍を購入いただくと、「社会的処方研究所オンラインコミュニティ」に1か月無料でご招待いたします! (招待方法については書籍送付時に同封いたします) https://camp-fire.jp/projects/view/77042
      2,780円
      社会的処方研究所&暮らしの保健室SHOP
    • もっとみる

    最近の記事

    推定の意思決定

    ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「推定の意思決定」 医療の助けさえあれば年単位で生きられるが、そうでなければ数日で失われる命があったとき。それを本人の意志なく永らえさせること、逆に縮めることは可能なのか、について考えます。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

    スキ
    6
      • 属人器って知っていますか

        ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「属人器って知っていますか」 先日、Twitterで話題となっていた「箸や茶わんを共有しない」日本の文化。和食と洋食が混在する食卓で、僕らはそれをどう使い分けているのかを考えます。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

        スキ
        7
        • 自由診療と患者の権利の悪魔合体

          ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「自由診療と患者の権利の悪魔合体」 先日のラジオで、患者の権利法を定める必要性を説いた一方で、自由診療の現状を放置したままでは法の制定によって患者さんの人生が歪む例が増えるのではとの懸念があります。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

          スキ
          5
          • バブル時代のタクシー事情

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「バブル時代のタクシー事情」 先日、大阪でタクシー乗ったときの運転手のお話が面白かったのでご紹介。お金を湯水のように使える時代があったのですね~。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            4

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • コトバとコミュニティの実験場
            西智弘(Tomohiro Nishi)
            ¥300 / 月
          • 褐色の蛇
            西智弘(Tomohiro Nishi)
          • だから、もう眠らせてほしい
            西智弘(Tomohiro Nishi)

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            スピリチュアルペインとは何か

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「スピリチュアルペインとは何か」 スピリチュアルペインが何かわからない、という看護師に対し緩和ケアの医師がどう回答したか。その内容が興味深かったのでご紹介します。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            9

            患者の権利法

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「患者の権利法」 『安楽死を議論する手引き』において取り上げた患者の権利法。現在、医師がもつ権力と患者の立場はバランスが悪くなっています。それを法的に調整する必要性を考えます。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            7

            医療は無償で提供されるべきか

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「医療は無償で提供されるべきか」 医療情報は公共財、という前提があるのであれば医療行為そのものも消防や警察のように無償で提供されるべきでは?という意見も出てくるでしょう。それに対する僕の考えをお話しします。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            6

            専門家へのインタビューの報酬は?

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「専門家へのインタビューへの報酬は?」 この連休中に少し炎上していたこのテーマ。医療情報に関する部分のみ、少し考察してみたいと思います。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            7

            錬金術を「分解」で止めるな!~「スピリチュアルペインが理解できない」への答え

            先日、とある緩和ケア医療者の集まりで、看護師のひとりが 「私、スピリチュアルペインが何なのか理解できないんです」 と、他の医師に質問していた。 尋ねられていた医師は、50代くらいの緩和ケアの専門医である。ここでは仮にA医師としておこう。 ここで僕が横から 「スピリチュアルペインというのはね・・・」 と口を出すことは簡単だ。でも聞かれているのは僕ではない。A医師がどう回答するのかな、と耳をそばだてる。 看護師は続ける。 「スピリチュアルペインって、いろいろ本に書いてあります

            スキ
            60

            一緒に苦しんでくれる人がいない

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「一緒に苦しんでくれる人がいない」 緩和ケアを地域で展開していくうえで、緩和ケア医は何をしていくべきなのでしょうか。色々ありますが、そのひとつが「苦しみに焦点を当てる」ことです。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            19

            機能としての医療者

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「機能としての医療者」 先日行われたSNS医療のカタチで僕がコメントした部分をピックアップしてお届けします。今日は、医療者を含めた患者・家族を全てシステムとして捉えたときに、医療者はどんな「歯車」になるのか、をお話しします。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            10

            予防に視点がいかないのは

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「予防に視点がいかないのは」 医師は総じて、「何か問題が生じてから対応する」ことが多いです。でも、もし事前に問題が起こることを予測できていたら?それでも予防に目が向かない問題点をお話しします。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            8

            女性医師が増えていくこと

            ※試聴版です。オリジナル版(11:42)はマガジン購入すると視聴できます。

            スキ
            4

            老いてないけど老いている

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「老いてないけど老いている」 40代で「歳をとったなあ」と老人ぶるのは本当に早すぎるのか、をテーマにお話しします。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            7

            SNS医療のカタチTV見てね!

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「SNS医療のカタチTV見てね!」 先週9/4に引き続き、9/11にもSNS医療のカタチTVが放送されます。このセッションはこれまでに無い「心にガツンと響く」内容になっていますので、ぜひ多くの方にご覧いただきたいです。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            13

            日本の寄付文化

            ほぼ毎朝6:30に15分くらい考えるラジオ。 内容は、緩和ケア・暮らしの保健室・社会的処方・コトバとコミュニティ・生と死・・・・などなど。 今日のテーマは「日本の寄付文化」 日本には寄付文化がない、とよく言われますが近年のクラファンなど見ていると、そんなことは無いと感じます。しかし、その寄付がどれだけの社会的インパクトを与えているか、での評価はどうでしょうか。 ★社会的処方研究所オンラインコミュニティはこちら:https://camp-fire.jp/projects/view/77042 ※ラジオで話してほしいことがある方は、コメント欄に書き込みをお願いします。 ※ラジオのスポンサーを募集しています。ラジオの冒頭でスポンサーをご紹介します。noteのサポート機能からご支援いただき、メッセージでお名前と宣伝してほしいことをご記載してご応募ください。一口300円となります。よろしくお願いします。

            スキ
            8